「土佐日記 (國文大觀)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{other versions|土佐日記}}
{{header
| title = 土佐日記 (国文大)
| section = 国文大編 日記草子部
| year = 935
| 年 = 承平五
| previous =
| next =
| notes = {{Textquality|50%}} {{Edition}}}}
}}
<pages index="Kokubun taikan 09 part1.djvu" from="6" to="26"/>
 
{{PD-old-50-1923|deathyear=1935}}
土佐日記
 
男もすなる日記といふものを、女もしてみむとてするなり。それの年(承平四年)のしはすの二十日あまり一日の戌の時に門出す。そのよしいさゝかものにかきつく。ある人縣の四年五年はてゝ例のことゞも皆しをへて、解由など取りて住むたちより出でゝ船に乗るべき所へわたる。かれこれ知る知らぬおくりす。年ごろよ具しつる人々(共イ)なむわかれ難く思ひてその日頻にとかくしつゝのゝしるうちに夜更けぬ。
 
廿二日(にイ有)、和泉の国までとたひらかにねがひたつ。藤原の言実船路なれど馬の餞す。上中下ながら酔ひ過ぎていと怪しくしほ海のほとりにてあざれあへり。
 
廿三日、八木の康教といふ人あり。この人国に必ずしもいひつかふ者にもあらざる(二字ずイ)なり。これぞ正しきやうにて馬の餞したる。かみがらにやあらむ、国人の心の常として今はとて見えざなるを心あるものは恥ぢずき(ぞイ)なむきける。これは物によりて誉むるにしもあらず。
 
廿四日、講師馬の餞しに出でませり。ありとある上下童まで酔ひしれて、一文字をだに知らぬものしが、足は十文字に踏みてぞ遊ぶ。
 
廿五日、守のたちより呼びに文もて来れり。呼ばれて至りて日ひとひ夜ひとよとかく遊ぶやうにて明けにけり。
 
廿六日、なほ守のたちにてあるじしのゝしりてをのこらまでに物かづけたり。からうた声あげていひけり。やまとうた、あるじもまらうどもこと人もいひあへりけり。からうたはこれにはえ書かず。やまとうたあるじの守のよめりける、
 
「都いでゝ君に逢はむとこしものをこしかひもなく別れぬるかな」
 
となむありければ、かへる前の守のよめりける、
 
「しろたへの浪路を遠くゆきかひて我に似べきはたれならなくに」。
 
ことひとびとのもありけれどさかしきもなかるべし。とかくいひて前の守も今のも諸共におりて、今のあるじも前のも手取りかはしてゑひごとに心よげなることして出でにけり。
 
廿七日、大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。かくあるうちに京にて生れたりし女子(子イ無)こゝにて俄にうせにしかば、この頃の出立いそぎを見れど何事もえいはず。京へ帰るに女子のなきのみぞ悲しび恋ふる。ある人々もえ堪へず。この間にある人のかきて出せる歌、
 
「都へとおもふをものゝかなしきはかへらぬ人のあればなりけり」。
 
又、或時には、
 
「あるものと忘れつゝなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける」
 
といひける間に鹿児の崎といふ所に守のはらからまたことひとこれかれ酒なにど持て追ひきて、磯におり居て別れ難きことをいふ。守のたちの人々の中にこの来る人々ぞ心あるやうにはいはれほのめく。かく別れ難くいひて、かの人々の口網ももろもちにてこの海辺にて荷ひいだせる歌、
 
「をしと思ふ人やとまるとあしがものうちむれてこそわれはきにけれ」
 
といひてありければ、いといたく愛でゝ行く人のよめりける、
 
「棹させど底ひもしらぬわたつみのふかきこゝろを君に見るかな」
 
といふ間に楫取ものゝ哀も知らでおのれし酒をくらひつれば、早くいなむとて「潮満ちぬ。風も吹きぬべし」とさわげば船に乗りなむとす。この折にある人々折節につけて、からうたども時に似つかはしき(をイ有)いふ。又ある人西国なれど甲斐歌などいふ。かくうたふに、ふなやかたの塵も散り、空ゆく雲もたゞよひぬとぞいふなる。今宵浦戸にとまる。藤原のとき実、橘の季衡、こと人々追ひきたり。
 
