白骨の御文(通仏教版)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

それ人間の浮生ふしょうなる相をつらつら観ずるに、

おほよそ儚きものは、この世の始中終しちゅうじゅう、幻のごとくなる一期なり。

されば、いまだ万歳まんざい人身にんじんを受けたりといふことを聞かず。

一生過ぎやすし。今に至りて、誰か百年の形体ぎょうたいを保つべきや。

我や先、人やさき、今日とも知らず、あすとも知らず、

遅れ先立つ人はもとのしずく、末の露よりも繁しと言へり。

さればあしたには紅顔ありて、ゆふべには白骨となれる身なり。

すでに無常の風、来たりぬれば、

すなはち、二つのまなこたちまちに閉ぢ、

ひとつの息、永く絶えぬれば、

紅顔むなしく変じて桃李のよそほひを失いぬるときは、

六親眷属あつまりて嘆き悲しめども、更にその甲斐あるべからず。

さてしもあるべきことならねばとて、

野外に送りて夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。

あはれといふも中々おろかなり。

されば人間のはかなきことは老少不定のさかひなれば、

誰の人も早く後生の一大事を心にかけて、

三宝を深くたのみまゐらせて、

仏道を行ずべきものなり。

あなかしこ。あなかしこ。


※後半部の「三宝を・・・行ずべきものなり」を改変
原文は「阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、念仏まうすべきものなり」
一部かなづかいを改めた

参考:東京大学仏教青年会 編集「仏教聖典 増補版」、三省堂

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。