「山下幸內上書」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(安東大將軍倭國王 がページ「山下幸内上書」を「山下幸內上書」に移動しました)
| editor = 滝本誠一
| notes =
山下幸内上書(やましたこうないじょうしょ)は、1721年(享保6年)、浪人の山下幸内が目安箱に投稿した諫書。内容は8代将軍徳川吉宗による享保の改革を批判したもので、特に経済政策では、奢侈禁令のみを強制するのは金銀流通を停滞させ、市民を救済する政策ではないと批判し、また吉宗が紀州藩主時代に施行していた小政策は、天下の大局には適用出来ないと決め付けている。これは当時の政局担当者の関心を集め、町奉行・寺社奉行・勘定奉行の三奉行は上書を書写・保存した。また、寛政の改革の際、老中松平定信は上書を諸老中に提示して彼らの意見を求めるなど、大きな影響を与えた。{{wikipediaref|山下幸内}}
}}
<pages index="Yamashita Kōnai Jōsyo.pdf" from="1" to="8"/>

案内メニュー