廿八日、浦戸より漕ぎ出でゝ大湊をおふ。この間にはやくの国の守の子山口の千岑、酒よきものどももてきて船に入れたり。ゆくゆく飲みくふ。
 
廿九日、大湊にとまれり。くす師ふりはへて屠蘇白散酒加へてもて來たり。志あるに似たり。
 
元日、なほ同じとまりなり。白散をあるもの夜のまとてふなやかたにさしはさめりければ、風に吹きならさせて海に入れてえ飲まずなりぬ。芋し(もカ)あらめも歯固めもなし。かうやうの物もなき国なり。求めもおかず。唯おしあゆの口をのみぞ吸ふ。このすふ人々の口を押年魚もし思ふやうあらむや。今日は都のみぞ思ひやらるゝ。「九重の門のしりくめ縄のなよしの頭ひゝら木らいかに」とぞいひあへる。
 
二日、なほ大湊にとまれり。講師、物、酒などおこせたり。
 
三日、同じ所なり。もし風浪のしばしと惜む心やあらむ、心もとなし。
 
四日、風吹けばえ出でたゝず。昌連酒よき物たてまつれり。このかうやうの物もて來るひとになほしもえあらでいさゝげわざせさすものもなし。にぎはゝしきやうなれどまくるこゝちす。
 
五日、風浪やまねば猶同じ所にあり。人々絶えずとぶらひにく。
 
六日、きのふのごとし。
 
七日になりぬ。同じ湊にあり。今日は白馬を思へどかひなし。たゞ浪の白きのみぞ見ゆる。かゝる間に人の家(野イ)の池と名ある所より鯉はなくて鮒よりはじめて川のも、海のも、ことものども、ながひつにになひつゞけておこせたり。わかなこに入れて雉など花につけたり(十七字イ無)。若菜ぞ今日をば知らせたる。歌あり。そのうた、
 
「浅茅生の野辺にしあれば水もなき池につみつるわかななりけり」。
 
いとをかしかし。この池といふは所の名なり。よき人の男につきて下りて住みけるなり。この長櫃の物は皆人童までにくれたれば、飽き満ちて舟子どもは腹鼓をうちて海をさへおどろかして浪たてつべし。かくてこの間に事おほかり。けふわりごもたせてきたる人、その名などぞや、今思ひ出でむ。この人歌よまむと思ふ心ありてなりけり。とかくいひいひて浪の立つなることゝ憂へいひて詠める歌、
 
「ゆくさきにたつ白浪の声よりもおくれて泣かむわれやまさらむ」
 
とぞ(ぞイ無)詠める。いと大声なるべし。持てきたる物よりは歌はいかゞあらむ。この歌を此彼あはれがれども一人りも返しせず。しつべき人も交れゝどこれをのみいたがり物をのみくひて夜更けぬ。この歌ぬしなむ「またまからず」といひてたちぬ。ある人の子の童なる密にいふ「まろこの歌の返しせむ」といふ。驚きて「いとをかしきことかな。よみてむやは。詠みつべくばはやいへかし」といふ(にイ有)。「まからずとて立ちぬる人を待ちてよまむ」とて求めけるを、夜更けぬとにやありけむ、やがていにけり。「そもそもいかゞ詠んだる」といぶくしがりて問ふ。この童さすがに恥ぢていはず。強ひて問へばいへるうた、
 
「ゆく人もとまるも袖のなみだ川みぎはのみこそぬれまさりけれ」
 
となむ詠める。かくはいふものか、うつくしければにやあらむ、いと思はずなり。童ごとにては何かはせむ。女翁にをしつべし、悪しくもあれいかにもあれ、たよりあらば遣らむとておかれぬめり。
 
八日、さはる事ありて猶同じ所なり。今宵の月は海にぞ入る。これを見て業平の君の「やまのはにげて入れずもあらなむ」といふ歌なむおもほゆる。もし海辺にてよまゝしかば「浪たちさへて入れずもあらなむ」と詠みてましや。今この歌を思ひ出でゝある人のよめりける、
 
「てる月のながるゝ見ればあまの川いづるみなとは海にざ(ぞあイ)りける」
 
とや。
 
九日、つとめて大湊より那波の泊をおはむとてこぎ出でにけり。これかれ互に国の堺の内はとて見おくりにくる人数多が中に藤原のときざね、橘の季衡、長谷部の行政等なむみたちより出でたうびし日より此所彼所におひくる。この人々ぞ志ある人なりける。この人々の深き志はこの海には劣らざるべし。これより今は漕ぎ離れて往く。これを見送らむとてぞこの人どもは追ひきける。かくて漕ぎ行くまにまに海の辺にとまれる人も遠くなりぬ。船の人も見えずなりぬ。岸にもいふ事あるべし、船にも思ふことあれどかひなし。かゝれどこの歌を独言にしてやみぬ。
 
