白氏詩巻

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

 八月十五夜同諸客翫月
月好共傳唯此夜境閑
皆道是東都嵩山表
裏千重雪洛水高低
兩顆珠清景難逢宜
愛惜白頭歡娛誠知
亦有來年會保得清
明強健無
□李侍郎
 送兗州崔大夫駙馬赴
  鎮
戚里誇為賢駙馬儒
家認作好詩人魯侯不
得孤風景沂水年〻
有暮春
 晩上天津橋閑望偶逢盧
 郎中張員外携酒同飲
上陽宮裏曉鍾後天津
橋頭殘月前空闊境疑
非下界飄颻身似在寥
天星河隱映初生日樓
閣蔥籠半出烟此處相
逢傾一酌始知地上有
神仙
 夜宴醉後留獻裴侍中
九燭臺前十二妹主人留醉
任歡娛飄颻舞袖雙花蝶
宛轉歌聲一索珠坐久欲
醒還酩酊夜深臨散更
踟躕南山賓客東山妓
此會人間曾有無
 和韋庶子遠方赴宴未
  夜先歸之作兼呈裴
  員外
促席留觀日未曛遠
坊思歸已紛〻無妨接
轡行乘月何必逃盃走
似雲銀燭忍抛楊柳曲
金鞍潛送石搖裙到
時常晚歸時早笑樂三
分挍一分
 集賢池答侍中客問
主人晚入皇城宿問客
徘徊何所須池月幸
閑無用處今宵能
借客遊無
 和河南鄭尹新歲
  對雪
白雪吟時鈴閣開故
情新興兩徘徊昔
經勤苦照書卷今助
歡娛飄酒盃楚客
難詶郢中曲吳公兼
占洛陽才銅街金
谷春知否又有詩人
作尹來
 即事重題
重裘煖帽寬氈
履小閣低窗深
地爐身穩心安
眠未起西京期
士得知無

       九枚
長和
寛仁二年八月廿一日書
 之以經師筆
 點畫失所來者
 不可咲〻〻〻
九枚
正二位權中納言侍従年四十七
 保延六年【庚申】十月廿二日【癸巳/辰刻】物売
 女白蓬門入來賣手本二巻
 【一巻野道風屏風土代/一巻此本】見一定之由賜價
 直【■/■】女人太成悦氣即以退出
        宮内權大輔定信本也
件女人宅自鹽小路北自町尻西町尻面之辻内
有在俗經師云々件經師之妻也
九枚【四韻詩五首/絶句三首】

参考文献[編集]

  • 『日本名筆選 40:藤原行成集[白氏詩巻・本能寺切]』二玄社

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。