枕草子 (Wikisource)/第十四段

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

淵は  かしこ淵、いかなる底の心を見えて、さる名をつけけんと、いとをかし。ないりその淵、誰にいかなる人の教へしならん。青色の淵こそまたをかしけれ。藏人などの身にしつべくて。いな淵。かくれの淵。のぞきの淵。玉淵。