「おもひやる心は海を渡れどもふみしなければ知らずやあるらむ」。
 
かくて宇多の松原を行き過ぐ。その松の数幾そばく、幾千歳へたりと知らず。もとごとに浪うちよせ枝ごとに鶴ぞ飛びかふ。おもしろしと見るに堪へずして船人のよめる歌、
 
「見渡せば松のうれごとにすむ鶴は千代のどちとぞ思ふべらなる」
 
とや。この歌は所を見るにえまさらず。かくあるを見つゝ漕ぎ行くまにまに、山も海もみなくれ、夜更けて西ひんがしも見えずして、てけのこと楫取の心にまかせつ。男もならはねば(二字ぬはイ)いとも心細し。まして女は船底に頭をつきあてゝねをのみぞなく。かく思へば舟子楫取は船歌うたひて何とも思へらず。そのうたふうたは、
 
「春の野にてぞねをばなく。わが薄にて手をきるきる、つんだる菜を、親やまぼるらむ、姑やくふらむ。かへらや。よんべのうなゐもが。なぜにこはむ。そらごとをして、おぎのりわざをして、ぜにももてこずおのれだにこず」。
 
これならず多かれども(もイ無)書かず。これらを人の笑ふを聞きて、海は荒るれども心は少しなぎぬ。かくゆきくらして泊にいたりて、おきな人ひとり、たうめ一人あるがなかに、心ちあしみしてものも物し給はでひそまりぬ。
 
十日、けふはこの那波の泊にとまりぬ。
 
十一日、暁に船を出して諸津をおふ。人皆まだねたれば海のありやう(二字さまイ)も見えず。唯月を見てぞ西東をば知りける。かゝる間に皆夜明け手あらひ例の事どもして昼になりぬ。いましはねといふ所にきぬ。わかき童この所の名を聞きて「はねといふ所は鳥の羽のやうにやある」といふ。まだ幼き童のことなれば人々笑ふ。時にありける女の童なむこの歌をよめる、
 
「まことにて名に聞く所はねならば飛ぶがごとくにみやこへもがな」
 
とぞいへる。男も女もいかで疾く都へもがなと思ふ心あれば、この歌よしとにはあらねどげにと思ひて人々わすれず。このはねといふ所問ふ童の序に(ぞイ)、又昔の人を思ひ出でゝいづれの時にか忘るゝ。今日はまして母の悲しがらるゝ事は、くだりし時の人の数足らねば、ふるき歌に「数はたらでぞかへるべらなる」といふことを思ひ出でゝ人のよめる、
 
「世の中に思ひや(あイ)れども子を恋ふる思ひにまさる思ひなきかな」
 
といひつゝなむ。
 
十二日、雨降らず。文時、維茂が船のおくれたりし。ならしつより室津に(つイ有)きぬ。
 
十三日の曉にいさゝか小(にイ)い雨ふる。しばしありて止みぬ。男女これかれ、ゆあみなどせむとてあたりのよろしき所におりて行く。海を見やれば、
 
「雲もみな浪とぞ見ゆる海士もがないづれか海と問ひて知るべく」
 
となむ歌よめる。さて十日あまりなれば月おもしろし。船に乗り始めし日より船には紅こくよききぬ着ず。それは海の神に怖ぢてといひて、何の蘆蔭にことづけてほやのつまのいずしすしあはびをぞ心にもあらぬはぎにあげて見せける。
 
十四日、曉より雨降れば同じ所に泊れり。船君せちみす。さうじものなければ午の時より後に楫取の昨日釣りたりし鯛に、銭なければよねをとりかけておちられぬ。かゝる事なほありぬ。楫取又鯛もてきたり。よね酒しばしばくる。楫取けしきあしからず。
 
十五日、今日小豆粥煮ず。口をしくなほ日のあしければゐざるほどにぞ今日廿日あまり経ぬる。徒に日をふれば人々海をながめつゝぞある。めの童のいへる、
 
「立てばたつゐれば又ゐる吹く風と浪とは思ふどちにやあるらむ」。
 
いふかひなきものゝいへるにはいと似つかはし。
 
十六日、風浪やまねば猶同じ所にとまれり。たゞ海に浪なくしていつしかみさきといふ所渡らむとのみなむおもふ。風浪ともにやむべくもあらず。ある人のこの浪立つを見て詠めるうた、
 
