芝浦工業大学校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


  1. 朝日に輝く 風と潮
    雄大、空あり、雲は移る
    仰げよ校旗の 翩翻たるを
    白亜の殿堂ここに聳え
    われらが工学、英気鐘む
    芝浦、芝浦、吾等が母校
  2. 世紀に脈うつ 熱と理性
    剛健、矩あり、常に鍛う
    行へほがらに 溌溂たれや
    師弟の純情一に依りて
    磨くにこの技、神に通ず
    芝浦、芝浦、吾等が母校
  3. 永遠に栄ゆく 意志と秩序
    誠実、ただあり、道は徹る
    夢むな空理の 漠々たるを
    精微をきわめて事に即かば
    工学日本 大を成さん
    芝浦、芝浦、吾等が母校

この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。