祈祷惺々集/イェルサリムの司祭イシヒイ フェオドルに與ふる書 (1)

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 祈祷惺々集

イェルサリムの司祭イシヒイ フェオドルに與ふる書

清醒の事、思念と戦ふ事及び祈祷の事に関する説教

一、 せいせいは心神を治むるの術なり、もし固く且熱心にして全く神の助けによりこれを練習する時は人を情欲の念とことばとより救ひ又あしきおこなひより救ふべくして其のこれを練習する者にさとやすからざるの神をさとり得らるゝだけるの確たるかいあたへ奥妙なる神の秘義の決定を奥妙に授くるなり。彼は亦旧約と新約のすべてのかいめいしすべて来世の幸福をあたふるなり。さて彼は本義によれば実にこころきよきなり、心の清きは其の高尚なると其の良善なるとに依り、いな実をいへば我等が不注意と怠慢なるとに依り今日修道士にはきはめまれなる所のものなり、さりながらハリストスはこれを讃嘆していへらく『心の清き者はさいわひなり彼等は神を見んとすればなり』〔馬太五の八〕。かくの如き者なるにぞ彼は貴重のあたひにてあがなはるゝなり。せいせいはもし人に固く存する時は人の為めに正しく且神に悦ばるゝ生活の誘導者となるべくして其の結果は直覚力を得しむるなり。彼は我等に霊魂の三つの力[1]を正しく運動せしむるを教へ五官を固く守らしむべくして其の関係者に四つのおもなる徳行[2]を日々に生長せしむるなり。

  1. 原文注:みつの力とは思ふと激すると望むとの三力をいふ。
  2. 原文注:四徳とは智と勇と節制と公義とを指す。

二、 大なる立法者モイセイと特に聖神は此の徳行のいくばくてん潔白なると其の含有する所の多くして施す所の大なるを示し且當然にこれを始め且成すべきことを吾人に教へていへらく『慎んで汝の心に無法の隠れたることばをいるゝなかれ』、〔復傳律令十五の九〕この隠れたることばとは神の憎み給へる或る罪事に於る心の一想像を名づくるものにして聖神父等は亦これを称してまきより心に導ききたる所の附着なりといへり、この附着の現はるゝや直ちにこれにしたがつて我等の諸念は起るべくして我等は熱心に彼れと談話せんとす。

三、 せいせいは即ちもろもろの徳行と神の誡命の路程なり、又彼はこころせいもくとも名づけらるべく亦ぼうの完全に達したる智識の守りともいふべし。

四、 盲目に生まれし者は太陽の光を見ざらん、かくの如く清醒に行進せざる者も上よりゆたかくだる所の恩寵の光輝を見ざらん、彼はまた神の憎み給へる罪のおこなひことばおもひよりも免れざるべくして其のるに於ては〈彼を迎へんとする〉地獄の王をのがれて通過する能はざらん。

五、 注意は心をすべての思念より絶間なく沈黙せしむるなり、彼はイイスス ハリストス神の子及び神を、かれひとりを始終連綿として間断なく呼吸し、彼を呼び、彼と共に勇気に敵に対して武装し、罪を赦すの権を有するの彼れに告解するなり〈己の罪を〉。かかる霊魂はひとしんぷくこころむるハリストスんでしばしばおうみつにこれをかいほうしすべての人々には自己の甘味と自己の内部の苦行とを百方隠さんことを欲し悪敵をしてひそかにこれに罪を進めて其の美なる行為をめつぜつせしむるをまぬかるを致すなり。

六、 せいせいは思念〈智識〉かくかためてこれを心の門に立たしむるなり、よりて彼は〈他の〉思念、すなはち此の盗、掠奪者のいかに近づききたるをん、又此の殘賊者の何を言ひ何を為すを聞き、まきが心を妄想にいざなひ入れてこれをまどはさんと欲していかなるけいぞううつしいだし又は建つるを見んとす。もしかくの如きの行為を労を厭はず好んで学ぶあらば〈これにしばらく勉強するあらば〉もし欲するときには彼は甚だ聡明に〈実着且明瞭に〉心中のたたかひの術を吾人に示さん、〈而してたたかひおけるの練達を得しめん〉

