「Wikisource・トーク:収録方針」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
:誤訳・誤認の多さは随時訂正していくしかないと思います。言い方は悪いですが悪法も法であり、無法よりまましだと個人的には思いますが。査読主義偏重への疑問に対してはまず査読主義という言葉を私は始めて聞きました。よろしければその言葉の意味を説明していただけませんか?査読された物に偏重しすぎているとは思いませんが。ウィキソース日本語版の現実との齟齬につきましては慣例化したものがあってそれが混乱をきたすのであれば個々で話し合うしかありませんね。画像の使用については何か問題があるのでしょうか?--[[利用者:Forestfarmer|Forestfarmer]] 2007年2月4日 (日) 14:18 (UTC)
::ほとんど投稿歴のない者ですが、発言させてください。現在提示されている草案はウィキメディア財団の方針について誤解を招きかねない表現があります。ウィキメディア財団は「他の人にそれらの作品を自由に再使用する事も禁止して」いるわけではないように思います。他にも技術的な不具合が散見しますので、一度白紙化して案を練り直したほうがよくないでしょうか? 参考までに、[[User:Kareha/したがき|英語版の収録方針の拙訳]]を提示しておきます。--[[利用者:Kareha|枯葉]] 2007年2月11日 (日) 20:43 (UTC)
:::枯葉さんの訳に続けて投稿するのも恥ずかしいことですが、やってしまったものなので投稿しておきます。いちおうすでになされた2つの翻訳とは独立にすすめたつもりです。なので、食い違う部分も少なくないのではないかと存じます。翻訳上のメモを残しておきます。
:::* ''Documentary Source''は「記録的資料」とした。英語版の方針が''Primary Source''から変更されて現在のものとなったことをうけて原意を損ねないよう考慮したためである。
:::* ''Analytical Work''は「分析作品」とした。説明的に述べれば、「資料蒐集の上分析を加えた刊行物」とでもなろう。
:::* ''Publication''は「公刊物」に統一した。あるいは誤解釈かもしれないが、頻出する査読などといった語彙を強調するためである。
:::解釈しかねた部分をあげておきます。
:::* ''These as well as any artistic works must have been published in a medium that includes peer review or editorial controls ([[:en:Wikisource:What Wikisource includes#Analytical and artistic works|Analytical and artistic works]])'': editorial controlというものはどういうものを意味するのでしょうか。
:::* ''are eligible for precedent deletion ([[:en:Wikisource:What Wikisource includes#Acknowledging precedent exclusions|Acknowledging precedent exclusions]])'': 逐語訳をすれば、「先行する削除に合致している」とでもなろうが、なんとなく理解しかねました。
:::* ''Works created by Wikisource users or otherwise not published in a verifiable, usually peer-reviewed forum ([[:en:Wikisource:What Wikisource includes#Original contributions|Original contributions]])'': peer-reviewed forumとはどういうforumなんでしょうか。またなぜusuallyなんでしょうか。
:::悪法もまた法なり、という考え方はウィキには必要のないものです。ずっとないままでやってきたのですし、この方針の策定の意義はウィキソースの参加者がウィキソースの目的をより深く理解することにつながるということであって排除に役立てるためではないのです。 [[利用者:Kzhr|Kzhr]] 2007年2月12日 (月) 06:58 (UTC)
::::えーと何から答えてよいのやら混乱気味ですが、取りあえず枯葉さんの「他の人にそれらの作品を自由に再使用する事も禁止して」は直しました。あと"他の人"を"第三者"に書き換えました。私は個人的には枯葉さんの訳の方がよくできているので書き換えても良いかなって思いますが。あとeditorial control とpeer-reviewed forumは[[en:Wikisource:Scriptorium]]に質問してみました。あとare eligible for precent deletionですが、[[en:Wikisource:Deletion policy]]ノートでprecent deletionが話し合われていますね。要は管理者に先例でこれはだめだろうと記事を即効で削除させる権限を与えようといった流れでかな。ちょっと込み入っていますね。この事案も話し合いが必要ですね。--[[利用者:Forestfarmer|Forestfarmer]] 2007年2月12日 (月) 10:00 (UTC)
:::::(インデントを変えました)editorial control; 「自己出版」を逆から定義した部分ですので、出版社の方針等に基づいて行われる編集者によるチェック機能のことをさすものと考えます。
:::::are eligible for precedent deletion; 一種の悪文だと感じます。前例が必ずしも拘束力を持たないため、即時削除されたり、あるいは100%確実に削除されるわけではないけれども……という含みがあるのではないでしょうか。
:::::usually peer-reviewed forum; 正直私もことばの解釈についての自信はありません。少なくとも、私が提示している訳文は構文の解釈が間違っているように見えます(こら)。掲示板などのフォーラムで広く読者の意見を取り入れながら連載的に進められる小説や評論などをさすのかとも思いつつ、あるいは単に usually peer-reviewed form の typo という可能性も考えましたが、いちおう、NPOV で原典に忠実に。
:::::--[[利用者:Kareha|枯葉]] 2007年2月12日 (月) 10:45 (UTC)
 
== 内容についての議論 ==
72

回編集

案内メニュー