「霜だにもおかぬかたぞといふなれど浪の中にはゆきぞ降りける」。
 
さて船に乗りし日よりけふまでに廿日あまり五日になりにけり。
 
十七日、曇れる雲なくなりて曉月夜いとおもしろければ、船を出して漕ぎ行く。このあひだに雲のうへも海の底も同じ如くになむありける。むべも昔のをのこは「棹は穿つ波の上の月を。船は襲ふ海のうちの空を」とはいひけむ。きゝされに聞けるなり。又ある人のよめる歌、
 
「みなそこの月のうへより漕ぐふねの棹にさはるは桂なるら(べイ)し」。
 
これを聞きてある人の又よめる、
 
「かげ見れば浪の底なるひさかたの空こぎわたるわれぞさびしき」。
 
かくいふあひだに夜やうやく明けゆくに、楫取等「黒き雲にはかに出できぬ。風も吹きぬべし。御船返してむ」といひてかへる。このあひだに雨ふりぬ。いとわびし。
 
十八日、猶同じ所にあり。海あらければ船いださず。この泊遠く見れども近く見れどもいとおもしろし。かゝれども苦しければ何事もおもほえず。男どちは心やりにやあらむ、からうたなどいふべし。船もいださでいたづらなればある人の詠める、
 
「いそぶりの寄する磯には年月をいつとも分かぬ雪のみぞふる」
 
この歌は常にせぬ人のごとなり。又人のよめる、
 
「風による浪のいそにはうぐひすも春もえしらぬ花のみぞ咲く」。
 
この歌どもを少しよろしと聞きて、船のをさしける翁、月頃の苦しき心やりに詠める、
 
「立つなみを雪か花かと吹く風ぞよせつゝ人をはかるべらなる」。
 
この歌どもを人の何かといふを、ある人の又聞きふけりて詠める。その歌よめるもじ三十文字あまり七文字、人皆えあらで笑ふやうなり。歌ぬしいと気色あしくてえず。まねべどもえまねばず。書けりともえ読みあへがたかるべし。今日だにいひ難し。まして後にはいかならむ。
 
十九日、日あしければ船いださず。
 
二十日、昨日のやうなれば船いださず。皆人々憂へ歎く。苦しく心もとなければ、唯日の経ぬる数を、今日いくか、二十日、三十日と数ふれば、およびもそこなはれぬべし。いとわびし。夜はいも寝ず。二十日の夜月出でにけり。山のはもなくて海の中よりぞ出でくる。かうやうなるを見てや、むかし安倍の仲麻呂といひける人は、もろこしに渡りて帰りきける時に、船に乗るべき所にて、かの国人馬の餞し、わかれ惜みて、かしこのからうた作りなどしける。あかずやありけむ、二十日の夜の月出づるまでぞありける。その月は海よりぞ出でける。これを見てぞ仲麻呂のぬし「我が国にはかゝる歌をなむ神代より神もよんんたび、今は上中下の人もかうやうに別れ惜み、よろこびもあり、かなしみもある時には詠む」とてよめりける歌、
 
「あをうなばらふりさけ見れば春日なる三笠の山にいでし月かも」
 
とぞよめりける。かの国の人聞き知るまじくおもほえたれども、ことの心を男文字にさまを書き出して、こゝの詞伝へたる人にいひ知らせければ、心をや聞き得たりけむ、いと思ひの外になむめでける。もろこしとこの国とはこと(ばイ有)ことなるものなれど、月の影は同じことなるべければ人の心も同じことにやあらむ。さて今そのかみを思ひやりて或人のよめる歌、
 
「都にてやまのはにみし月なれどなみより出でゝなみにこそ入れ」。
 
廿一日、卯の時ばかりに船出す。皆人々の船出づ。これを見れば春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありける。おぼろげの願に依りてにやあらむ、風も吹かずよき日出できて漕ぎ行く。この間につかはれむとて、附きてくる童あり。それがうたふ舟うた、
 
「なほこそ国のかたは見やらるれ、わが父母ありとしおもへば。かへらや」
 
とうたふぞ哀なる。かくうたふを聞きつゝ漕ぎくるに、くろとりといふ鳥岩のうへに集り居り。その岩のもとに浪しろくうち寄す。楫取のいふやう「黒(きイ有)鳥のもとに白き浪をよす」とぞいふ。この詞何とにはなけれど、ものいふやうにぞ聞えたる。人の程にあはねば咎むるなり。かくいひつゝ行くに、船君なる人浪を見て、国よりはじめて海賊報いせむといふなる事を思ふうへに、海の又おそろしければ、頭も皆しらけぬ。七十八十は海にあるものなりけり。
 