七、 一方には神に棄てらるゝによりて生じ又一方には偶然の出来事〈生活の〉をもて人をして悟るあらしむる所の誘惑によりて生ずる二倍の畏れは常に人の智識を監督注意するのみつを生ぜしめてあしきおもひおこなひの源をふさがんとす。これによりて我等が行をおさめしめんが為め神より棄てらるゝあり又計らざる誘惑をつかはさるゝあるなり、特に誰か此の善事〈注意と清醒〉より休するの甘薬をようやく怠慢を生ずる時にこれあるべし。此注意のみつよりして習慣を生じ習慣よりして清醒のおのづから間断なき〈緻密〉を生ずべし、且此れよりして彼の性質にしたがぜんぜん戦況を観察することも生ずべくして其の後イイススに於るたいなるかんしんなる〉祈祷と妄想をてる心の快然たる安きとイイススによりて〈彼れと配合するによりて〉成る所の〈奇異なる〉性状もまたしたがつて生じ来らんとす。

八、 敵に対し立ちてハリストスを呼び彼れにはしく所の意思はこれを或る野獣の群犬に囲まれさくべいに己れをおほふて猛然これに抵抗して立つに比すべし。彼れ〈意思〉は見えざる敵の心算を心に遠く看破し不断彼等に対して講和者たるイイススに祈祷す、由りて其のむ所とならずして存するなり。

九、 もしなんあしたに祈祷に立ちただに見らるゝのみならず、見ることをも〔聖詠五の四あたへらるゝを知らば汝は我が言ふ所のことを了解せん、然らずんば清醒せよ、必ずうけん。

十、 海を成すものはかたの水なり。然して清醒と不眠と心のしんもくきゅうそうを成し同く又奇異にして言ふ可らざるの直覚力と智慧ある謙遜と公正と愛との淵を成すものは〈亦同じく〉極致の清醒とイイスス ハリストスに対するの雑念なき祈祷なり、且又連綿としてむなく日夜勤めてうれふることなくむことなきの祈祷なり。

十一、 主はいへらく『凡そ我を称して主よ主よといふ者は未だ悉く天国に入らずただ我が父の旨を行ふ者は入らん』〔馬太七の二十一〕。さて彼の父の旨といふはすなはち『主を愛する者や悪を憎めよ』〔聖詠九十六の十〕といふもの是なり。ゆえにイイスス ハリストスに祈祷する時は悪しき思念を憎まん、さらば神の旨は成らん。

十二、 我等が主宰及び神は既に人体をりてすべて徳行のさまを己が肉身の上にことごとくいだして諸徳の雛形を示し以て人間の模範となしおうせきついより呼び起しぬ。其の示されたる善模良範は他に多くありけるが其の中に於て彼は領洗の後こうに登り彼処に於て常人の如く彼に就きたるまきと思想上のたたかひをなしたりき、且其の彼等に勝つの方法、即ち謙遜と禁食と祈祷と清醒との如きは彼れ神として又諸神の神としていつとぼしきことなく有持したりしも我等無益の僕にもこれをもてあくに対し當然にたたかひすべきゆえんを教へ給へり。

十三、 智識を欲念よりぜんぜんに清め得る所の清醒の方法〈手段〉は我がかんがへによるにいくばくありや、視よ余は能弁を以てせず又はんざつことばを以てせずしてこれを汝に示すに自ら怠らざるべし。けだし余は此の説教に於ても軍談記事に於て見るものの如く暗号をもて有益なることをし特に常人の為に益あることを秘するをもて智とは為さざるなり。余は汝に使徒のことばにてつげん、なんぢ子ティモフェイしょうする所の者に注意せよと〔ティモフェイ前四の十三〕。

十四、 ゆえせいせいの一方法は妄想の為めた附着の為めに油断なく注意するにあり、けだし妄想なくんば「サタナ」は人をかぎげんぞうにて誘惑せんが為めに思念を仮設してこれを智識にあらはすこと能はざればなり。

十五、 他の方法は常に深く沈黙しもろもろの思念より揺動せられざるの心を有して祈祷するにあり。

十六、 或る方法は主イイスス ハリストスを不断に謙遜をもて呼ぶにあり。

十七、 又或る方法は死の事を間断なく心底に記憶するにあり。

十八、 愛する所の者よ、凡て此等の行為は恰も門衛の如く悪念の入るを禁ずるなり。されどもただ天に向つて注視し〈常に心が天上の事を黙想するをつとめ〉これに決して地〈及びすべて地上の物〉を加入せしめざるべき事もこれ亦他の方法と同じく有能なる方法のひとつなり、余は此事につきてはことばを與ふる神の助けにより他の処に於て更に詳述せん。

