第十八「カフィズマ」

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 聖詠経


第百十九聖詠[編集]

とうじょううた

われうれひうちしゅびしに、かれわれたまへり。

しゅよ、たましひいつはりくちあざむきしたよりまぬかれしめたまへ。

あざむきしたなにもつなんぢあたへ、なにもつなんぢくはへんか、

ゆうしゃするどなり、えにしだやけずみなり。

かなしかなわれモソフやどり、キダルまくかたはらむ。

たましひぼくにくものともひさしくめり。

われこのむ、しかれどもわれことばいだせば、かれたたかひおこす。


第百二十聖詠[編集]

とうじょううた

われげてやまのぞむ、たすけかしこよりきたらん。

たすけてんつくりししゅよりきたる。

かれなんぢあしつまづくをゆるさざらん、なんぢまもものねむらざらん。

イズライリまもものねむらず、ねず。

しゅなんぢまもものなり、しゅなんぢみぎおほひなり。

ひるなんぢいためざらん、よるつきまたしかり。

しゅなんぢもろもろわざはひよりまもらん。

しゅなんぢしゆつにうまもりていまよりよよいたらん。


第百二十一聖詠[編集]

とうじょううたダワィドさく

ひとわれむかひて、われしゅいへかんとときわれよろこべり。

イエルサリムよ、われあしなんぢもんうちてり。

イエルサリムちゅうみつまちごとくにきづかれ、

しょしはすなはちしゅしはイズライリほうしたがひて、のぼりてしゅさんえいするところなり。

かしこしんぱんほうダワィドいへほうつ。

イエルサリムためへいあんもとめよ、ねがはくはなんぢあいするものあんねいん。

ねがはくはなんぢしろうちへいあんなんぢみやうちあんねいならん。

われけいていとなりためふ、なんぢへいあんなれ。

しゅかみいへためわれなんぢふくねがふ。


第百二十二聖詠[編集]

とうじょううた

てんものよ、われげてなんぢのぞむ。

よ、ぼくしゅじんのぞみ、しゅのぞむがごとく、われしゅかみのぞみて、そのわれあはれむをつ。

しゅよ、われあはれみ、われあはれたまへ、けだしわれあなどりれり。

われたましひおごものはづかしめほこものあなどりとにれり。


第百二十三聖詠[編集]

とうじょううたダワィドさく

イズライリふべし、しゅわれともにあらず、

ひとびとちてわれめしときわれともにあらざりしならば、

かれわれけるいかりえて、かれわれきながらみしならん、

みづわれしづめ、ながれわれたましひうへぎ、

れたるみづわれたましひうへぎしならん。

われあたへてそのものとなさざりししゅあがめらる。

われたましひのがれしこと、とりとらふるものあみのがるるがごとし、あみかれてわれのがれたり。

われたすけてんつくりししゅり。

光榮讃詞


第百二十四聖詠[編集]

とうじょううた

しゅたのものシオンざんごとうごかずしてながそんす。

しょざんイエルサリムめぐり、しゅそのたみめぐりていまよりよよいたらん。

けだししゅあくしゃつゑに、しゃぎょううへにあるをゆるさざらん、しゃそのほうべざらんためなり。

しゅよ、おんぜんにんこころなほものとにほどこたまへ、

おのれまがりみちてんずるものいたりては、ねがはくはしゅかれほうおこなものともくをゆるさん。ねがはくはへいあんイズライリせん。


第百二十五聖詠[編集]

とうじょううた

しゅシオンとりこかへししときわれゆめるがごとくなりき、

そのときわれくちたのしみにてち、われしたうたちたり、そのときしょみんうちへるありき、しゅかれおほいなることおこなへりと。

しゅわれおほいなることおこなへり、われよろこべり。

しゅよ、われとりこなんぽうながれごとくにかへたまへ。

なみだもつものは、よろこびもつらん。

きてたねたづさふるものよろこびてそのたばたづさへてかへらん。


第百二十六聖詠[編集]

とうじょううたソロモンさく

しゅいへつくらずば、つくものいたづらろうし、しゅしろまもらずば、まもものいたづらけいせいす。

なんぢいたづらつとき、おそね、うれひパンくらふ、ときかれそのあいするものぬるをたまふ。

よ、しゅあたふるところぎょうしょなり、そのほうしょうはらなり。

しょうそうしょしは、ゆうしゃにあるごとし。

これそのえびらてたるものさいはひなり、かれもんうちりててきともときはぢざらん。


第百二十七聖詠[編集]