「わが髪のゆきといそべのしら浪といづれまされりおきつ島もり」
 
楫取いへ(りイ有)。
 
廿二日、よんべのとまりよりことゞまりをおひてぞ行く。遥かに山見ゆ。年九つばかりなるをの童、年よりは幼くぞある。この童、船を漕ぐまにまに、山も行くと見ゆるを見てあやしきこと歌をぞよめる。そのうた(四字イ無)、
 
「漕ぎて行く船にてみればあしびきの山さへゆくを松は知らずや」
 
とぞいへる。幼き童のことにては似つかはし。けふ海あらげにて磯に雪ふり浪の花さけり。ある人のよめる。
 
「浪とのみひとへに聞けどいろ見れば雪と花とにまがひけるかな」。
 
廿三日、日てりて曇りぬ。此のわたり、海賊のおそりありといへば神仏を祈る。
 
廿四日、昨日のおなじ所なり。
 
廿五日、楫取らの北風あしといへば、船いださず。海賊追ひくといふ事絶えずきこゆ。
 
廿六日、まことにやあらむ、海賊追ふといへば夜はばかりより船をいだして漕ぎくる。道にたむけする所あり。楫取してぬさたいまつらするに、幣のひんがしへちれば楫取の申し奉ることは、「この幣のちるかたにみふね速にこがしめ給へ」と申してたてまつる。これを聞きてある女の童のよめる、
 
「わたつみのちぶりの神にたむけするぬさのおひ風やまずふかなむ」
 
とぞ詠める。このあひだに風のよければ楫取いたくほこりて、船に帆あ(かイ)げなど喜ぶ。その音を聞きてわらはもおきなもいつしかとし思へばにやあらむ、いたく喜ぶ。このなかに淡路のたうめといふ人のよめる歌、
 
「追風の吹きぬるときはゆくふねの帆手てうちてこそうれしかりけれ」
 
とぞ。ていけのことにつけていのる。
 
廿七日、風吹き浪あらければ船いださず。これかれかしこく(八字誰も誰もおそれイ)歎く。男たちの心なぐさめに、からうたに「日を望めば都遠し」などいふなる事のさまを聞きて、ある女のよめる歌、
 
「日をだにもあま雲ちかく見るものを都へと思ふ道のはるけさ」。
 
又ある人のよめる。
 
「吹くかぜの絶えぬ限りし立ちくれば波路はいとゞはるけかりけり」。
 
日ひと日風やまず。つまはじきしてねぬ。
 
廿八日、よもすがら雨やまず。けさも。
 
廿九日、船出して行く。うらうらと照りてこぎゆく。爪のいと長くなりにたるを見て日を数ふれば、今日は子の日なりければ切らず。正月なれば京の子の日の事いひ出でゝ、「小松もがな」といへど海中なれば難しかし。ある女の書きて出だせる歌、
 
「おぼつかなけふは子の日かあまならば海松をだに引かましものを」
 
とぞいへる。海にて子の日の歌にてはいかゞあらむ。又ある人のよめるうた。
 
「けふなれど若菜もつまず春日野のわがこぎわたる浦になければ」。
 
かくいひつゝ漕ぎ行く。おもしろき所に船を寄せ「こゝやいづこ」と問ひければ、「土佐のとまり」とぞいひける。昔土佐といひける所に住みける女、この船にまじれりけり。そがいひけらく、「昔しばしありし所の名たぐひにぞあなる。あはれ」といひてよめる歌、
 
「年ごろをすみし所の名にしおへばきよる浪をもあはれとぞ見る」。
 
三十日、雨風ふかず。海賊は夜あるきせざなりと聞きて、夜中ばかりに船を出して阿波のみとを渡る。夜中なれば西ひんがしも見えず、男女辛く神仏を祈りてこのみとを渡りぬ。寅卯の時ばかりに、ぬ島といふ所を過ぎてたな川といふ所を渡る。からく急ぎて和泉の灘といふ所に至りぬ。今日海に浪に似たる物なし。神仏の恵蒙ぶれるに似たり。けふ船に乗りし日より数ふればみそかあまり九日になりにけり。今は和泉の国に來ぬれば海賊ものならず。
 