十九、 もしただ暫時の間欲の原因を絶ち心神の黙想を勤むるも此を勤めつつ生活の此順序に永く忍耐してとどまるあらずんばたやすく肉慾に再帰しこれが為めに〈善なる企業の為めに〉他の如何なる結果もうけずしてただ智識を全くくらまし物体上の事に傾かしめんのみ。

二十、 内部に於て奮闘する者は左の四者よつの行為〉を瞬時も有せずんばあるべからず、謙遜、極致の注意、抵抗〈思念に抵抗〉及び祈祷是なり。謙遜はけだし敵たる驕傲のまきで戦ふに常に心の手にハリストスの助けを有せんが為なり、けだし主は驕傲なる者を憎み給へばなり。注意は其の心を常に操持して如何なる思念もたとひ善なるが如く見ゆるものといへども有せざらんが為なり。抵抗はけいがんをもて何物の来るを悟るや直ちに怒りをもて抵抗せんが為なり、いふが如し曰く『我は吾を侮る者に答へん』〔聖詠百十八の四十二〕、『我がたましひあに神に従はざらんや』〔聖詠六十一の一〕。祈祷は既に抵抗したる後言ふべからざるの慨嘆をもて心の深きよりハリストスを呼ばんが為なり。さらば其時此の奮闘者は崇拝せらるべきイイススの名により其の敵と其の妄想の散々におひはらはるゝこと恰も塵の風に飛ぶが如く又其の消ゆることはけむりの如くなるを見るあらん。

二十一、 思念より離れたる清き祈祷を有せざる者はたたかひに臨んで武器を有せざるなり、我れいふこれ心中内部の奥密に於て不断に交戦して其のひそかに戦ふ所の敵を主イイスス ハリストスを呼ぶをもて撃ち焼くの祈祷を指すなり。

二十二、 汝は智識の眼を鋭くし且これを張りて其の入る所の者を察知せんが為めに内部を見んことを要す。もし察知する時は直ちに抵抗して蛇のかしらを粉砕すべくこれと併せて慨然としてハリストスを呼ぶべし。さらば其時汝は見えざる神の代保を始めて試むることを得べく心の正しき〈いかに心を正しきにそうすべき〉を明瞭に見るを得ん。

二十三、 手に鏡を持して他の衆人の中に立つ者は鏡に見て自己の面貌の如何なるをあはせて又其の同く鏡に照さるゝ所の他の人々の面貌をも見るが如くかくの如く自己の心をあまねふしする者は一の心に於て自己の性状を見又其の心中のおにこくあんなる面貌をも見ん。

二十四、 智識はただ自己のみを以てはまきの妄想に克つこと能はず、決して此をあへて試むることをせざるべし。けだしこうけい〈我等の敵の〉は勝たれたる者の如く己を装ひて他方より高慢によりて打倒さんとすることしばしばなればなり〈角闘者を〉。されどもイイススの名を呼ぶに対しては彼れ片時も汝に対し立つて姦悪をていすること能はざらん。

二十五、 慎んで古の「イズライリ」の如く自負に陥るなかれ〈又自己の創思に依頼するなかれ〉。然らずんば汝も心中の敵にわたされん。けだし彼は萬有の神をもてエジプト人より救はれてそののちみづから己のほうじょしゃ――シリヤの偶像を創思したりき。

二十六、 シリヤの偶像とは知るべし我がじんじゃくの智慧をいふなるを、智慧はあくに対してイイスス ハリストスを呼ぶ間はたやすく彼をおひしりぞけて見えざる敵の軍勢をたくみに逃走せしめん、されどもし無智にしてあへて自己に依頼する時はちて打砕かるゝこといはゆる疾翼の鳥の如くなるべし。例へば鳩即ち「トウルマン」の如し、翼を巻て下降するやもし其の翼を張るの間に合はざるあらば全く飛びはづして地下に落ち打たれて砕け死するに至らん。言ふあり曰く『我が心主を頼むに主は我を助けたり我が肉は花咲けり』〔聖詠二十七の七〕又言ふあり主のほか『誰か我が為めにちて悪者を攻めんや、はた誰か我が為めにちて不法を行ふ者を攻めんや』〔聖詠九十三の十六〕――無数の思念を攻めんやと。自己を頼みて神を頼まざる者はもっとも驚くべきついによりて堕落せん。

二十七、 れ心の静黙を得るの方法と其の順序とは左の如し、もし汝は作戦せんさいわひに且當然に〉と欲せば小動物即ちくもは此事に於て汝の為に模範となるべし。彼は小なる者即ちはえを捉へてこれを殺す、されば汝も彼と同じく〈己がちゅもうに坐し〉自己のたましひに於て耐苦して静黙を守る時はワビロンを常に撃殺してむなかるべし、其のこれを撃殺すが為めには聖神はダウィドによりて汝にさいわひせん〔聖詠三十六の九〕されどもし汝に此れ無くんば汝は未だ智識にて當然に静黙せざるなり。

