正信念仏偈 (意訳聖典)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教
正信念仏偈

おほいのちはかることのできぬによらいみやうし、ひかりおもはかることのできぬによらいをたのみたてまつります。

このによらいは、とほきいにしへ、ほふざうさついんのおすがたをあらはさせられたとき、ざいわうぶつもとほつしんなされて、しよぶつじやういんぎやうと、こくさうじやうにんてんぜんあくをみそなはし、このうへもなきしゆしようねがひをたて、たぐひまれなるおほきなちかひおこたまひ、五こふのあひだゆゐして、すくひのみちえらびとられ、かさねて、なむあみだぶつみなを十ぱうかいつたへてかならず一さいしゆじやうすくはんとちかはせられました。

あまねく、はかることのできぬひかりほとりのられぬひかりへることのないひかりくらべものゝないひかり、すべてのひかりのうちのさいじやうひかりきよらかなるひかりよろこびひかりちゑひかり、いつもえずてらたまひかりおもひつくすことのできぬひかりきつくすことのできぬひかりにちぐわつにもえすぐれたひかりはなちて、あらゆるかずおほきこくてらしてくださるから、このきとしけるものはみなこのひかりてらしをかうむります。

ほんぐわんにおちかひなされたみやうがうは、われらをまさしくじやううまるゝさだめてくださるはたらきであります。そのみやうがうまことしんじよろこばせやうといふちかひがあればこそ、われらはしんじてわうじやうたゞしきたねじやうずるのであります。このしんじんたゞしきたねがみたされたら、このではとうかくくらゐとなり、のちではだいはんをさとるので、それとても、われかならめついたらしめたいといふちかひできてあるからであります。

しやによらいが、このでさせられたのは、たゞふかくしてひろきことうみのやうなみだほんぐわんおもむきかんがためであらせられます。五ぢよくあしさまなるときにおいてなやめるもろひとは、によらいまことことうけにしなくてはなりませぬ。

く一ねんしんくわんあいらくのみたされたこころおこすときなやみをたゝず、このざいあくふかきまゝにてすくはれ、はんのさとりをひらかせていたゞけるのであります。

ぼんしやうじやも、さてはぎやくざいしやうほふそしるいたづらものであらうとも、ひとしくによらいしんずれば、さながら、もろかはみづが、だいかいにながれて、おなしほあぢとなるやうに、いづれもどういつほふえつさせていたゞくのであります。

おさつててたまはぬぶつしんひかりが、つねにわれらをてらしておまもくださる。それによつて、しんの一ねんにもはやすくひうたがみやうやみはなくなつたけれども、むさぼおしみ、いかにくみのまうねんくもきりのやうにつねに、まことしんじんそらおほうてます。しかも、たとへばにちくわうくもきりおほはれても、そのしたまつたくらいことのないやうにすくひについてはふたゝうたがひにおちることがありませぬ。

しんじんをいたゞいて、こゝろにおじひをうかべみて、けいけんな、よろこびのこゝろるやうになれば、たゞちに、よこさまに五あくしゆまよひのきやうかいをたちえるのであります。

きもあしきも、すべてのぼんは、によらいひろちかひいてしんずるうへは、しやによらいは、このひとをさして「くわうだいなるすぐれたるかいのあるものよ、ふんだりけごとひとよ」とおめになります。

みだぶつほんぐわんねんぶつは、じやけんなものや、けうまんひとであつては、これをしんじてたもつことは、はなはかたい。かたなかかたいこと、これほどかたいことはありませぬ。

いんろんしなほんかうそうたちは、すべてだいしやうしやくそんでなされたおもひは、みだほんぐわんたまふにあることをあらはしめし、このによらいほんせいはわれらのひとがらさうおうたまふことをあきらかにしてくだされました。

しやによらいりやうせんにあつて、だいしゆげてのたまふやう、「のちのなんてんぢくりうじゆさつといふそうしゆつげんして、ことごとうむじやけんをうちくだき、だいじようじやうほふなるみだほんぐわんき、みづからもしんじて、くわんぎぢくらゐをさとつて、あんらくじやうわうじやうするであらう」とあふせられました。

このけんおうじてしゆつげんせられたりうじゆさつは、りきつとめむつかしくて、りくたびするやうにくるしいものであることをしめし、りきのりぎやうやすくて、すゐだうをわたるやうにたのしいおもむきをしんぜしめ、みだぶつほんぐわんしんずれば、おのづから、すぐさまひつぢやうたいくらゐ)にることができます。このうへはたゞよくいつもによらいみなをとなへて、このだいじひのこもつたぜいおんはうぜねばならぬとおふせられました。

てんじんさつは『じやうろん』をつくつて、そのをしへをとかれました。すなはちみづからじんじつぱうむげくわうによらいしんじたてまつり、『だいりやうじゆきやう』によつてまことをしへあらはし、わうてうだいせいぐわんむねをひろくべられました。

