東部軍教育隊隊歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 歌詞の著作権が消滅しているか

東部軍教育隊隊歌(とうぶぐんきょういくたいたいか)は、東部軍教育隊校歌である。

概要[編集]

本歌は、1943年(昭和18年)8月2日に作られた下士官候補者教育機関である東部軍教育隊(後の東部軍管区教育隊)の隊歌として、1944年(昭和19年)11月3日に作成されたものである。恵藤第四郎大佐をはじめとする東部軍教育隊将校団作詞を行い、三木鶏郎が作曲を担当した。本歌の著作権は

東部軍教育隊歌[編集]

正式な歌名:ああ神州に風荒れて

作詞
東部軍教育隊将校団
作曲
三木鶏郎
  1. ああ神州(しんしゅう)に風荒れて 醜鷲(しこわし)来たり侵すとき
    畏き旨に選ばれて 皇国(みくに)の安危双肩(あんきそうけん)に
    担ひて起てり若桜 赤き心に燃ゆるなり
  2. ああその昔 畏くも 御幸の台の松影に
    富士の気高き望みつつ 五條(いつつ)の御勅旨論(おしえ)戴きて
    至誠即実行(まことをつくしじっこう)の 伝統固く伝ふなり
  3. ああ清らけき神域に 皇城(こうじょう)遥か伏し拝み 朝露踏みて習志野(ならしの)の
    七林台(しちりんだい)の鬨(とき)の声
    砲声響く下志津(しもしづ)に 武を練る我ら幸なりや
  4. 太平洋の濤ほえて 今決戦の秋来る(とききたる)すめら亜細亜の朝ぼらけ 蛍雪なりて巣立つ時
    撃ちてし已まん仇し国 けつ然起って我征かん

その他[編集]

出典:資料館だより第67号 平成8年3月15日発行(船橋市郷土資料館)