二十八、 紅海は天のきゅうそうせいしゅくの間に現るゝ能はざるが如く又地を行く所の人はここの空気を呼吸せざる能はざるが如く我等もイイスス ハリストスの名をしばしば呼ばずして己の心を欲念より清め心中の敵を逐ふこと能はざるなり。

二十九、 もし汝は謙遜なる智慧と死の記憶と自ら己を責むることと抵抗すること〈思念と〉イイスス ハリストスを呼ぶこととを常に己の心に存し且此等の武器をもて思想のみち即ちさくしょうにはあれどもよろこびを生ずべき所の愉快なるみちを日々穏當に過ぐるあらば諸聖人の聖なる直覚に入りハリストスより深奥なる秘義を知るの智慧にて照らされん、言ふあり曰く『智慧と智識のたくわへはすべてハリストスかくる』〔コロス二の三〕『神の充足せる徳は悉く形をなしてハリストスに住めり』〔おなじく九〕。けだし汝はイイススによりて汝の霊に聖神の降るを感ずべくして人の智識は聖神に照され露面をもて見ん〈主のさかえを〉コリンフ後書三の十八〕。使徒いへらく『聖神に感ぜざれば誰もイイススを主といふこと能はず』〔コリンフ前書十二の三〕聖神は主を尋ぬる者をして奥密に確信せしむるなり〈其事の真実なることを〉

三十、 学を好む者は左の事をも知るべし、悪なるまきたたかひの為めに大なる益あると智慧を増すと神に上昇するとの故により我等をねたみつつ此の心中のたたかひをしばしば我等に隠し又はこれをむるなり、これ我等魔鬼よりきたるべき攻撃のあやうきを忘れてねんせざる時に乗じにはかに我等の心を奪ひ〈妄想によりて〉我等をして再び心に注意せざるの怠慢者とならしめんが為なり。けだし彼等に於て唯一の目的と掛念と苦心は他にあらず我等自己に注意するによりいかなる富を心中に集むべきを知り我等が心をして己に注意するを得しめざるにあるなり。然れども我等は其時にたたかひのやむ時に〉殊に我が主イイスス ハリストスを記憶すると共に霊神上の黙想をますます拡張せん、さらばたたかひは再び智識に臨み来らん、ただ我れいふ主の教訓により又大なる謙遜をもてすべてを為すあるべし。

三十一、 我等は会住をなし自ら甘んずる願意と預備したる心とをもて長老に対しすべての我意を絶つべし、さらば神の助けにより自ら従順なる者となり不自由なる者の如くなるを得ん。此の時我等は百方工夫を凝らして激怒の為めにみだされざらんことと無智なる且不理なる発怒を許さざらんことを要す、然らずんば霊神上のたたかひの時に我等は無気力なるもの〈勇気を奪はれたるもの〉となるべきによる。けだし我が意はもし自から甘んじてこれを絶たずんばすべてしひ〈我等ののぞみに反して〉これを絶たんと試むる所のものに対して常に激しやすければなり、此れが為めに動かされたるいかりあたかも悪盗の如くおほいに労してわづかに得たる所の作戦の熟識をほろぼさん。いかりは本来破壊的なり。もし彼はまきの念慮に対して動かさるゝ時はそを害し且ほろぼさん、されどももし人々に対して激さるゝあらば此の場合に於ては我等の善なる思念をめつすべし。かくの如くなればいかりは諸種の思念の為め、即ち其の悪なるとた或は正しきとに論なくこれが為めに破壊的としてあらはるゝことあきらかなり。彼は武器として又弓として神より我等に賜はりしものなるによりもし其の己が天分より離れずんば武器たるべく又弓たるべし。されどももし其の天分に適合せずして行為するある時は破壊者たるなり。他時勇猛にして狼に突進したりし犬のかへつて羊をさきころすを我れ見しことありき。

