はいほーの投稿記録

ナビゲーションに移動 検索に移動
投稿の検索展開する折り畳む
⧼contribs-top⧽
⧼contribs-date⧽
(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示

2022年4月6日 (水)

2022年4月5日 (火)

  • 05:362022年4月5日 (火) 05:36 差分 履歴 +84,279 芽生ページの作成:「 浅間の麓(ふもと)へも春が近づいた。いよいよ私は住慣れた土地を離れて、山を下りることに決心した。  七年の間、私は田舎(いなか)教師として小諸(こもろ)に留まって、山の生活を眺(なが)め暮した。私が通っていた学校は貧乏で、町や郡からの補助費にも限りがあったから、随(したが)って受ける俸給も少く、家を支(ささ)え…」
  • 05:352022年4月5日 (火) 05:35 差分 履歴 +13,713 犬 (島崎藤村)ページの作成:「 此節私はよく行く小さな洋食屋がある。あそこの鯛たひちり、こゝの蜆汁しゞみじる、といふ風によく猟あさつて歩いた私は大きな飲食店などにも飽き果てゝ、その薄汚い町中の洋食屋に我儘わがまゝの言へる隠れ家を見つけて置いた。青く塗つた窓際には夏からあるレエスの色の褪さめたのが掛つて居る。十二月らしい光線は溝板どぶいたの外…」
  • 05:342022年4月5日 (火) 05:34 差分 履歴 +39,445 船 (島崎藤村)ページの作成:「 山本さん――支那(しな)の方に居る友人の間には、調戯(からかい)半分に、しかし悪い意味で無く「頭の禿(は)げた坊ちゃん」として知られていた――この人は帰朝して間もなく郷里(くに)から妹が上京するという手紙を受取ったので、神田(かんだ)の旅舎(やどや)で待受けていた。唯(たった)一人の妹がいよいよ着くという前の…」
  • 05:332022年4月5日 (火) 05:33 差分 履歴 +26,942 伸び支度ページの作成:「 十四、五になる大概たいがいの家いえの娘むすめがそうであるように、袖子そでこもその年頃としごろになってみたら、人形にんぎょうのことなぞは次第しだいに忘わすれたようになった。  人形にんぎょうに着きせる着物きものだ襦袢じゅばんだと言いって大騒おおさわぎした頃ころの袖子そでこは、いくつそのために小ちいさな着物きものを…」
  • 05:312022年4月5日 (火) 05:31 差分 履歴 +25 トーク:杯 (森鴎外)はいほー がページ「トーク:杯 (森鴎外)」を「トーク:杯」に移動しました 最新 タグ: 新規リダイレクト
  • 05:312022年4月5日 (火) 05:31 差分 履歴 0 トーク:杯はいほー がページ「トーク:杯 (森鴎外)」を「トーク:杯」に移動しました 最新
  • 05:312022年4月5日 (火) 05:31 差分 履歴 +15 杯 (森鴎外)はいほー がページ「杯 (森鴎外)」を「」に移動しました 最新 タグ: 新規リダイレクト
  • 05:312022年4月5日 (火) 05:31 差分 履歴 0 はいほー がページ「杯 (森鴎外)」を「」に移動しました 最新
  • 05:312022年4月5日 (火) 05:31 差分 履歴 +19 作者:森鷗外はいほー (トーク) による版 184080 を取り消し 最新 タグ: 取り消し
  • 05:302022年4月5日 (火) 05:30 差分 履歴 −37 作者:森鷗外→‎小説
  • 05:292022年4月5日 (火) 05:29 差分 履歴 +19,119 じいさんばあさんページの作成:「文化六年の春が暮れて行く頃であった。麻布竜土町あざぶりゅうどちょうの、今歩兵第三聯隊れんたいの兵営になっている地所の南隣で、三河国奥殿みかわのくにおくとのの領主松平左七郎乗羨のりのぶと云う大名の邸やしきの中うちに、大工が這入はいって小さい明家あきやを修復している。近所のものが誰の住まいになるのだと云って聞けば、…」
  • 05:262022年4月5日 (火) 05:26 差分 履歴 +2,303 NAKIWARAI を読むページの作成:「  この集を一讀して先づ私の感じたのは、著者土岐哀果氏が蓋し今日無數の歌人中で最も歌人らしくない歌人であらうといふ事であつた。其の作には歌らしい歌が少い――歌らしい歌、乃ち技巧の歌、作爲の歌、裝飾を施した歌、誇張の歌を排するといふ事は、文學上の他の部面の活動の後を引いて最近一二年の間に歌壇の中心を動かした著るしい…」
  • 05:252022年4月5日 (火) 05:25 差分 履歴 +10,556 トルストイ翁論文ページの作成:「レオ・トルストイ翁のこの驚嘆すべき論文は、千九百四年(明治三十七年)六月二十七日を以てロンドン・タイムス紙上に發表されたものである。その日即ち日本皇帝が旅順港襲撃の功勞に對する勅語を東郷聯合艦隊司令長官に賜はつた翌日、滿洲に於ける日本陸軍が分水嶺の占領に成功した日であつた。當時極東の海陸に起つてゐた悲しむべき出…」
  • 05:242022年4月5日 (火) 05:24 差分 履歴 +311 「一握の砂」広告ページの作成:「  其身動く能はずして其心早く一切の束縛より放たれたる著者の痛苦の聲は是也。  著者の歌は從来青年男女の間に限られたる明治新短歌の領域を擴張して廣く讀者を中年の人々に求む。 (明治44・1・1「秀才文壇」十一ノ一)」
  • 05:232022年4月5日 (火) 05:23 差分 履歴 +56,385 一握の砂ページの作成:「函館なる郁雨宮崎大四郎君 同国の友文学士花明金田一京助君 この集を両君に捧ぐ。予はすでに予のすべてを両君の前に示しつくしたるものの如し。従つて両君はここに歌はれたる歌の一一につきて最も多く知るの人なるを信ずればなり。 また一本をとりて亡児真一に手向く。この集の稿本を書肆の手に渡したるは汝の生れたる朝なりき。この集の…」
  • 05:162022年4月5日 (火) 05:16 差分 履歴 +167,891 永日小品ページの作成:「元日  雑煮ぞうにを食って、書斎に引き取ると、しばらくして三四人来た。いずれも若い男である。そのうちの一人がフロックを着ている。着なれないせいか、メルトンに対して妙に遠慮する傾かたむきがある。あとのものは皆和服で、かつ不断着ふだんぎのままだからとんと正月らしくない。この連中がフロックを眺めて、やあ――やあと一ツず…」

