「東洋大日本國々憲案」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(ページの作成:「{{header | title = {{PAGENAME}} | year = 1881 | 年 = 明治十四 | author = 植木枝盛 | notes = }} <pages index="Tōyō Dai-Nihonkoku Kokken-an.pdf" from="1" to="71"/> {{PD-old}} {{DEFAULTSORT:とうようたいにほんこくこつけんあん}} Category:自由民権運動 Category:私擬憲法」)
 
編集の要約なし
 
| 年 = 明治十四
| author = 植木枝盛
| notes = 東洋大日本国国憲按(とうようだいにほんこくこっけんあん)は、日本の明治期における私擬憲法の一つ。日本国国憲按ともいう。1881年(明治14年)に、国会期成同盟の大会の決定を受け、立志社の植木枝盛が起草した。自由民権左派の最も民主的・急進的な私擬憲法として知られる。特徴として、人民主権・自由権・抵抗権(不服従権)・革命権・立憲君主制・連邦制・一院制などを定め、議会の権限が強いことが挙げられる。{{wikipediaref|東洋大日本国国憲按}}
| notes =
}}
<pages index="Tōyō Dai-Nihonkoku Kokken-an.pdf" from="1" to="71"/>

案内メニュー