第十八「カフィズマ」

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

<聖詠経

第百十九聖詠

登上の歌
我我が憂いの中に主を呼びしに、彼我に聴き給えり。
主よ、我が霊を詭詐の口、欺騙の舌より免れしめ給え。
欺騙の舌は何を以て爾に与え、何を以て爾に加えんか、
勇者の鋭き箭なり、金雀枝の焼炭なり。
哀しい哉、我モソフに寓り、キダルの幕の傍らに住む。
我が霊は和睦を疾む者と偕に久しく住めり。
我和を好む、然れども我言葉を出せば、彼等戦いを興す。

第百二十聖詠

登上の歌
我目を挙げて山を望む、我が助けは彼處より来たらん。
我が助けは天地を造りし主より来る。
彼は爾の足に躓くを許さざらん、爾を守る者は眠らざらん。
イズライリを守る者は眠らず、寝ねず。
主は爾を守る者なり、主は爾の右の手の庇いなり。
晝に日は爾を傷めざらん、夜に月も亦然り。
主は爾を諸々の禍いより守らん。
主は爾の出入を守りて世々に至らん。

第百二十一聖詠

登上の歌。ダワィドの作。
人我に向かいて、我等主の家に往かんと云う時、我喜べり。
イエルサリムよ、我等の足は爾の門の内に立てり。
イエルサリムは稠密の城邑の如くに築かれ、
諸支派即主の支派がイズライリの法に遵いて、上りて主の名を讃榮する處なり。
彼處に審判の寶座、ダワィドの家の寶座は立つ。
イエルサリムの爲に平安を求めよ、願わくは爾を愛する者は安寧を得ん。
願わくは爾の城の中は平安、爾の宮の中は安寧ならん。
我は我が兄弟、我が隣の爲に云う、爾平安なれ。
主我が神の家の爲に我爾に福を願う。

第百二十二聖詠

登上の歌。
天に居る者よ、我目を挙げて爾を望む。
視よ、僕の目主人の手を望み、婢の目主婦の手を望むが如く、我等の目は主我が神を望みて、其の我等を憐れむを俟つ。
主よ、我等を憐れみ、我等を憐れみ給え、蓋我等は侮りに飽き足れり。
我等の霊は驕る者の辱しめと誇る者の侮りとに飽き足れり。

第百二十三聖詠

登上の歌。ダワィドの作。
イズライリ云うべし、若し主我等と偕にあらず、
人々起ちて我等を攻めし時、若し我等と偕にあらざりしならば、
彼等が我等に於ける怒りは燃えて、彼等は我等を生きながら呑みしならん、
水は我等を沈め、流れは我等の霊の上を過ぎ、
暴れたる水は我等の霊の上を過ぎしならん。
我等を与えて其の歯の獲物となさざりし主は崇め讃めらる。
我等の霊は脱れしこと、鳥が捕うる者の網を脱るるが如し、網裂かれて我等脱れたり。
我等を扶助は天地を造りし主の名に在り。

光榮讃詞
第百二十四聖詠

登上の歌。
主を頼む者はシオン山の如く動かずして永く存す。
諸山はイエルサリムを環り、主は其の民を環りて今より世々に迄らん。
蓋主は悪者の杖に、義者の業の上にあるを許さざらん、義者が其の手を不法に伸べざらん爲なり。
主よ、恩を善人と心の直き者とに施し給え、
己の曲径に転ずる者に至りては、願わくは主は彼等に不法を行う者と偕に往くを許さん。願わくは平安はイズライリに帰せん。

第百二十五聖詠

登上の歌。
主がシオンの虜を返しし時、我等夢見るが如くなりき、
其の時我等の口は楽しみにて盈ち、我等の舌は歌に満ちたり、其の時諸民の中に云えるありき、主は彼等に大いなる事を行えりと。
主は我等に大いなる事を行えり、我等喜べり。
主よ、我等の虜を南方の流れの如くに返し給え。
涙を以て播く者は、喜びを以て穫らん。
泣きて種を攜うる者は歓びて其の禾束を攜えて帰らん。

第百二十六聖詠

登上の歌。ソロモンの作。
若し主家を造らずば、造る者徒らに労し、若し主城を守らずば、守る者徒らに警醒す。
爾等徒らに夙に興き、遅く寝ね、憂いの餅を食らう、時に彼は其の愛する者に寝ぬるを賜う。
視よ、主が与うる所の業は諸子なり、其の褒賞は腹の果なり。
少壮の諸子は、勇者の手にある箭の如し。
此を其の箙に充てたる者は福なり、彼等門に内に在りて敵と共に言う時、羞を得ざらん。

