盗まれた細菌とその他の事件/アヴ天文台にて

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ボルネオ島のアヴにある天文台は山の頂上にあります。北側には古いクレーターがあり、夜になると底知れぬ空の青さを背景に黒く浮かび上がります。キノコ型のドームを持つ小さな円形の建物からは、その下にある熱帯林の黒い神秘に向かって斜面が急に落ち込んでいる。観測者と助手が住んでいる小さな家は、天文台から50ヤードほど離れたところにあり、その先には彼らに付き添う先住民の小屋があります。

主任観測者のサディは微熱で倒れていた。助手のウッドハウスは熱帯夜に思いを馳せてから一人で夜警を始めた。夜はとても静かだった。時折、先住民の小屋から声や笑い声が聞こえてきたり、神秘的な森の中から奇妙な動物の鳴き声が聞こえてきたりする。夜行性の昆虫が幽霊のように闇の中から現れ、彼の灯りの周りを飛び回っていた。博物学者にとって、ボルネオ島の原生林は、奇妙な疑問や半信半疑の発見に満ちたワンダーランドなのだ。ウッドハウスは小さなランタンを手に持っていたが、その黄色い光は、ラベンダーブルーと黒の間の無限の色調で描かれた風景と鮮やかなコントラストをなしていた。手や顔には蚊よけの軟膏が塗られていた。

天体写真が普及した現代でも、仮設で、しかも望遠鏡以外の最も原始的な装置を使って行う作業は、非常に多くの窮屈で動かない監視を伴うものである。彼は目の前の肉体的な疲労を思い浮かべてため息をつき、体を伸ばして天文台に入った。

天文台の構造については、読者の皆さんもよくご存知のことと思う。通常、建物は円筒形で、非常に軽い半球状の屋根がついており、内部から回転させることができる。望遠鏡は中央の石柱に支えられており、地球の自転を補うための時計仕掛けで、一度見つけた星を継続して観測できるようになっている。また、支柱の周りには、天文学者が望遠鏡を調整するための車輪やネジがコンパクトに配置されている。もちろん、可動式の屋根にはスリットがあり、望遠鏡の目が天空を観察するときに追随する。観測者は傾斜した木製の台に座ったり寝転んだりするが、望遠鏡の位置に合わせて天文台のどの場所にでも移動できる。天文台の中は、星の輝きを増すために、できるだけ暗くしておくことが望ましい。

ウッドハウス氏が円形の書斎に入るとランタンが光り、全体の暗さは大きな機械の後ろに黒い影となって逃げていったが、光が弱まると再び全体に忍び寄ってくるようだった。スリットは深みのある透明な青で、その中に6つの星が熱帯性の輝きを放っており、その光は装置の黒いチューブに沿って青白い輝きを放っていた。ウッドハウスは屋根を移動させると、望遠鏡に向かって車輪を次々と回し、大きな円筒をゆっくりと動かして新しい位置に移動させた。続いて、付属の小さな望遠鏡であるファインダーを覗き、さらに屋根を動かして調整を行い、時計を動かした。夜はとても暑かったので、彼は上着を脱ぎ、これからの4時間を過ごすことになる居心地の悪いシートを押し込んだ。そして、ため息をつきながら、宇宙の神秘を見るための時計に身を委ねるのであった。

天文台には何の音もなく、ランタンの灯りがどんどん消えていきます。外では時折、動物の警戒心や痛み、仲間を呼ぶ声、マレー人やダイアック人の使用人の声が断続的に聞こえてくる。やがて一人の男が奇妙な詠唱を始め、他の男たちもそれに合流していく。この後、彼らは夜を明かしたようで、彼らの方角からはそれ以上の音が聞こえなくなり、ささやき声のような静けさがますます深まっていった。

時計の針は着実に動いている。蚊の甲高い鳴き声がこの場所を探り、ウッドハウスの軟膏に憤慨してさらに甲高くなった。そしてランタンが消え、天文台が真っ暗になった。

ウッドハウスは、望遠鏡のゆっくりとした動きが快適さの限界を超えたところで、自分の位置を変えた。

ウッドハウスは天の川の小さな星々を見ていたが、その中の1つに顕著な色の変化を見たか、見た気がしていた。それは、この施設が存在する通常の仕事の一部ではなく、そのためにウッドハウスは深く興味を持ったのかもしれない。彼は地球上のことを忘れていたに違いない。彼の関心は、望遠鏡の視野に広がる大きな青い円に集中していた。その円には無数の星がちりばめられているように見え、そのすべてが夕暮れの黒に映えていた。眺めているうちに、自分も宇宙のエーテルの中に浮かんでいるような、無体になったような気がした。彼が観察しているかすかな赤い点は、限りなく遠くにあった。

