正信念仏偈

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

原文[編集]

帰命無量寿如来 南無不可思議光

法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所

覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪

建立無上殊勝願 超発希有大弘誓

五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方

普放無量無辺光 無碍無対光炎王

清浄歓喜智慧光 不断難思無称光

超日月光照塵刹 一切群生蒙光照

本願名号正定業 至心信楽願為因

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

五濁悪時群生海 応信如来如実言

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

凡聖逆謗斉廻入 如衆水入海一味

摂取心光常照護 已能雖破無明闇

貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

獲信見敬大慶喜[1] 即横超截五悪趣

一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願

仏言広大勝解者 是人名分陀利華

弥陀仏本願念仏 邪見憍慢悪衆生

信楽受持甚以難 難中之難無過斯

印度西天之論家 中夏日域之高僧

顕大聖興世正意 明如来本誓応機

釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺

龍樹大士出於世 悉能摧破有無見

宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽

顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽

憶念弥陀仏本願 自然即時入必定

唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩

天親菩薩造論説 帰命無碍光如来

依修多羅顕真実 光闡横超大誓願

広由本願力廻向 為度群生彰一心

帰入功徳大宝海 必獲入大会衆数

得至蓮華蔵世界 即証真如法性身

遊煩悩林現神通 入生死薗示応化

本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼

三蔵流支授浄教 梵焼仙経帰楽邦

天親菩薩論註解 報土因果顕誓願

往還廻向由他力 正定之因唯信心

惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃

必至無量光明土 諸有衆生皆普化

道綽決聖道難証 唯明浄土可通入

万善自力貶勤修 円満徳号勧専称

三不三信誨慇懃 像末法滅同悲引

一生造悪値弘誓 至安養界証妙果

善導独明仏正意 矜哀定散与逆悪

光明名号顕因縁 開入本願大智海

行者正受金剛心 慶喜一念相応後

与韋提等獲三忍 即証法性之常楽

源信広開一代教 偏帰安養勧一切

専雑執心判浅深 報化二土正弁立

極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中

煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我

本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人

真宗教証興片州 選択本願弘悪世

還来生死輪転家 決以疑情為所止

速入寂静無為楽 必以信心為能入

弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪

道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説

※ 一部の漢字は旧字体から新字体に変えてあります。

訓読[編集]

  • 東本願寺蔵・坂東本を原典とし、その訓点を元に訓読した。
    • 原典の部分は、太字で記述。
    • (…)は、訓。また原典に記述されている訓は、(カタカナ)で表記した。
    • 〔…〕は、原典に無い送り仮名を補足。
    • 原典に濁点・句読点はないので、付さない事とした。

無量寿如来ニ帰命シ 不可思議光ニ南無シタテマツル

法蔵菩薩ノ因位ノ時 世自在王仏ノ所ミモトニ在(ましまし)

諸仏ノ浄土ノ因 国土人天之(の)善悪ヲ覩見シテ

無上殊勝ノ願ヲ建立シ 希有ノ大弘誓ヲ超発セリ

五劫 之(これ)ヲ思惟シテ摂受ス 〔ネ〕テ誓チカフラクハ 名声十方ニ聞キコエムト

(あまね)ク無量 無辺光 無碍 無対 光炎王

清浄 歓喜 智慧光 不断 難思 無称光

超日月光ヲ放ハナ)〔ッ〕テ塵刹ヲ照(ら) 一切ノ群生 光照ヲ蒙ル

本願ノ名号ハ正定ノ業ナリ 至心信楽ノ願ヲ因ト為(す)

等覚ヲ成リ 大涅槃ヲ証スルコトハ 必至滅度ノ願成就ナリ

如来 世ニ興出シタマフ所以ユヱ (ただ)弥陀本願海ヲ説〔カ〕ムトナリ

五濁悪時ノ群生海 如来如実ノ言〔みこと〕ヲ信ス応(べ)

(よ)ク一念喜愛ノ心ヲ発(ほっ)スレハ 煩悩ヲ断セ不(ず)シテ涅槃ヲ得(う)ルナリ

凡聖 逆謗 斉ヒトシク回入スレハ 衆水 海〔ニ〕〔リ〕テ一味ナルカ如(ごと)

摂取ノ心光 常ニ照護シタマフ (すニ能(よ)ク無明ノ闇ヲ破スト雖〔モ〕

貪愛 瞋憎之(の)雲霧 常ニ真実信心ノ天ニ覆ヘリ

(たとえ)ハ 日光ノ雲霧ニ覆ハルレトモ 雲霧之(の)下 明〔ラカ〕ニシテ闇(くらきこと・やみ)無キカ如(ごと)