第百二十七聖詠

登上の歌。
凡そ主を畏れて、其の途を行く者は福なり。
爾は己が手の労に依りて食らわん、爾は福なり、爾は善を得たり。
爾の妻は爾の家に在りて、実繁き葡萄の樹の如く、爾の諸子は爾の席を環りて、橄欖の枝の如し、
主を畏るる者は此くの如く降福せられん。
主はシオンより爾に降福せん、爾在世の諸日イエルサリムの安寧を視ん、
爾は己が子の子を見ん。願わくは平安はイズライリに帰せん。

第百二十八聖詠

登上の歌。
イズライリ云うべし、我が幼き時より彼等多く我を攻め、
我が幼き時より多く我を攻めたれども、我に勝たざりき。
耕す者は我が背に耕し、其の田溝を長くせり。
然れども主は義なり、彼は悪者の縛目を断てり。
願わくはシオンを疾むものは皆羞を被りて退けられん。
願わくは彼等は屋の上の草、抜かれざる先に枯るる者の如くならん、
刈る者は之を以て其の手に盈てず、束ぬる者は其の握りに盈てざらん、
過ぐる者は、主の降福は爾等に帰すべし、我等主の名を以て爾等を祝福すと云わざらん。

光榮讃詞
第百二十九聖詠

登上の歌。
主よ、我深き處より爾に呼ぶ。
主よ、我が聲を聴き給え、願わくは爾の耳は我が祷の聲を聴き納れん。
主よ、若し爾不法を糺さば、孰か能く立たん。
然れども爾に赦しあり、人の爾の前に敬しまん爲なり。
我主を望み、我が霊主を望み、我彼の言葉を恃む。
我が霊主を待つこと、番人の旦を待ち、番人の旦を待つより甚だし。
願わくはイズライリは主を恃まん、蓋憐れみは主にあり、大いなる贖いも彼にあり、
彼はイズライリを其の悉くの不法より贖わん。

第百三十聖詠

登上の歌。ダワィドの作。
主よ、我が心驕らず、我が目高ぶらず、我大いにして我が及ぶ能わざる事に入らざりき。
我豈に我が霊を鎮め、之を安んずること、母の乳を断ちし児の如くせざりしか、我が霊我の衷に於いて乳を断ちし児の如くなりき。
願わくはイズライリは主を恃みて今より世々に迄らん。

第百三十一聖詠

登上の歌。
主よ、ダワィドと其の悉くの憂いとを記憶せよ。
彼主に誓い、イアコフの有能者に約して云えり、
我我が家の幕に入らず、我が榻に登らず、
我が目に寝ね、我が瞼に眠るを容るさずして、
主の爲に處所を得、イアコフの有能者の爲に住所を得るに及ばんと。
視よ、我等之をエフラフに聞き、之にイアリムの田に遇えり、
往きて彼の住所に就き、彼の足台に叩拝せん。
主よ、爾及び爾が能力の匱は爾が安息の所に立てよ。
爾の司祭等は義を衣、爾の諸聖者は悦ばん。
爾の僕ダワィドの爲に、爾が膏つれられし者の面を転ずる毋れ。
主は真実を以てダワィドに誓いて、之に背かざらん、曰く我爾が腹の果を以て爾の寶座に坐せしめん。
若し爾の諸子我が約と、我が彼等に誨えんとする啓示とを守らば、彼等の諸子も亦永く爾の寶座に坐せん。
蓋主はシオンを擇び、此を以て其の住所とするを望めり、
曰く、此れ我が世々の安居なり、我此処に居らん、蓋我之を望めり。
我其の糧を祝福し祝福せん、餅を以て其の貧しき者を飽かしめん。
我救いを以て其の司祭等に衣せん、其の諸聖者は喜び悦ばん。
我彼處に於いてダワィドに角を長ぜしめ、我が膏つけられし者の爲に灯火を立てん。
我其の敵に耻を衣せん、其冕り其の上に耀かん。

第百三十二聖詠

登上の歌。ダワィドの作。
兄弟睦ましく居るは、善なる哉、美なる哉。
是れ寶なる膏が首にありて、髯即アアロンの髯に流れ、其の衣の裾に流るるが如く、
エルモンの露のシオン山に降るが如し。蓋彼處に於いて主は降福と永世とを命じたり。

第百三十三聖詠

登上の歌。
主の諸僕、夜中主の家、我が神の家の庭に立つ者よ、今主を崇め讃めよ。
爾の手を挙げ、聖所に向かいて主を崇め讃めよ。
天地を造りし主はシオンより爾に降福せん。

光榮讃詞