突然、星が見えなくなった。一瞬の黒光りの後、再び星が見えてきた。

「奇妙だな」ウッドハウスは言った。「鳥に違いない。」

同じことが再び起こり、その後、大きな管が殴られたように震えた。続いて、天文台のドームに雷鳴のような打撃音が響き渡りた。留め金を外した望遠鏡が屋根の切れ目からぐるぐる回って離れていくので、星々が一掃されたように見えた。

ウッドハウスは「グレート・スコット!」と叫んだ。「これは何だろう?」

翼のようなものを羽ばたかせた巨大な黒い物体が、屋根の開口部でもがいているようだった。暫くするとスリットは元通りになり、天の川の光の霞が暖かく明るく輝いていた。

屋根の中は真っ暗で、こすれるような音だけが未知の生物の居場所を示している。

ウッドハウスはシートから這い上がってきた。彼は突然の出来事に激しく震え、汗をかいていた。それが何であれ、その物体は中にあるのか、外にあるのか。それが何であれ、大きかった。天窓から何かが飛び込んできて、望遠鏡が揺れた。思わず腕を上げてしまった。天文台の中には彼と一緒にそれがいたのである。それは明らかに屋根にしがみついていた。いったい何なのだろう?彼の姿は見えているのだろうか?

彼は1分ほど呆然としていた。それが何であれ、その獣はドームの内部を引っ掻き回し、何かが彼の顔にぶつかりそうになり、油を塗った革のような皮膚に一瞬星の光が当たったのを見た。彼の水筒は、彼の小さなテーブルから叩き落とされた。

暗闇の中、顔から数ヤードのところに奇妙な鳥のような生き物が浮かんでいるという感覚は、ウッドハウスにとって何とも言えない不快感だった。思考が戻ると、それは夜鳥か大きなコウモリに違いないという結論に達した。そして、ポケットからマッチを取り出し、望遠鏡の座面に当ててみた。燐光の煙のような光の筋が見え、マッチが一瞬燃え上がり、大きな翼が自分に向かって飛んでくるのが見え、灰褐色の毛が輝いた。その一撃は彼のこめかみを狙っており、爪が彼の頬を横に引き裂いていた。彼はよろめいて倒れ、消えたランタンが砕ける音がした。倒れている間に、もう一撃が加わった。茫然自失となった彼は、自分の顔に温かい血が流れ出るのを感じた。本能的に、目を打たれたと感じた彼は、目を守ろうとうつぶせになり、望遠鏡の保護の下に這い込もうとした。

しかし、再び背中を打たれ、上着が破れる音がしたかと思うと、今度は天文台の屋根にぶつかってしまった。彼は、木のシートと望遠鏡の間にできるだけ入り込み、体を回転させて、主に足を露出させた。蹴ることはできた。彼はまだ不思議な状態であった。奇妙な獣は、暗闇の中でガタガタと音を立て、やがて望遠鏡にしがみついて、望遠鏡を揺らし、歯車をガタガタさせた。狂ったように蹴り出すと、柔らかい体が足に伝わってきたのだ。彼は今、ひどく怯えていた。望遠鏡をあんなに揺らすのは大変なことに違いない。彼は一瞬、星明かりに照らされた黒い頭の輪郭を見た。鋭く尖った耳とその間にある紋章。それはマスティフのような大きさに見えた。そして、彼は大声で助けを求めた。

その時、物体は再び彼の上に降りてきた。その時、彼の手が床の上の何かに触れた。彼が蹴り出すと、次の瞬間、彼の足首は鋭い歯の列に掴まれ、保持された。彼は再び叫んで、もう片方の足で蹴って足を自由にしようとした。暗闇の中で足元を探ると、大きな猫の耳のようなビロードのような耳をつかんだ。彼は水瓶の首を掴み、奇妙な獣の頭の上に震えるような音を立てて落とした。彼はその一撃を繰り返し、顔があると思われる暗闇の中で、そのギザギザした端で突き刺し、突き刺した。

小さな歯が力を抜くと、ウッドハウスはすぐに足を離して強く蹴った。毛皮と骨が靴の下に入り込む嫌な感触がした。腕が引き裂かれるように噛まれ、その上から顔だと判断して殴ったところ、湿った毛皮に当たった。

しばらくして、爪の音が聞こえ、重い体が展望台の床を引きずられる音がした。その後、静寂が訪れ、自分のすすり泣くような息遣いと、舐めるような音だけが聞こえてきた。青い天窓の平行四辺形と星の光の塵、そこに望遠鏡の先端がシルエットで浮かび上がっている以外は、すべてが真っ黒だった。彼は延々と待っていたようだ。