三十二、 されば無遠慮〈他人との交際をつつしまざるほうを避くることは毒蛇の毒の如くなるべく頻繁の会談に遠ざかることはまむしの類の如くなるべし、何となればこれ我等をしてもっともすみやかに内部のたたかひの事を全く忘るゝに至らしむべく其の霊魂を心の清きによりて達し得る所の喜ばしき高処より下界に引落すべければなり。のろふべき遺忘より不注意を来すべく不注意よりけいこつにする〈霊神上生活の順序を〉と退屈する〈其れに退屈する〉と不相當の願とを生ずべし、かくてた再びあとに戻ること『其の吐く所のものを食ふ犬』の如くならん〔ペートル後書二の二十二〕。されば放恣を避くることは死すべき毒の如くせん、而して遺忘の有害なる得物とあはせてこれより生ずる所のものとは智識を極めて厳に守ると我等が主イイスス ハリストスを呼ぶとによりてこれを療せん、けだしイイススなくんば我等は『何も行ふこと』能はざればなり〔イオアン十三の五〕。

三十三、 蛇と交親するの俗はあらじこれを己が懐に抱くことは能はざらん、かくの如く肉体も其の必ず要用なるものを達せしむるのほか種々にこれをちょうし且愛してこれを悦ばすこと能はざるなり、されば其の要用を達せしむると共に天上道徳の事を心に懸くべし。けだし彼れ〈蛇〉は其の天性に於て留め置かるべきものにあらず其のあたためし所の者をさざらんが為なり、然して此れ〈体〉も亦其の好色の挙動をもて其意を悦ばす者を汚さざらんが為なり。身体が何に於てか罪を犯すある時は容赦なくこれをべんたつしてきずを見るに至ることなほ罪を行ひて逃亡したる僕の如くすべし、さらば願くは彼は其の己を罰すべき主人〈智識〉のあるを知らん願くは酒家に於て酒に酔ふが如く〈肉慾に〉酔ふを尋ねざらん願くは此の腐敗したる僕、即ちじんかいは腐敗せざる自己の女王〈霊魂〉あるを知らざる無らん。自己のるに及ぶ迄己の肉を信用するなかれ。使徒いへらく『肉の慾は霊にさかふ』〔ガラティヤ五の十七〕又『肉に居る者は神の心に適ふ能はず我等は肉に在らずして霊にあり』〔ローマ八の八、九〕。

三十四、 善智の行とは我が憤激の力を常に内部のたたかひに接すると自ら己を責むるとにむかつて動かしむること是なり、そうけいの行とは我が思想の力を厳重にして間断なき清醒につくさしむること是なり、正義の行とは希望の力を徳行と神とに向はしむること是なり、剛勇の行とは五官をして我が内部の人即ち心も、外部の人即ち体も汚さざらしめんやうに五官を制御主治すること是なり。

三十五、 『其の威厳はイズライリの上にあり』即ち出来るだけ神の光榮の美を見る所の智識の上にあり、『其の能力は雲にあり』〔聖詠六十七の三十五〕即ち朝に其眼を父の右に坐する者に注ぐ所のさんらんたる霊魂にあり、彼れが霊魂を照らすは恰も太陽の光線にて清き雲を照すが如くして霊魂をもっとも愛すべきものとならしむるなり。

三十六、 聖書にいふ『一人の罪を犯すはあまたの善事をそこなふ』〔傳道書九の十八〕されば智識は罪を犯して前章に書せる所のもの即ち此の天上の食と飲とをそこなふなり。

三十七、 我等はサムソンよりも力あらずソロモンよりも智ならず神のダウィドよりもたつならず、我等は長坐たるペートルよりもなほ多く神を愛さず。されば願くは我等は己を頼まざらん、聖書にいふあり己を頼む者は驚くべき墜堕によりて堕落せんと。

三十八、 我等は温柔をハリストスより、謙遜をダウィドより学ばん、又遭遇すべき所の堕落の為めに痛哭することをペートルより学ばん、さりながら絶望せざることはサムソン イウダ及び大なる智者ソロモンの如くせん。

三十九、 『悪魔はほえししの如くへんこうして其の軍勢と共にどんぜいすべき所の者を尋ぬ』〔ペートル前五の八〕。さればねがはくはしんじつなる注意と清醒と抵抗〈思念に〉と我等が神ハリストス イイススおけるの祈祷とは永く我等にゆるなからんことを。けだしイイススの助けのほかに更に善き助けは汝の生涯中に汝に来らざるべければなり、何となればただ彼れ独り主は神としてまきあくけいへんこう及びきさを知るによる。

四十、 故に霊魂はあへハリストスを望むべく、ハリストスを呼ぶべく決しておそるゝことなかるべし、けだし独りただ霊魂のみ呼ぶにあらずしておそるべき王イイスス ハリストスすべて形あると形なきと見ゆると見えざるあらゆる者の造物主と共に呼べばなり。