二月朔日、あしたのま雨降る。午の時ばかりにやみぬれば、和泉の灘といふ所より出でゝ漕ぎ行く。海のうへ昨日の如く風浪見えず。黒崎の松原を経て行く。所のなは黒く、松の色は青く、磯の浪は雪の如くに、貝のいろは蘇枋に五色に今ひといろぞ足らぬ。この間に今日は箱の浦といふ所より綱手ひきて行く。かく行くあひだにある人の詠める歌、
 
「玉くしげ箱のうらなみたゝぬ日は海をかゞみとたれか見ざらむ」。
 
又船君のいはく「この月までなりぬること」と歎きて苦しきに堪へずして、人もいふことゝて心やりにいへる歌、
 
「ひく船の綱手のながき春の日をよそかいかまでわれはへにけり」。
 
聞く人の思へるやう。なぞたゞごとなると密にいふべし。「船君の辛くひねり出してよしと思へる事を。ゑしもこそしいへ」とてつゝめきてやみぬ。俄に風なみたかければとゞまりぬ。
 
二日、雨風止まず。日ひとひ夜もすがら神仏をいのる。
 
三日、海のうへ昨日のやうなれば船いださず。風の吹くことやまねば岸の浪たちかへる。これにつけてよめる歌、
 
「緒をよりてかひなきものはおちつもる涙の玉をぬかぬなりけり」。
 
かくて、今日(はイ)暮れぬ。
 
四日、楫取「けふ風雲のけしきはなはだあし」といひて船出さずなりぬ。然れどもひねもすに浪風たゝず。この楫取は日も得計らぬかたをなりけり。此泊の浜にはくさすがの麗しき貝石など多かり。かゝれば唯昔の人をのみ恋ひつゝ船なる人の詠める、
 
「よする浪うちも寄せなむわが恋ふる人わすれ貝おりてひろはむ」
 
といへれば、ある人堪へずして船の心やりによめる、
 
「わすれ貝ひろひしもせじ白玉を恋ふるをだにもかたみと思はむ」
 
となむいへる。女児のためには親をさなくなりぬべし。玉ならずもありけむをと人いはむや。されども死にし子顔よかりきといふやうもあり。猶おなじ所に日を経ることを歎きて、ある女のよめるうた、
 
「手をひでゝ寒さも知らぬ泉にぞ汲むとはなしに日ごろ経にける」。
 
五日、けふ辛くして和泉の灘より小津のとまりをおふ。松原めのはるばるなり。かれこれ苦しければ詠めるうた、
 
「ゆけどなほ行きやられぬはいもがうむをつの浦なるきしの松原」。
 
かくいひつゞくる程に「船疾くこげ、日のよきに」と催せば楫取船子どもにいはく「御船より仰せたぶなり。あさぎたの出で来ぬさきに綱手はやひけ」といふ。この詞の歌のやうなるは楫取のおのづからの詞なり。楫取はうったへにわれ歌のやうなる事いふとにもあらず。聞く人の「あやしく歌めきてもいひつるかな」とて書き出せればげに三十文字あまりなりけり。今日浪なたちそと、人々ひねもすに祈るしるしありて風浪たゝず。今し鴎むれ居てあそぶ所あり。京のちかづくよろこびのあまりにある童のよめる歌、
 
「いのりくる風間と思ふをあやなくに鴎さへだになみと見ゆらむ」
 
といひて行く間に、石津といふ所の松原おもしろくて浜辺遠し。又住吉のわたりを漕ぎ行く。ある人の詠める歌、
 
「今見てぞ身をば知りぬる住みのえの松よりさきにわれは経にけり」。
 
こゝにむかしつ人の母、一日片時もわすれねばよめる、
 
「住の江に船さしよせよわすれ草しるしありやとつみて行くべく」
 
となむ。うったへに忘れなむとにはあらで、恋しき心ちしばしやすめて又も恋ふる力にせむとなるべし。かくいひて眺めつゞくるあひだにゆくりなく風吹きてこげどもこげどもしりへしぞきにしぞきてほとほとしくうちはめつべし。楫取のいはく「この住吉の明神は例の神ぞかし。ほしきものぞおはすらむ」とは今めくものか。さて「幣をたてまつり給へ」といふしたがひてぬさたいまつる。かくたいまつれれどももはら風山でいや吹きにいや立ちに風浪の危ふければ楫取又いはく。「幣には御心のいかねば御船も行ぬなり。猶うれしと思ひたぶべき物たいまつりたべ」といふ。又いふに従ひて「いかゞはせむ」とて「眼もこそ二つあれ。ただ一つある鏡をたいまつる」とて海にうちはめつればくちをし。さればうちつけに海は鏡のごとなりぬれば、或人のよめるうた、
 
