竹取物語 (日本兒童文庫)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、竹取物語をご覧ください。

 むかし、いつのころでありましたか、たけとりのおきなといふひとがありました。ほんとうのさぬきみやつこまろといふのでしたが、まいにちのようにのやまたけやぶにはひつて、たけつて、いろ/\のものつくり、それをあきなふことにしてゐましたので、ぞくたけとりのおきなといふとほつてゐました。ある、いつものようにたけやぶんでますと、いつぽんみようひかたけみきがありました。ふしぎおもつてちかよつて、そっとつてると、そのつたつゝなかたかさんずんばかりのうつくしいをんながゐました。いつもみなれてゐるやぶたけなかにゐるひとですから、きっと、てんとしてあたへてくれたものであらうとかんがへて、そのうへせてかへり、つまのおばあさんにわたして、よくそだてるようにいひつけました。おばあさんもこのたいそううつくしいのをよろこんで、かごなかれてたいせつそだてました。
 このことがあつてからも、おきなはやはりたけつて、その/\をおくつてゐましたが、きみようなことには、おほくのたけるうちにふしふしとのあひだに、おうごんがはひつてゐるたけつけることがたび/\ありました。それでおきないへしだいゆうふくになりました。
 ところで、たけなかからは、そだかたがよかつたとえて、ずん/\おほきくなつて、みつきばかりたつうちにいちにんまへひとになりました。そこでをとめにふさはしいかみかざりやいしようをさせましたが、だいじですから、いへおくにかこつてそとへはすこしもさずに、いよ/\こゝろれてやしなひました。おほきくなるにしたがつてをとめかほかたちはます/\うるはしくなり、とてもこのせかいにないくらゐばかりか、いへなかすみからすみまでひかかゞやきました。おきなにはこのるのがなによりのくすりで、またなによりのなぐさみでした。そのあひだあひかはらずたけつては、おうごんれましたので、つひにはたいしたしんだいになつて、いへやしきおほきくかまへ、つかひなどもたくさんいて、せけんからもうやまはれるようになりました。さて、これまでついをとめをつけることをわすれてゐましたが、もうおほきくなつてのないのもへんだとづいて、いゝづけおやたのんでをつけてもらひました。そのなよたけかぐやひめといふのでした。そのころならはしにしたがつて、みつかあひだだいえんかいひらいて、きんじよひとたちや、そのほかおほくのなんによをよんでいはひました。
 このうつくしいをとめひようばんたかくなつたので、せけんをとこたちはつまもらひたい、またるだけでもておきたいとおもつて、いへちかくにて、すきのようなところからのぞかうとしましたが、どうしてもすがたることができません。せめていへひとつて、ものをいはうとしても、それさへつてくれぬしまつで、ひと/″\はいよ/\んでさわぐのでした。そのうちで、よるひるもぶっとほしにいへそばはなれずに、どうにかしてかぐやひめつてこゝろざしせようとおもねつしんかごにんありました。みなくらゐたかみぶんたふとかたで、ひとりいしつくりのみこひとりくらもちのみこひとりうだいじんあべのみうしひとりだいなごんおほとものみゆきひとりちゆうなごんいそのかみのまろでありました。このひとたちはおもひ/\にだてをめぐらしてひめれようとしましたが、たれせいこうしませんでした。おきなもあまりのことにおもつて、あるときひめむかつて、
「たゞのひとでないとはいひながら、けふまでやしなそだてたわしをおやおもつて、わしのいふことをきいてもらひたい」
 と、まへおきして、
「わしはしちじゆうさかして、もういついのちおはるかわからぬ。いまのうちによいむこをとつて、こゝろのこりのないようにしてきたい。ひめいつしようけんめいおもつてゐるかたがこんなにたくさんあるのだから、このうちからこゝろにかなつたひとえらんではどうだらう」
 と、いひますと、ひめあんがいかほをしてこたしぶつてゐましたが、おもつて、
わたしおもひどほりのふかこゝろざしせたかたでなくては、をつとさだめることはできません。それはたいしてむづかしいことでもありません。ごにんかた/″\わたししいとおもものちゆうもんして、それをまちがひなくつてくださるかたにおつかへすることにいたしませう」
 と、いひました。おきなすこあんしんして、れいごにんひとたちのあつまつてゐるところにつて、そのことをげますと、みないぞんのあらうはずがありませんから、すぐにしようちしました。ところがひめちゆうもんといふのはなか/\むづかしいことでした。それはごにんともべつ/\で、いしつくりのみこにはてんじくにあるほとけみいしはちくらもちのみこにはとうかいほうらいさんにあるぎんきんくきしらたまをもつたえだいつぽんあべうだいじんにはもろこしにあるひねずみかはごろも、大伴《おもとも[#「おほとも」か]》のだいなごんにはたつくびについてゐるごしきたまいそのかみちゆうなごんにはつばめのもつてゐるこやすがひひとつといふのであります。そこでおきなはいひました。