このさつは、くわしくほんぐわんりきかうのこゝろによつて、きとしけるものをさいしやうがために、いつしんのことはりをあらはし、どくうみごとみなしんずれば、かならず、このにあるうちから、じやうしやうじやかずつらなぶんとなり、のちれんざうかいじやう)にいたり、すぐさましんによほふしやうめうをさとることができ、そのゝちはげんさうのはたらきをなして、なやみはやしにもふしぎちからをあらはし、まよひそのにもおうしめして、すべてのしゆじやうさいするのであるとべられました。

しなりやうてんは、いつもどんらんだいたまふところむかつてさつとあがめてきやうらいいたされました。もと、しんせんをしへおもんぜられたこともあつたが、だいるしさんざうからじやうをしへさづけられて、そのせんぎやうきすてゝ、たのしくにじやう)のみちせられました。

てんじんさつの『じやうろん』に、ちうをくはへて、はうわうじやうするいんぐわは、すべてりきちかひによることをあらはさせられました。きてじやううまれてさとるも、かへりてけがれたるこくしゆじやうをすくふのも、ともりきのなさしめたまふとしる、そのりきしんずるしんじんは、まさしくわうじやうさだめしめらるゝたねであります。

それであるから、まどひにんだわれらぼんも、このしんじんをおこせばじやううまれ、たゞちにしやうそくはんふことのわかるはんしようすることができます。そしてかならはかりなきくわうみやうのかゞやくじやうわうじやうしたうへは、やがてあらゆるしゆじやうことけうくわすくふことができるとしめされました。

だうしやくぜんしやくそんいちだいをしへを、しやうだうじやうの二もんわかたせられ、しやうだうもんけふのわれらにはたうていさとがたきことをきはめ、たゞ、じやうもんひとつだけが、われらのつうにふられることをあかされました。そこでりきではげむばんぜんしよぎやうをしりぞけ、もっぱどくえんまんせるみなしんじとなふることをすゝめられました。

ねんごろに三しんじゆんしん、一しんさうぞくしん)と、それのはんたいなる三しんしんじんじゆんしんじんいちしんじんさうぞく)のことはりををしへ、ざうほふまつぽふほふめつだいにわたつて一くわんせるだいだうをのべ、じひをもつてしゆじやうをみちびきたまふ。一しやうのあひだざいあくつくつてゐるものも、このひろちかひをしんずれば、やすらかなみくににいたつて、ふしぎなるさとりひらくことををしへられました。

ぜんだうだいは、あやまれるりうえて、ひとりたゞしいぶつあきらかにしめされ、みちこゝろかけながらもぢやうぜんさんぜんりきめいしふのすたらぬもの、また「みちこゝろかけぬ五ぎやくあくのいたづらもの、そのいづれをもあはれんで、われらのしんじんみやうがうたねとなり、くわうみやうたすけとなつてくださるむねあらはし、ほんぐわんぶつあふがしめたまひ、われらぎやうじやまさしくこんがうしんじんをうけて、おじひをよろこび、一ねんほんぐわんむねにかなふときは、だいおなじく三にんにんにんしんにん)をて、やがてほつしやうのさとりをひらいてじやうじゆうたへなるたのしみのきやうかいになれる」としめされました。

げんしんそうは、くわしくしゃくそんだいけうほふかいせつしてはんせられたうへで、たゞひとへにあんやううまるゝだいほふしんじまたれを一さいひとにおすゝめなされました。すなはちせんしうしふしんふかく、ざふしゆしふしんあさきことをはんじやくなされ、そのざふしゆあさこゝろのものはけどうまれ、せんじゆふかこゝろのものは、はううまるゝことわりを、きつぱりとべんじやうりつなされました。

そしてきはめておもあくにんは、たゞぶつみやうとなふるのみによつて、すくはるゝことをしめし、われもまたによらいせつしゆくわうみやうのうちにまもられてある、われらはなやみまなこがくらんで、によらいくわうみやうたてまつることはできないけれども、だいによらいむことなくしてつねてらしたまふのであるとよろこばれました。

ほんげんくうしやうにんは、あきらかにほとけをしへをきはめ、ぜんあくぼんあはれんでしんしうけうしようをこのへんしうほんおこし、せんぢやくほんぐわんねんぶつを、このぐふせられました。

「われら、まよひいへにあるのはうたがひのこゝろにつながれてるからである、すみやかにしづかなるはんのみやこにるには、かならしんじんでなくてはならぬ」とおほせられました。

きやうせつしんひろめたまふさつたちや、ほんしうそしたちは、ほとりなききはめてにごれるあくにんをすくふめに、かゝるのりおとくだされました。だうぞくをとはず、いまどきひとは、ともこゝろおなじうして、たゞこれらのかうそうがたせんせつしんぜねばなりませぬ。

出典[編集]

  • 意訳聖典 国立国会図書館 デジタルコレクション

関連項目 [編集]

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。