何かがまた始まったのだろうか?彼はズボンのポケットにマッチを入れて、1本だけ残っているのを見つけた。しかし、床が濡れていたため、マッチは吐き出されて消えてしまった。彼は呪った。扉がどこにあるのか分からない。彼は自分の位置を見失っていた。奇妙な獣は、マッチの音に邪魔されて、再び動き出した。「時間だ!」とウッドハウスは急に笑い出したが、その獣は再び彼に向かってくることはなかった。割れた瓶で傷つけてしまったに違いないと思った。彼は足首に鈍い痛みを感じた。おそらくそこから出血しているのだろう。立ち上がろうとしても、足首が支えてくれるだろうかと考えた。外の夜はとても静かだった。誰かが動く音もしない。眠っている愚か者たちは、ドームを叩く翼の音も、彼の叫び声も聞こえなかった。叫んでも無駄な力になってしまう。怪物が羽ばたいたので、彼は驚いて防御の姿勢をとった。彼は肘をシートにぶつけ、シートは音を立てて倒れた。彼はこれを呪ったが、次に暗闇を呪った。

突然、長方形の星の光がゆらゆらと揺れているように見えた。気絶しそうだった。気絶してはいけないのだ。拳を握りしめ、歯を食いしばって体を支えた。扉はどこに行ったのだろう。ふと、天窓から見える星で方向を知ることができるのではないかと思いついた。彼が見た星の帯は射手座で東南方向、ドアは北......いや、西北方向だったか。彼は考えてみた。扉を開けることができれば退却できるかもしれない。怪我をしているのかもしれない。獣のような緊張感だった。"彼は言った 「ここを見ろ!」 「もしお前が来ないなら、私がお前を襲う」

そして、その物体は天文台の側面をよじ登り始め、その黒い輪郭が天窓を徐々に消していくのが見えた。撤退したのだろうか?扉のことは忘れて、ドームがずれたり、きしんだりするのを見ていた。なぜか今はあまり怖くないし、興奮もしていません。不思議な沈み込みの感覚が体の中にあった。輪郭のはっきりした光の帯と、その上を移動する黒い形が、どんどん小さくなっていくように見えた。これは不思議だ。喉の渇きを感じ始めたが、何かを飲もうという気にはならなかった。長い漏斗の中を滑っているようだ。

喉が焼けるような感覚に襲われ、白昼であること、そしてダイアック人の使用人の一人が不思議そうな表情で自分を見ていることに気がついた。そして、そこにはサディの顔の上部が逆さまになっていた。あんなことをするなんて、サディは面白い奴だな そして彼は状況をよく理解し、自分の頭がサディの膝の上にあり、サディが彼にブランデーを与えていることを認識した。そして、望遠鏡の接眼レンズには、たくさんの赤いシミがついているのを見たのです。彼は思い出し始めた。

「天文台を汚しやがって」とサディは言った。

ダイアックの少年はブランデーで卵を叩いていた。ウッドハウスはこれを飲んで体を起こした。ウッドハウスはこれを飲んで体を起こすと、鋭い痛みを感じた。足首はもちろん、腕や顔の横も縛られていた。砕かれたガラスは赤く染まり、望遠鏡のシートはひっくり返され、反対側の壁には暗い水たまりがあった。扉が開いていて、青空を背景にした灰色の山頂が見えた。

ウッドハウスは「パァー!」と言った。「誰がここで子牛を殺していたんだ?邪魔しないでくれ。」

そして、彼はシングとの戦いを思い出した。

「何だったんだ?」彼はサディに言った 「俺が戦ったシングは?」

「それは君が一番よく知っているだろう」とサディは言った。「だが、とにかく、今はそのことで心配するな。もっと飲めよ。」

しかし、サディは好奇心旺盛で、ウッドハウスがきちんとベッドに入って、サディが推奨する大量の肉エキスを摂取して眠るまで、ウッドハウスを黙らせるのは、義務と気持の間での苦しい闘いだった。その後、2人で話し合った。

ウッドハウスは「あれは、世界の何よりも大きなコウモリに似ていた。耳は鋭くて短く、毛は柔らかく、翼は皮のようになっていた。歯は小さく、しかし悪魔のように鋭く、その顎はあまり強くなかったはずで、さもなければ私の足首を噛み切っていただろう。」

「ほとんどそうだ」とサディは言った。

「私には、その爪でかなり自由に攻撃しているように見えた。私がこの獣について知っているのは、これくらいです。私たちの会話は、いわば親密なもので、しかも秘密ではなかった。」

「ダイアク族の子供たちは、大きなコルゴ、クラン・ウタン(Klang-utang)、それが何であろうと話している。人間を襲うことはあまりありませんが、あなたがそれを不安にさせたのでしょう。大きなコルゴと小さなコルゴ、それにゴブルのような音のする何かがあるという。彼らは皆、夜になると飛び回ります。私自身は、この辺りにオオコウモリやオオキツネがいることを知っているが、どれもそれほど大きな動物ではありません。」

「天地にはもっと多くのものがある」とウッドハウスが言うと、サディはその引用に唸った。「特にボルネオ島の森には、我々の哲学で夢見ている以上のものがある。全体として、もしボルネオの動物たちがこれ以上私に新しいものを見せてくれるというのなら、私が夜に天文台で一人で作業をしていないときにしてほしいものだ。」

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。