「それはなか/\のなんだいだ。そんなことはまをされない」
 しかし、ひめは、
「たいしてむづかしいことではありません」と、いひつてへいきでをります。おきなしかたなしにひめちゆうもんどほりをつたへますと、みなあきれかへつていへりました。
 それでも、どうにかしてかぐやひめじぶんつまにしようとかくごしたごにんは、それ/″\いろいろのくふうをしてちゆうもんしなつけようとしました。
 だいいちばんに、いしつくりのみこはずるい[#「ずるい」に傍点]ほうさいのあつたかたですから、ちゆうもんほとけみいしはちりにてんじくつたようにせかけて、さんねんばかりたつて、やまとくにのあるやまでらびんづるさままへいてあるいしはちまつくろすゝけたのを、もったいらしくにしきふくろれてひめのもとにさししました。ところが、りつぱひかりのあるはずのはちほたるびほどのひかりもないので、すぐにちゆうもんちがひといつてねつけられてしまひました。
 だいにばんに、くらもちのみこは、ほうらいたまえだりにくといひふらしてふなでをするにはしましたが、じつみつかめにこっそりとかへつて、かね/″\たくんでいたとほり、じようずたましよくにんおほせて、ひそかにちゆうもんたまえだつくらせて、ひめのところにつてきました。おきなひめもそのさいくりつぱなのにをどろいてゐますと、そこへうんわるくたましよくにんおやかたがやつてて、せんにちあまりもほねをつてつくつたのに、まださいくちんくださるといふごさたがないと、くじようみましたので、まやかしもの[#「まやかしもの」に傍点]といふことがわかつて、これもたちまかへされ、みこおほはぢをかいてきさがりました。
 だいさんばんあべうだいじんざいさんかでしたから、あまりわるごすくはたくまず、ちょうど、そのとしにつぽんとうせんあつらへてひねずみかはごろもといふものつてるようにたのみました。やがて、そのあきうどは、やう/\のことでもとてんじくにあつたのをもとめたといふてがみへて、かはごろもらしいものをおくり、まへあづかつただいきんふそくせいきゆうしてました。だいじんよろこんでしなものると、かはごろもこんじよういろのさきはおうごんしよくをしてゐます。これならばひめるにちがひない、きっとじぶんひめのおむこさんになれるだらうなどゝかんがへて、おほめかしにめかしんでかけました。ひめいちじほんものかとおもつてない/\しんぱいしましたが、けないはずだから、ためしてようといふので、をつけさせてると、ひとたまりもなくめら/\とけました。そこでうだいじんもすっかりてがはづれました。
 よばんめのおほともだいなごんは、けらいどもをあつめてげんめいくだし、かならたつくびたまつていといつて、やしきうちにあるきぬわたぜにのありたけをしてろようにさせました。ところがけらいたちはしゆじんおろかなことをそしり、たまりにくふりをして、めい/\のかつてほうかけたり、じぶんいへこもつたりしてゐました。うだいじんちかねて、じぶんでもとほうみして、たつつけしだいやさきにかけていおとさうとおもつてゐるうちに、きゆうしうほうながされて、はげしいらいうたれ、そののちあかしはまかへされ、なみかぜまれてしにんのようになつていそばたたふれてゐました。やう/\のこと、くにやくにんせわてごしせられていへきました。そこへけらいどもがけつけて、おみまひをまをげると、だいなごんすもゝのようにあかくなつたひらいて、
たつかみなりのようなものとえた。あれをころしでもしたら、このほういのちはあるまい。おまへたちはよくたつらずにた。ういやつどもぢや」
 とおほめになつて、うちにしよう/\のこつてゐたものほうびらせました。もちろんひめなんだいにはふるひ、「かぐやひめおほがたり[#「がたり」に傍点]め」とさけんで、またとちかよらうともしませんでした。
 ごばんめのいそのかみちゆうなごんつばめこやすがひるのにくしんして、いろ/\とひとそうだんしてのち、あるしたやくをとこすゝめにつくことにしました。そこで、じぶんかごつて、つなたかむねにひきあげさせて、つばめたまごむところをさぐるうちに、ふとひらたいものをつかみあてたので、うれしがつてかごおろあひずをしたところが、したにゐたひとつなをひきそこなつて、つながぷっつりとれて、うんわるくもしたにあつたかなへうへちてまはしました。みづませられてやうやしようきになつたとき
こしいたむがこやすがひつたぞ。それてくれ」
 といひました。みながそれをると、こやすがひではなくてつばめふるくそでありました。ちゆうなごんはそれきりこしたず、きやみもくははつてんでしまひました。ごにんのうちであまりものいりもしなかつたかはりに、ちえのないざまをして、いちばんむごたのがこのひとです。
