「Page:死霊解脱物語聞書.pdf/64」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎未校正: ページの作成:「にも{{r|孝|かう}}をつくし。{{r|夫|おつと}}にも{{r|能|よく}}したがひ。{{r|現世|げんせ}}も{{r|安穏|あんおん}}に くらし。{{r|後生|…」)
 
 
ページの状態ページの状態
-
未校正
+
校正済
ページ本文(参照読み込みされます):ページ本文(参照読み込みされます):
1行目: 1行目:
にも{{r|孝|かう}}をつくし。{{r|夫|おつと}}にも{{r|能|よく}}したがひ。{{r|現世|げん}}も{{r|安穏|あんおん}}に
にも{{r|孝|かう}}をつくし。{{r|夫|おつと}}にも{{r|能|よく}}したがひ。{{r|現世|げん}}も{{r|安穏|あんおん}}に
くらし。{{r|後生|ごしやう}}には{{r|極楽|ごくらく}}へ参らんと思い。ずいぶん{{r|念仏|ねんぶつ}}
くらし。{{r|後生|ごしやう}}には{{r|極楽|ごくらく}}へ参らんと思い。ずいぶん{{r|念仏|ねんぶつ}}
をわするなと。いとねんごろにしめしたまへば。其時に
をわするなと。いとねんごろにしめしたまへば。其時に
10行目: 10行目:
仕。{{r|少庵|せうあん}}をもむすびあたへ{{r|村中|むらぢう}}の{{r|斎坊主|ときぼうず}}と{{r|定|さだ}}め
仕。{{r|少庵|せうあん}}をもむすびあたへ{{r|村中|むらぢう}}の{{r|斎坊主|ときぼうず}}と{{r|定|さだ}}め
申度候。其故は羽生村の者ども。年來{{r|因果|ゐんぐわ}}の
申度候。其故は羽生村の者ども。年來{{r|因果|ゐんぐわ}}の
{{r|道理|たうり}}をもわきまへず。{{r|邪見放逸|じやけんはういつ}}にくらし候所に。此度
{{r|道理|たうり}}をもわきまへず。{{r|邪見放逸|じやけんはういつ}}にくらし候所に。此度
{{r|菊|きく}}が{{r|徳|とく}}により。みな{{く}}{{r|善心|ぜんしん}}を{{r|起|おこ}}し{{r|昼夜|ちうや}}{{r|後世|ごせ}}のいとなみ
{{r|菊|きく}}が{{r|徳|とく}}により。みな{{く}}{{r|善心|ぜんしん}}を{{r|起|おこ}}し{{r|昼夜|ちうや}}{{r|後世|ごせ}}のいとなみ
を仕る事。これはひとへに此{{r|娘|むすめ}}の大{{r|恩|おん}}にて候へば。いかにも
を仕る事。これはひとへに此{{r|娘|むすめ}}の大{{r|恩|おん}}にて候へば。いかにも
かれが{{r|願|ねが}}ひのまゝに。{{r|剃髪|ていつ}}なされ候はゝ。我々の{{r|報恩|ほうおん}}と
かれが{{r|願|ねが}}ひのまゝに。{{r|剃髪|ていつ}}なされ候はゝ。我々の{{r|報恩|ほうおん}}と
{{r|存|ぞん}}じ奉らんなどゝ。{{r|詞|ことば}}をつくして申ける時和尚のたま
{{r|存|ぞん}}じ奉らんなどゝ。{{r|詞|ことば}}をつくして申ける時和尚のたま
わく。あら事くどし何といふ共。我は{{r|剃髪|ていはつ}}せざるに
わく。あら事くどし何といふ共。我は{{r|剃髪|ていはつ}}せざるに
{{r|先〻|まづ{{く}}}}{{r|方丈|うじやう}}へも礼にあがり。十{{r|念|ねん}}もうけ候へと{{r|寮|りやう}}を
{{r|先〻|まづ{{く}}}}{{r|方丈|うじやう}}へも礼にあがり。十{{r|念|ねん}}もうけ候へと{{r|寮|りやう}}を
せりたて給へば。人〻{{r|是非|ぜひ}}なく{{r|畏|かしこまつ}}て候とて。すなはち方
せりたて給へば。人〻{{r|是非|ぜひ}}なく{{r|畏|かしこまつ}}て候とて。すなはち方
丈に罷出。{{r|兩役者|りやうやくしや}}を以て申上れば。みな{{く}}召出さ
丈に罷出。{{r|兩役者|りやうやくしや}}を以て申上れば。みな{{く}}召出さ
172

回編集

案内メニュー