白秋詩集

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

地雷爆発[編集]

 ここチンタオのかたほとり、
 小春日和の日はうらら、
 向うに見ゆるはイルチス砲台、
 ドンドン、パチパチ、日本と独逸の
 いくさごっこのまっさいちゅう


 折しもあれや、右手の方から大男の張三、
 村からのらへとふうらりしょ、
 うでの中には馬の糞籠、肩に鍬、
 出てまゐったがたうきびはたけ
 左の方からこれも同じくふとっちょの李四、
 鋤をかついで、ふうらりしょ、
 やってまゐったであひがしら。
チーフワンラメユー
チーラチーラ
 一人がやっとここらさと籠を下ろせば
 一人がほいきたどっこいとまた鋤下ろし、
 ちちんぷんぷん、立ちばなし。

とっつぁんコンティンのら出る、だいじないか。』
だいじない。テイテイ長持に入れる、娘かくす、そおれ、豚
 仏壇へ押し込むな、大事ない。』
トンヤンピン、なかなかすけべいある、賽盗む、人殺す、平気あ
 る。』
『プウ、トンヤンタアジン仁義ある。をなご犯すないよろしいか。』
トンヤンピン仁義、テイテイ長持入れる、おまへそれたいさんをかし
 いあるないか。』
『プウ、それトンヤンタアジンない、たいこくじんする事ある。』
さやうあるか、娘汚される、井戸はまる、赤子かれる、
 それ皆たいこくじんあるか。』
『プウ、それ云ふ、ポコペンある。張三。』
『ハッハッハ、トンヤンタアジン仁義ある。赤髯助平、ペケペケ。』
『ハッハッハ。』
『ハッハッハ。』


『張三、そののち、しごと繁昌あるか。』
『なかなか、馬の糞拾ふ、これなかなかやっとこある。
 畑荒される、たうきびもがれる、大根引っこぬく、そらまめ
 むちゃくちゃ、弱るあるぞ、全く。』
さやうあるな。なんきんまめきのふ蒔いた、よろしいか、やっ
 と実がつく、踏みにじる、みなペケ、けふ蒔く、あした
 またペケ。』
『お芋、人参みなペケあるか。』
『みんなペケペケ、人参大砲のたまぽんとあたる、名誉の
 戦死ある。ハッハ。』
『ハッハ、トンヤンピンみな人参ある。』
『ハッハッハ。』
『ハッハッハ。』


 呑気千万、たうきびはたけの真ん中で、
 悠々寛々、何処を風が吹くと云ったふう
 馬の糞籠に蝿がいっぱいいたからうと、
 あたまの上にとんぼが留って輪姦しやうと知らぬ顔。
 向うの空ではドンドン、バチバチ。
 人殺しのたまが飛ぶ。


それはさておき、李四、おまへけふはたけ鋤くあるか。』
しかたない、また鋤く、南京豆植ゑる。みんなペケペケ、
 よろしい仕方ない。』
『仕方ない、そればからしい事ある。めるよろしい。』
『プウ、める、それたいさん困ることある。南京豆わたし
 の命ある、南京豆一日食べぬよろしいか、お腹ペコペ
 コ、私死ぬ、テイテイ死ぬ、娘死ぬ、それトンヤンピンみなどろ
 ぼうする、ペケペケ。』
トンヤンピンわるい、それ云ふポコペンある、戦争わるい、
 仕方ない、おまへ畑鋤く、私一緒に鋤く、おまへ安心するよろ
 しい。』
おまへ、畑鋤いてくれるあるか、それ本当か、トウシャ〳〵。』
『畑鋤く、おやぢ何でもない、それよしか。』
 と二人がのろくさ、鍬を取るかと思へばなんのこと。
『張三、一寸待つよろしい、私シャウビンするある。』
『ホウ、李四、シャウビンするあるか、私もシャウビンするある、待
 つよろしい。』
『ハッハッハ。』
『ハッハッハ。』


 一人がのそのそはたけすみこについ立てば、
 一人がまたいて行っては立ちばなし。
 ゆったりとぼたんはづす手もあとやさき。
コンティンハオティンキウ
ヘンハオヘンハオ
『いいながめあるな、ホウレ、飛行機が飛んでゆくことあ
 る。』
『ホウ、あれ飛行機あるか。』
 うっかりぽんと大男空を見あげて小便すれば、
 一人も遠い谷間のもみぢ見ながら小便すれば、
 向うの砲台、こちらの砲台、
 ドンドンパチパチ、火のいくさ


 小便すんだらまた畑。
『豆よ、豆、豆、畑の豆よ、
 南京豆、豆、豆、
 豆蒔け、豆を。』と一人がはやせば、
『豆よ、豆、豆、畑の豆よ、
 南京豆、豆、豆、
 豆蒔きや、トンヤンピンが、
 ぴょいと出てほぢくる。』リイヤが踊る。
『豆よ、豆、豆、畑の豆よ、
 南京豆、豆、豆、
 三度に一度は、
 食べなきゃペコペコ、
 いのちものだね、南京豆、豆、豆。』


 二人そろうて畑を廻り、
 唄をうたうたり、転がって見たり、
 何処までまぬけか、はうづが知れない。
 そこで二人が、手ばなをかんで、
 足でけあげて、ぽんと手で受けて、
 長いとんびをくるくるあたまに巻きつけて、
 それからうはぎをおぬぎになり、
 りやうてにペッペとつばきを吹きかけ、
 やっとこどっこい、
 また、豆、豆、豆、
 南京豆、豆、豆。


 やっとこらさと鍬おっ取って、
 さあていよいよほんしごと
 張三、よしか、
 李四よ、ほいきた、
 一心不乱に向きあって、
 えいや、はっしとおがみ打ち。
 鍬がかちりと地をうつや否や、
 轟然、爆然、だいぐれん
 天地一面、濛々くわいくわい、
 鋤鍬ばらばら、馬の糞ばらばら、
 豆、豆、豆、豆、
 南京豆どころか、
 人間二人がめっちゃくちゃ、
 飛んでしまへば空はうらうら、日はのどか。


 ここチンタオのかたほとり、
 小春日和の日はうらら、
 向うに霞むはイルチス砲台、
 ドンドンパチパチ、日本と独逸の
 人殺しごっこのまっさいちゅう

この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。