 そのうちに、かぐやひめならぶものゝないほどうつくしいといふうはさを、ときみかどがおきになつて、ひとりじよかんに、
ひめすがたがどのようであるかまゐれ」
 とおほせられました。そのじよかんがさっそくたけとりのおきないへでむいてちよくしべ、ぜひひめひたいといふと、おきなはかしこまつてそれをひめにとりつぎました。ところがひめは、
べつによいきりようでもありませぬから、おつかひにふことはごめんかうむります」
 とねて、どうすかしても、しかつてもはうとしませんので、じよかんめんぼくなさそうにきゆうちゆうかへつてそのことをまをげました。みかどさらおきなごめいれいくだして、もしひめみやづかへにさしすならば、おきなくらいをやらう。どうにかしてひめいてなつとくさせてくれ。おやで、そのくらゐのことのできぬはずはなからうとおほせられました。おきなはそのとほりをひめつたへて、ぜひともみかどのおことばしたがひ、じぶんたのみをかなへさせてくれといひますと、
「むりにみやづかへをしろとおほせられるならば、わたしえてしまひませう。あなたのおくらゐをおもらひになるのをて、わたしぬだけでございます」
 とひめこたへましたので、おきなはびっくりして、
くらゐいたゞいても、そなたになれてなんとしよう。しかし、みやづかへをしてもなねばならぬどうりはあるまい」
 といつてなげきましたが、ひめはいよ/\しぶるばかりで、すこしもきいれるようすがありませんので、おきなのつけようがなくなつて、どうしてもきゆうちゆうにはあがらぬといふことをおこたへして、
じぶんいへうまれたこどもでもなく、むかしやまつけたのをやしなつただけのことでありますから、きもちもせけんふつうひととはちがつてをりますので、ざんねんではございますが……」
 とおそつてまをへました。みかどはこれをきこされて、それならばおきないへにほどちかやまべみかりのみゆきをするふうにしてひめくからと、そのことをおきなしようちさせて、きめたひめいへにおなりになりました。すると、まばゆいようにかゞやをんながゐます。これこそかぐやひめちがひないとおぼしておちかよりになると、そのをんなおくげてきます。そのそでをおとりになると、かほかくしましたが、はじめにちらとごらんになつて、いたよりもびじんおぼされて、
げてもゆるさぬ。きゆうちゆうくぞ」
 とおほせられました。
わたしがこのくにうまれたものでありますならば、おみやづかへもいたしませうけれど、さうではございませんから、おれになることはかなひますまい」
 とひめまをげました。
「いや、そんなはずはない。どうあつてもれてく」
 かねてしたくしてあつたおこしせようとなさると、ひめかたちかげのようにえてしまひました。みかどおどろかれて、
「それではもうれてはくまい。せめてもとかたちになつてせておくれ。それをかへることにするから」
 と、おほせられると、ひめはやがてもとすがたになりました。みかどいたかたがございませんから、そのはおかへりになりましたが、それからといふもの、いままで、ずいぶんうつくしいとおもつたひとなどもひめとはくらべものにならないとおぼすようになりました。それで、とき/″\お手がみやおうたをおおくりになると、それにはいち/\おへんじをさしげますので、やう/\おこゝろなぐさめておいでになりました。
 さうかうするうちにさんねんばかりたちました。そのとしはるさきから、かぐやひめは、どうしたわけだか、つきのよいばんになると、そのつきながめてかなしむようになりました。それがだん/\つのつて、しちがつじゆうごやなどにはいてばかりゐました。おきなたちがしんぱいして、つきることをめるようにとさとしましたけれども、
つきずにはゐられませぬ」
 といつて、やはりつきじぶんになると、わざ/\えんさきなどへなげきます。おきなにはそれがふしぎでもあり、こゝろがゝりでもありますので、あるとき、そのわけをきますと、
いままでに、たび/\はなししようとおもひましたが、ごしんぱいをかけるのもどうかとおもつて、けることができませんでした。じつまをしますと、わたしはこのくににんげんではありません。つきみやこものでございます。あるいんねんがあつて、このせかいてゐるのですが、いまかへらねばならぬときになりました。このはちがつじゆうごやむかへのひとたちがれば、おわかれしてわたしてんじようかへります。そのときはさぞおなげきになることであらうと、まへ/\からかなしんでゐたのでございます」
 ひめはさういつて、ひとしほりました。それをくと、おきなきちがひのようにしました。
たけなかからひろつてこのとしつきだいじそだてたわがを、だれむかへにようともわたすものではない。もしつてかれようものなら、わしこそんでしまひませう」
つきみやこちゝはゝすこしのあひだといつて、わたしをこのくにによこされたのですが、もうながとしつきがたちました。みのおやのこともわすれて、こゝのおふたりしたしみましたので、わたしはおそばはなれてくのが、ほんとうにかなしうございます」