とうじょううた

およしゅおそれて、そのみちものさいはひなり。

なんぢおのれろうりてくらはん、なんぢさいはひなり、なんぢぜんたり。

なんぢつまなんぢいへりて、しげどうごとく、なんぢしょしなんぢせきめぐりて、かんらんえだごと し、

しゅおそるるものくのごとこうふくせられん。

しゅシオンよりなんぢこうふくせん、なんぢざいせいしょじつイエルサリムあんねいん、

なんぢおのれん。ねがはくはへいあんイズライリせん。


第百二十八聖詠[編集]

とうじょううた

イズライリふべし、いちけなときよりかれおほわれめ、

いとけなときよりおほわれめたれども、われたざりき。

たがへものたがへし、そのたみぞながくせり。

しかれどもしゅなり、かれあくしゃなはめてり。

ねがはくはシオンにくむものはみなはぢかうむりてしりぞけられん。

ねがはくはかれうへくさかれざるさきるるものごとくならん、

ものこれもつそのてず、つかぬるものそのにぎりてざらん、

ぐるものは、しゅこうふくなんぢすべし、われしゅもつなんぢしゅくふくすとはざらん。

光榮讃詞


第百二十九聖詠[編集]

登上の歌。

しゅよ、われふかところよりなんぢぶ。

しゅよ、こゑたまへ、ねがはくはなんぢみみいのりこゑれん。

しゅよ、なんぢほうたださば、たれたん。

しかれどもなんぢゆるしあり、ひとなんぢまへつつしまんためなり。

われしゅのぞみ、たましひしゅのぞみ、われかれことばたのむ。

たましひしゅつこと、ばんにんあさち、ばんにんあさつよりはなはだし。

ねがはくはイズライリしゅたのまん、けだしあはれみしゅにあり、おほいなるあがなひかれにあり、

かれイズライリそのことごとくのほうよりあがなはん。


第百三十聖詠[編集]

とうじょううたダワィドさく

しゅよ、こころおごらず、たかぶらず、われおほいにしておよあたはざることらざりき。

われたましひしづめ、これやすんずること、ははちちちしごとくせざりしか、たましひわれうちおいちちちしごとくなりき。

ねがはくはイズライリしゅたのみていまよりよよいたらん。


第百三十一聖詠[編集]

とうじょううた

しゅよ、ダワィドそのことごとくのうれひとをおくせよ。

かれしゅちかひ、イアコフゆうのうしゃやくしてへり、

われいへまくらず、とこのぼらず、

ね、まぶたねむるをるさずして、

しゅためところイアコフゆうのうしゃためすまひるにおよばんと。

よ、われこれエフラフき、これイアリムへり、

きてかれすまひき、かれあしだいこうはいせん。

しゅよ、なんぢおよなんぢのうりょくひつなんぢあんそくところてよ。

なんぢさいなんぢしょせいしゃよろこばん。

一〇 なんぢぼくダワィドために、なんぢあぶらつれられしものおもててんずるなかれ。

一一 しゅしんじつもつダワィドちかひて、これそむかざらん、いはわれなんぢはらもつなんぢほうせしめん。

一二 なんぢしょやくと、かれをしへんとするけいとをまもらば、かれしょまたながなんぢほうせん。

一三 けだししゅシオンえらび、これもつそのすまひとするをのぞめり、

一四 いはく、よよあんきょなり、われここらん、けだしわれこれのぞめり。

一五 われそのかてしゅくふくしゅくふくせん、パンもつそのまづしきものかしめん。

一六 われすくひもつそのさいせん、そのしょせいしゃよろこよろこばん。

一七 われかしこおいダワィドつのちょうぜしめ、あぶらつけられしものためともしびてん。

一八 われそのてきはぢせん、そのかんむりそのうへかがやかん。


第百三十二聖詠[編集]

とうじょううたダワィドさく

けいていむつまましくるは、ぜんなるかななるかな

たからなるあぶらこうべにありて、ひげすなはちアアロンひげながれ、そのころもすそながるるがごとく、

エルモンつゆシオンざんくだるがごとし。けだしかしこおいしゅこうふくえいせいとをめいじたり。


第百三十三聖詠[編集]

とうじょううた

しゅしょぼくちゅうしゅいへかみいへにはものよ、いましゅあがめよ。

なんぢげ、せいしょむかひてしゅあがめよ。

てんつくりししゅシオンよりなんぢこうふくせん。

光榮讃詞