「土佐日記 (國文大觀)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(CES1596 がページ「土佐日記」を「土佐日記(国文大鑑)」に移動しました)
編集の要約なし
{{header
| title = 土佐日記
| section = 国文大鑑第七編 日記草子部
| year = 935
| 年 = 承平5
| author = 紀貫之
| noauthor =
| previous =
| next =
| notes = }}
| notes = {{Textquality|50%}} {{Wikipedia}} {{Edition}} 『土佐日記』(とさにっき)は、紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事を、虚構を交えて綴った日記文学。古くは『土左日記』と表記されていた。その後の仮名による表現、特に女流文学の発達に大きな影響を与えた。{{wikipediaref|土佐日記}}}}
 
土佐日記
31,179

回編集

案内メニュー