 ふたりおほなきにきました。いへものどもゝ、かほかたちがうつくしいばかりでなく、じようひんこゝろだてのやさしいひめに、いまさらながのおわかれをするのがかなしくて、ゆみづのどとほりませんでした。
 このことがみかどのおみゝたつしましたので、おつかひをくだされておみまひがありました。おきないさいをおはなしして、
「このはちがつじゆうごにちにはてんからむかへのものるとまをしてをりますが、そのときにはにんずをおつかはしになつて、つきみやこひと/″\つかまへてくださいませ」
 と、く/\おねがひしました。おつかひがかへつてそのとほりをまをげると、みかどおきなどうじようされて、いよ/\じゆうごにちるとたかのしようしようといふひとちよくしとして、ぶしにせんにんつてたけとりのおきないへをまもらせられました。さて、やねうへせんにんいへのまはりのどてうへせんにんといふふうてわけして、てんからりてひと/″\しりぞけるはずであります。このほかいへつかはれてゐるものおほぜいぐすねいてつてゐます。いへうちをんなどもがばんをし、おばあさんは、ひめかゝへてどぞうなかにはひり、おきなどぞうめてとぐちひかへてゐます。そのときひめはいひました。
「それほどになさつても、なんのやくにもちません。あのくにひとれば、どこのもみなひとりでにいて、たゝかはうとするひとたちもえしびれたようになつてちからません」
「いやなあに、むかへのひとがやつてたら、ひどいはせてかへしてやる」
 とおきなはりきみました。ひめも、としよつたかた/″\おいさきみとゞけずにわかれるのかとおもへば、おいとかかなしみとかのないあのくにかへるのも、いつこううれしくないといつてまたなげきます。
 そのうちによるもなかばになつたとおもふと、いへのあたりがにはかにあかるくなつて、まんげつじつそうばいぐらゐのひかりで、ひと/″\けあなさへえるほどであります。そのときそらからくもつたひと/″\りてて、じめんからごしやくばかりのくうちゆうに、ずらりとならびました。「それたっ」と、ぶしたちがえものをとつてむかはうとすると、だれもかれもものおそはれたようにたゝかもなくなり、ちからず、たゞ、ぼんやりとしてをぱち/\させてゐるばかりであります。そこへつきひと/″\そらくるまひとつてました。そのなかからかしららしいひとりおきなして、
なんぢおきなよ、そちはすこしばかりのいことをしたので、それをたすけるためにかたときあひだひめくだして、たくさんのおうごんまうけさるようにしてやつたが、いまひめつみえたのでむかへにた。はやかへすがよい」
 とさけびます。おきなすこしぶつてゐると、それにはかまはずに、
「さあ/\ひめ、こんなきたないところにゐるものではありません」
 といつて、れいくるまをさしせると、ふしぎにもかたとざしたこうしどぞうしぜんいて、ひめからだはする/\とました。おきなめようとあがくのをひめしづかにおさへて、かたみふみいておきなわたし、またみかどにさしげるべつてがみいて、それにつきひと/″\つてふしくすりひとつぼへてちよくしわたし、あまはごろもて、あのくるまつて、ひやくにんばかりのてんにんりまかれて、そらたかのぼつてきました。これをみおくつておきなふうふはまたひとしきりこゑをあげてきましたが、なんのかひ[#「かひ」に傍点]もありませんでした。
 いつぽうちよくしきゆうちゆうさんじようして、そのいちぶしじゆうまをげて、かのてがみくすりをさしげました。みかどは、てんに一ばんちかやまするがくににあるときこして、つかひのやくにんをそのやまのぼらせて、ふしくすりかしめられました。それからはこのやまふしやまぶようになつて、そのくすりけむりはいまでもくもなかのぼるといふことであります。




【テキスト中、置きかえた漢字】

[第3水準1-94-81]→黄
[第3水準1-89-33]→福
[第3水準1-92-26]→頼
[第3水準1-89-27]→祝
[第3水準1-91-6]→莱
[第3水準1-94-82]→黒
[第3水準1-89-49]→突
[第3水準1-14-48]→免
[第3水準1-90-13]→縁
[第3水準1-92-74]→都
[第3水準1-85-2]→撃



底本:『竹取物語・今昔物語・謠曲物語』復刻版日本兒童文庫 No.33、名著普及会
   1981(昭和56)年8月20日発行
親本:『竹取物語・今昔物語・謠曲物語』日本兒童文庫、アルス
   1928(昭和3)年3月5日発行

入力:しだひろし
校正:【08.3.7 現在、青空文庫にて校正待ち】
xxxx年xx月xx日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

この著作物は、1934年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。