2022年4月3日 (日)

2022年4月2日 (土)

2022年4月1日 (金)

  • 13:082022年4月1日 (金) 13:08 差分 履歴 +68,951 琴のそら音ページの作成:「「珍らしいね、久しく来なかったじゃないか」と津田君が出過ぎた洋灯ランプの穂を細めながら尋ねた。  津田君がこう云いった時、余よははち切れて膝頭ひざがしらの出そうなズボンの上で、相馬焼そうまやきの茶碗ちゃわんの糸底いとそこを三本指でぐるぐる廻しながら考えた。なるほど珍らしいに相違ない、この正月に顔を合せたぎり、花盛…」
  • 13:062022年4月1日 (金) 13:06 差分 履歴 +15 門 (小説)はいほー がページ「門 (小説)」を「」に移動しました: てきせつだとおもうほうへいどう❣ 最新 タグ: 新規リダイレクト
  • 13:062022年4月1日 (金) 13:06 差分 履歴 0 はいほー がページ「門 (小説)」を「」に移動しました: てきせつだとおもうほうへいどう❣
  • 13:062022年4月1日 (金) 13:06 差分 履歴 +462,300 ページの作成:「一  宗助そうすけは先刻さっきから縁側えんがわへ坐蒲団ざぶとんを持ち出して、日当りの好さそうな所へ気楽に胡坐あぐらをかいて見たが、やがて手に持っている雑誌を放り出すと共に、ごろりと横になった。秋日和あきびよりと名のつくほどの上天気なので、往来を行く人の下駄げたの響が、静かな町だけに、朗らかに聞えて来る。肱枕ひじま…」
  • 13:052022年4月1日 (金) 13:05 差分 履歴 +308,446 野分ページの作成:「 一  白井道也しらいどうやは文学者である。  八年前まえ大学を卒業してから田舎いなかの中学を二三箇所かしょ流して歩いた末、去年の春飄然ひょうぜんと東京へ戻って来た。流すとは門附かどづけに用いる言葉で飄然とは徂徠そらいに拘かかわらぬ意味とも取れる。道也の進退をかく形容するの適否は作者といえども受合わぬ。縺もつれたる…」

2022年3月31日 (木)

2022年3月30日 (水)

  • 11:582022年3月30日 (水) 11:58 差分 履歴 +477,348 道草ページの作成:「一  健三けんぞうが遠い所から帰って来て駒込こまごめの奥に世帯しょたいを持ったのは東京を出てから何年目になるだろう。彼は故郷の土を踏む珍らしさのうちに一種の淋さびし味みさえ感じた。  彼の身体からだには新らしく後あとに見捨てた遠い国の臭においがまだ付着していた。彼はそれを忌いんだ。一日も早くその臭を振ふるい落さな…」
  • 11:562022年3月30日 (水) 11:56 差分 履歴 +21,036 一夜ページの作成:「「美くしき多くの人の、美くしき多くの夢を……」と髯ひげある人が二たび三たび微吟びぎんして、あとは思案の体ていである。灯ひに写る床柱とこばしらにもたれたる直なおき背せの、この時少しく前にかがんで、両手に抱いだく膝頭ひざがしらに険けわしき山が出来る。佳句かくを得て佳句を続つぎ能あたわざるを恨うらみてか、黒くゆるやか…」
  • 11:552022年3月30日 (水) 11:55 差分 履歴 +73,878 幻影の盾ページの作成:「 一心不乱と云う事を、目に見えぬ怪力をかり、縹緲ひょうびょうたる背景の前に写し出そうと考えて、この趣向を得た。これを日本の物語に書き下おろさなかったのはこの趣向とわが国の風俗が調和すまいと思うたからである。浅学にて古代騎士の状況に通ぜず、従って叙事妥当を欠き、描景真相を失する所が多かろう、読者の誨おしえを待つ。…」

2022年3月29日 (火)

2022年3月27日 (日)

  • 06:232022年3月27日 (日) 06:23 差分 履歴 +64,524 虞美人草ページの作成:「  一 「随分遠いね。元来がんらいどこから登るのだ」 と一人ひとりが手巾ハンケチで額ひたいを拭きながら立ち留どまった。 「どこか己おれにも判然せんがね。どこから登ったって、同じ事だ。山はあすこに見えているんだから」 と顔も体躯からだも四角に出来上った男が無雑作むぞうさに答えた。  反そりを打った中折れの茶の廂ひさしの…」

2022年3月26日 (土)

(最新 | 最古) (以後の50件 | ) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示