「ちはやぶる神のこゝろのあるゝ海に鏡を入れてかつ見つるかな」。
 
いたく住の江の忘れ草、岸の姫松などいふ神にはあらずかし。目もうつらうつら鏡に神の心をこそは見つれ。楫取の心は神の御心なりけり。
 
六日、澪標のもとより出でゝ難波につ(二字のつをイ)きて河尻に入る。みな人々女おきなひたひに手をあてゝ喜ぶこと二つなし。かの船酔の淡路の島のおほい子、都近くなりぬといふを喜びて、船底より頭をもたげてかくぞいへる、
 
「いつしかといぶせかりつる難波がた蘆こぎそけて御船きにけり」。
 
いとおもひの外なる人のいへれば、人々あやしがる。これが中に心ちなやむ船君いたくめでゝ「船酔したうべりし御顔には似ずもあるかな」といひける。
 
七日、けふは川尻に船入り立ちて漕ぎのぼるに、川の水ひて悩みわずらふ。船ののぼることいと難し。かゝる間に船君の病者もとよりこちごちしき人にて、かうやうの事更に知らざりけり。かゝれども淡路のたうめの歌にめでゝ、みやこぼこりにもやあらむ、からくしてあやしき歌ひねり出せり。そのうたは、
 
「きときては川のほりえの水をあさみ船も我が身もなづむけふかな」。
 
これは病をすればよめるなるべし。ひとうたにことの飽かねば今ひとつ、
 
「とくと思ふ船なやますは我がために水のこゝろのあさきなりけり(るべしイ)」。
 
この歌は、みやこ近くなりぬるよろこびに堪へずして言へるなるべし。淡路の御の歌におとれり。ねたき、いはざらましものをとくやしがるうちによるになりて寝にけり。
 
八日、なほ川のほとりになづみて、鳥養の御牧といふほとりにとまる。こよひ船君例の病起りていたく悩む。ある人あさらかなる物もてきたり。よねしてかへりごとす。男ども密にいふなり「いひぼしてもてる」とや。かうやうの事所々にあり。今日節みすればいをもちゐず。
 
九日、心もとなさに明けぬから船をひきつゝのぼれども川の水なければゐざりにのみゐざる。この間に和田の泊りのあかれのところといふ所あり。よねいをなどこへばおこなひ(三字くりイ)つ。かくて船ひきのぼるに渚の院といふ所を見つゝ行く。その院むかしを思ひやりて見れば、おもしろかりける所なり。しりへなる岡には松の木どもあり。中の庭には梅の花さけり。こゝに人々のいはく「これむかし名高く聞えたる所なり。故惟喬のみこのおほん供に故在原の業平の中将の「世の中に絶えて桜のさかざらは春のこゝろはのどけからまし」といふ歌よめる所なりけり。今興ある人所に似たる歌よめり、
 
「千代へたる松にはあれどいにしへの声の寒さはかはらざりけり」。
 
又ある人のよめる、
 
「君恋ひて世をふる宿のうめの花むかしの香かにぞなほにほひける」
 
といひつゝぞ都のちかづくを悦びつゝのぼる。かくのぼる人々のなかに京よりくだりし時に、皆人子どもなかりき。いたれりし国にてぞ子生める者どもありあへる。みな人船のとまる所に子を抱きつゝおりのりす。これを見て昔の子の母かなしきに堪へずして、
 
「なかりしもありつゝ帰る人の子をありしもなくてくるが悲しさ」
 
といひてぞ泣きける。父もこれを聞きていかゞあらむ。かうやうの事ども歌もこのむとてあるにもあらざるべし。もろこしもこゝも思ふことに堪へぬ時のわざとか。こよひ宇土野といふ所にとまる。
 
十日、さはることありてのぼらず。
 
十一日、雨いさゝか降りてやみぬ。かくてさしのぼるに東のかたに山のよこをれるを見て人に問へば「八幡の宮」といふ。これを聞きてよろこびて人々をがみ奉る。山崎の橋見ゆ。嬉しきこと限りなし。こゝに相應寺のほとりに、しばし船をとゞめてとかく定むる事あり。この寺の岸のほとりに柳多くあり。ある人この柳のかげの川の底にうつれるを見てよめる歌、
 