信〔ヲ〕獲〔レハ〕見〔テ〕敬〔ヒ〕大〔キニ〕慶喜セン[2] 即チ横(ヨコザマ)ニ五悪ノ趣ヲ超截セチ

一切善悪〔ノ〕凡夫人 如来ノ弘誓願ヲ聞信スレハ

仏 広大勝解ノ者(ひと)ト言ヘリ (こ)ノ人ヲ分陀利華ト名〔ズ〕

弥陀仏ノ本願念仏ハ 邪見憍慢〔ノ〕悪衆生

信楽受持スルコト 甚タ以〔ッ〕テ難(かた) 難ノ中之(の)難 斯(これ)ニ過〔ギ〕タルハ無シ

印度インど) 西天(さいてん)(の)論家 中夏(ちゅう日域(じちいき)(の)高僧

大聖興世ノ正意ヲ顕シ 如来ノ本誓 機ニ応セルコトヲ明〔カ〕

釈迦如来 楞伽山ニシテ  衆ノ為ニ告命シタマハク 南天竺ニ

龍樹大士世〔ニ〕[3](い)〔デ〕 (ことご)ク 能(よ)ク有無ノ見ヲ摧破セム

大乗無上ノ法ヲ宣説シ 歓喜地ヲ証シテ 安楽ニ生セムト

難行ノ陸路 苦(くるし)キコトヲ顕示シテ 易行ノ水道(しいどう) (たのし)キコトヲ信楽(しんぎょう)セシム

弥陀仏ノ本願ヲ憶念スレハ 自然(じねん)ニ即ノ時(とき) 必定ニ入ル

(ただ)(よ) 常ニ如来ノ号ミナヲ称シテ 大悲弘誓ノ恩ヲ報ス応(べ)シトイヘリ

天親菩薩 論ヲ造リテ説(と)カク 無碍光如来ニ帰命シタテマツル

修多羅(しゅたら)ニ依〔ッ〕テ真実ヲ顕(あらわ)シテ 横超(おうちょう)ノ大誓願ヲ光闡(こうせん)

広ク本願力ノ回向ニ由(よ)〔ッ〕 群生ヲ度(ど)〔セ〕ムカ為ニ 一心ヲ彰アラハ

功徳大宝海ニ帰入スレハ 〔ズ〕大会衆ノ数ニ入〔ル〕コトヲ獲

蓮華蔵世界ニ至〔ル〕コトヲ得レハ 〔チ〕真如法性ノ身ヲ証セシムト

煩悩ノ林ニ遊〔ビ〕テ神通(じんづう)ヲ現(げん) 生死(しょうじ)ノ園ニ入〔リ〕テ応化(おうげ)ヲ示ストイヘリ

本師 曇鸞ハ 梁ノ天子  常ニ鸞ノ処(ところ)ニ向フテ菩薩ト礼シタテマツル

三蔵流支 浄教ヲ授サツケシカハ 仙経ヲ焚焼ホムしょう)シテ楽邦(らくほう)ニ帰シタマヒキ

天親菩薩ノ論 註解チユうげ)シテ 報土ノ因果 誓願ニ顕(あらわ)

往還ノ回向ハ他力ニ由(よ) 正定之(の)インハ唯(ただ)信心ナリ

惑染ノ凡夫 信心発スレハ 生死即涅槃ナリト証知セシム

〔ズ〕無量光明土ニ至レハ 諸有ノ衆生 皆(みな)(あまね)ク化(け)ストイヘリ

道綽 聖道ノ証シ難(がた)キコトヲ決シテ (ただ)浄土ノ通入ス可キコトヲ明〔カ〕

万善ノ自力 勤修(ごんしゅ)ヲ貶ヘン 円満ノ徳号 専称ヲ勧ム

三不三信(さんぷさんしん)ノ誨オシヘ慇懃ヲムごん)ニシテ 像末法滅 同シク悲引ス

一生悪ヲ造レトモ 弘誓ニ値マウアヒヌレハ 安養界ニ至〔リ〕テ妙果ヲ証セシムトイヘリ

善導独リ 仏(ぶつ)ノ正意ヲ明〔カ〕セリ 定散(じょうさん)ト逆悪(ぎゃくあく)(と)ヲ矜哀(こうあい)シテ

光明名号 因縁ヲ顕ス 本願ノ大智海ニ開入(かいにゅう)スレハ

行者 正シク金剛心ヲ受ケシメ 慶喜ノ一念相応シテ後(の

韋提(いだい)ヒトシク三忍(さんにん)ヲ獲) (すなわち)法性(ほっしょう)(の)常楽(じょうらく)ヲ証セシムトイヘリ

源信 広ク一代ノ教ヲ開〔キ〕 (ひとニ安養ニ帰シテ 一切ヲ勧ム

専雑ノ執心 浅深(せんじん)ヲ判(はん)シテ 報化二土 正(まさ)シク弁立(べんりゅう)セリ

極重ノ悪人ハ 唯(ただ)仏ヲ称スヘシ (われ)(また) (か)ノ摂取ノ中ニ在(あ)レトモ

煩悩 眼(まなこ)ヲ障(さテ見〔タテマツラ〕(ず)ト雖(いえど・いへど) 大悲倦モノウキコト無ク 〔ニ〕我ヲ照〔ラ〕シタマフトイヘリ

本師 源空ハ 仏教ニ明〔ラ〕カニシテ 善悪ノ凡夫人ヲ憐愍(れんみん)セシム

真宗ノ教証 片州(へんしゅう)ニ興(おこ) 選択本願 悪世ニ弘ム

生死輪転ノ家ニ還来カヘルコトハ 決スルニ疑情ヲ以〔ッ〕テ所止ト為

速ヤカニ寂静無為ノ楽ミヤコニ入ルコトハ (かなら)ス信心ヲ以〔ッ〕テ能入ト為トイヘリ

弘経ノ大士 宗師等 無辺ノ極濁悪ヲ拯済シヨウさい)シタマフ

道俗時衆 共ニ同心ニ (ただ)(こ)ノ高僧ノ説ヲ信ス可シト

脚注[編集]

  1. 「獲信見敬大慶喜」の句は、親鸞真跡である坂東本では、「見テ敬得テ大キニ慶喜スル人ハ」を削除し、「獲信見敬大慶」と記述してある。
  2. 「獲信見敬大慶喜」…真跡である坂東本は、「見テ敬得テ大キニ慶喜スル人ハ」を削除して、「獲信見敬大慶人」(訓点無し)となっている。その為「獲信見敬大慶喜」の句は、一般に流布されているものに、訓読を付した。また、あえて太字で表記していない。
  3. 」…場所を表す置き字。訓読の際は、読まない。

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。