聖使徒行実03

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖使徒行實

第三章[編集]

 だいくじきたうとき、ペトルおよびイオアンともでんのぼれり。

 はゝはらよりしてあしなへなるものあり、ひとひびかれきて、びもんづくるでんもんかたはらけり、でんものほどこしはんためなり。

 かれはペトルおよびイオアンがでんらんとするをて、ほどこしへり。

 ペトルはイオアンとともかれそゝぎてへり、われらよ。

 かれところあらんとおもひて、つらつらかれらたり。

 ペトルへり、きんぎんわれし、しかれどもわれものなんぢあたふ、イイスス・ハリストス・ナゾレイのりて、ちてあゆめ。

 すなはちそのみぎりて、かれおこしたれば、そのあしくるぶしたゞちつよくなれり。

 かれをどりてち、かつあゆみ、かれらともでんりて、あゆかつをどり、かみさんびせり。

 たみみなかれあゆみて、かみさんびするを

一〇 そのもとでんびもんして、ほどこしひしものなるをりて、かれりしことをはなはだおどろあやしめり。

一一 いやされたるあしなへがペトルおよびイオアンをはなれざるにりて、おどろけるたみみなかれらに、ソロモンのらうづくるところに、はしけり。

一二 ペトルこれて、たみかたりてへり、イズライリのひとびとよ、なんこれとする、そもそもなんわれらそゝぐこと、われらが、おのれのうりょくあるひけいけんもつて、かれあゆませしごとくする。

一三 アウラアム、イサアク、イアコフのかみせんぞかみは、そのこイイスス、なんぢわたしゝもの、ピラトがかれゆるさんとせしときなんぢそのおもてまへこばみしものえいせり。

一四 なんぢせいなるものなるものこばみ、ひところしゝものなんぢたまはんことをもとめて、

一五 せいめいつかさころせり。かみかれよりふくくわつせしめたり、われらそのしょうしゃなり。

一六 かれしんずるにりて、そのななんぢところところの、ひとつよくせり、かれしんは、ひとに、なんぢしゅうまへに、ぜんゆあたへたり。

一七 けいていよ、われいまる、なんぢらざるにりてこれおこなへり、なんぢつかさまたしかり。

一八 かみそのしょよげんしゃくちもつて、ハリストスのくるしみけんことをよげんせしごとく、かなはせたり。

一九 ゆゑなんぢくわいかいてんいして、なんぢしょざいさるゝをいたせ。

二〇 しゅかんばせよりなぐさめとききたらんためかれなんぢよげんせられしハリストスイイススをつかはさんためなり。

二一 けだしかみこせいより、そのせいなるしょよげんしゃくちもつて、ひしことのことごとしんこうせられんときいたるまで、てんかれくべきなり。

二二 モイセイはせんぞへり、しゅなんぢかみは、なんぢけいていうちより、われごとよげんしゃなんぢおこさん、およかれなんぢかたらんとすることは、かれけ。

二三 およよげんしゃかざるものは、たみうちよりほろぼされんと。

二四 サムイルよりこのかたおよかたりしところよげんしゃは、またよげんせり。

二五 なんぢしょよげんしゃおよきょやくしょしなり、すなはちかみがアウラアムに、なんぢえいりてばんぞくしゅくふくせられんとひて、なんぢせんぞたまひしきょやくなり。

二六 かみそのこイイススをふくくわつせしめて、なんぢかれつかはせり、なんぢしゅくふくして、なんぢかくじんしょあくよりてんぜしめんがためなり。