「さざれ浪よするあやをばあ青柳のかげのいとして織るかとぞ見る」
 
十二日、山崎にとまれり。
 
十三日、なほ山崎に。
 
十四日、雨ふる。けふ車京へとりにやる。
 
十五日、今日車ゐてきたれり。船のむつかしさに船より人の家にうつる。この人の家よろこべるやうにてあるじしたり。このあるじの又あるじのよきを見るに、うたておもほゆ。いろいろにかへりごとす。家の人のいで入りにくげならずゐやゝかなり。
 
十六日、けふのようさりつかた京へのぼるついでに見れば山崎の小櫃の絵もまがりのおほちの形もかはらざりけり。「売る人の心をぞしらぬ」とぞいふなる。かくて京へ行くに島坂にて人あるじしたり。必ずしもあるまじきわざなり。立ちてゆきし時よりはくる時ぞ人はとかくありける。これにも(それにもイ有)かへりごとす。よるになして京にはいらむと思へば、急ぎしもせぬ程に月いでぬ。桂川月あかきにぞわたる。人々のいはく「この川飛鳥川にあらねば、淵瀬更にかはらざりけり」といひてある人のよめる歌、
 
「ひさかたの月におひたるかつら川そこなる影もかはらざりけり」。
 
又ある人のいへる、
 
「あまぐものはるかなりつる桂川そでをひでゝもわたりぬるかな」。
 
又ある人よめる、
 
「桂川わがこゝろにもかよはねどおなじふかさはながるべらなり」。
 
みやこのうれしきあまりに歌もあまりぞおほかる。夜更けてくれば所々も見えず。京に入り立ちてうれし。家にいたりて門に入るに、月あかければいとよくありさま見ゆ。聞きしよりもましていふかひなくぞこぼれ破れたる。家を預けたりつる人の心も荒れたるなりけり。中垣こそあれ、ひとつ家のやうなればのぞみて預れるなり。さるはたよりごとに物も絶えず得させたり。こよひかゝることゝ声高にものもいはせず、いとはつらく見ゆれど志をばせむとす。さて池めいてくぼまり水づける所あり。ほとりに松もありき。五年六年のうちに千年や過ぎにけむ、かた枝はなくなりにけり。いま生ひたるぞまじれる。大かたの皆あれにたれば、「あはれ」とぞ人々いふ。思ひ出でぬ事なく思ひ恋ひしきがうちに、この家にて生れし女子のもろともに帰らねばいかゞはかなしき。船人も皆子(いイ)だかりてのゝしる。かゝるうちに猶かなしきに堪へずして密に心知れる人といへりけるうた、
 
「うまれしもかへらぬものを我がやどに小松のあるを見るがかなしさ」
 
とぞいへる。猶あかずやあらむ、またかくなむ、
 
「見し人の松のちとせにみましかばとほくかなしきわかれせましや」。
 
わすれがたくくちをしきことおほかれどえつくさず。とまれかくまれ疾くやりてむ。
 
土佐日記終
 
 
----
 
明文社『国文大鑑第七編日記草子部』p1-22による。
 
割注を()に入れた。
 
◎底本の刊記
 
明治三十九年一月卅日初版発行
 
明治四十二年十月八日再版印刷
 
明治四十二年十月十二日再版発行
 
監修者本居豊穎(T2.2.15没)
 
同木村正辭(T2.4.10没)
 
同小杉榲邨(M43.3.30没)
 
同井上頼圀(T3.7.3没)
 
同故落合直文(M36.12.16没)
 
編纂者丸岡桂(T8.2.12没)
 
同松下大三郎(S10.5.2没)
 
松下以外の没年月日は講談社学術文庫『大日本人名辞書』による。
 
松下の没年月日は徳田正信『近代文法図説』(明治書院)による。
 
編纂者等の著作権は消失している。
 
このファイルは自由流通とし、その再配布を妨げる行為が取られないことを望む。
 
岡島昭浩NLF06372@PCVAN
 
1993.8.24
 
http://kuzan.f-edu.fukui-u.ac.jp/
 
{{PD-old-50-1996|deathyear=1935}}
 
{{DEFAULTSORT:とさにつきこくふんたいかん}}
[[Category:日本の紀行文]]
[[Category:平安時代]]
[[Category:国文大観]]
31,180

回編集

案内メニュー