明治元訳新約聖書(大正4年)/提摩太後書

From Wikisource
Jump to navigation Jump to search
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 提摩太後書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアテモテへの第二の手紙のページがあります。
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

[二千二十二]
しんやくぜんしょしとパウロテモテおくれるのちのふみ

第一章[edit]

かみむねよりキリスト イエスいのちやくそくつたへためキリスト イエスしととなれるパウロ
あいするテモテふみおくねがはくハなんぢちゝなるかみおよびわれらしゅキリスト イエスよりめぐみあはれみへいこううけ
われひるいのりたえなんぢおもふによりせんぞならきよりゃうしんをもてつかふかみしゃ
われなんぢのなみだおもひなんぢんことをねがこれよろこびわれみたしめんためなり
われなんぢのいつはりなきしんかうおもかくごとしんかうさきなんぢそぼロイスまたなんぢははユニケにありいまなんぢにもあることをしんずるなり
このゆゑわれなんぢをしてあんしゅよりなんぢうけかみたまものふたゝさかんにせんことをおもはしむ
そハかみわれらたまへるれいおくするれいあらちからあいつゝしみれいなれバなり
このゆゑなんぢわれらのしゅあかしなすことゝそのめしうどなるわれとをはぢとなすなかたゞかみちからしたがひてふくいんためわれともくるしみしのぶべし
かれわれらすくきよきめしめしたまへりこれわれらのおこなひよるあらたゞかみおのがむねならざりしさきよりキリスト イエスうちわれらたまひしめぐみよるなり
このおんけいいまわれらのすくひぬしイエス キリストあらはたまひしによりあらはれたりキリストほろぼしふくいんいのちくちざることとをあきらかにせり
十一 われこのふくいんためたてられてのべつたふものとなりしととなりいはうじんとなれり
十二 このゆゑわれこれらのくるしみあひたりされこれはぢとせずそはわれしんずるものしりかつわがかれにたくしたるものかれかのいたるまでまもることをなしうるをしんずれバなり
十三 なんぢキリスト イエスにあるしんあいとをさきわれきゝところまことことばかたたもつべし
十四 なんぢたくしたるよきものをわれらうちにをるせいれいまもるべし
十五 アジアにをるものすべてわれそむこれなんぢがしるところ
[二千二十八]
なりフゲロヒルモゲ子そのなかあり
十六 ねがはくハしゅあはれみオ子シポロいへたまそはかれしばゝゞわれをなぐさかつわがくさりはぢとせず
十七 そのロマありしときいそたづねわれあひたり
十八 ねがはくハしゅかれをしていたしゅあはれみしめよかれエペソありいかバかりわれつかへしかなんぢよくしるところなり


第二章[edit]

わがなんぢキリスト イエスにあるめぐみかたくなるべし
またなんぢおほくあかしびとまへにてわれよりきゝところことちゅうしんにしてよくひとをしふるにひとたくすべし
なんぢキリスト イエスよきへいそつごとわれともくるしみしのぶべし
へいそつつとむものよのことみづからわづらハせずこれつのれるものこゝろよろこバせんとすれバなり
もしちからきそふものはふしたがひてきそハずバかんむり
ほねおりたるひゃくしゃうまづべきなり
なんぢわがいひところおもふべししゅなんぢすべてのことさとらしめん
ダビデすえよりいでたるイエス キリストつたふところふくいんごとよりよみがへりたるをなんぢこゝろとむべし
このふくいんためわがくるしみうけつみびとごとつながるゝにいたれりされかみことばつながれず
このゆゑわれえらばれしものためすべてことしのぶこれかれらにもキリスト イエスにあるすくひおよびかぎりなきさかえしめんためなり
十一 こゝしんずべきはなしありわれらもしかれともしなかれともいくべし
十二 われらもししのバゞかれともわうなるべしわれらもしかれしらずといはかれわれらしらずといは
十三 われらしんぜずといへどかれまことなりかれおのれたがふことあたはずるなり


十四 なんぢかれらをしてこのことおもはしめかつしゅまへにてかれらいましことばよりあらそふことなからしむべしこれえきするところなくきくひとをしてほろびいたらしむ
十五 なんぢかみよろこバるゝものならんことをつとめまたはづところなきはたらくものとなりてまことのことばたゞしわかをしへんことをつとむべし
十六 みだりなるえきなきはなしさくべしそはこれをなすものますゝゝふしんすゝめバなり
十七 かれらことばだっそごとくされひろがるべしヒメナヨ
[二千二十九]
レトかくごとものなかあり
十八 かれらまことあやまりてよみがへりすですぎたりといひかくすにんしんかうほろぼすなり
十九 しかれどもかみすえたまひしかたきもとゐたてりそのうへいんありしるしていふしゅおのれつけものしるとまたいふすべてしゅよぶものハふぎはなるべしと
二十 おほいなるいへうちにハきんぎんうつはあるのみならずつちうつはもありかれたふときにもちこれいやしきにもちゐるなり
二一 ひともしこれらはなれておのれきよくせバたふときにもちゐうつはとなりきよくしてしゅようかなすべてよきわざなすことをうるなり
二二 なんぢいとけなきときのよくさけしんあいおひもとまたきよきこゝろにてしゅよぶものやはらことおひもとむべし
二三 おろかなるとむがくなるべんろんさくべしそはこれよりあらそひおこるをしれバなり
二四 しゅしもべあらそふべからずやわらかすべてひとあしらをしへよくしのぶことをなし
二五 さからものをバにうわいましむべしかみあるひハかれらくいあらたむるこゝろたまひこれまことしらしめたまハん
二六 またかれらそのゑひさめてあくまわなのがれいでそはあくまかれらをしておのれむねおこなハしめんためこれとりこにすれバなり


第三章[edit]

すゑのよなやみきたらんなんぢこのことしれ
そのひいたらバひとたゞおのれあいむさぼりほこりたかぶりのゝしりふかうおんわすれ、ふけつ
ふじゃううらみとかず、そしりよくほしいまゝにし、ざんこくぜんこのまず
ともうりわがまゝじふかみよりもたのしみあいすることをせん
かれらけいけんかたちあれどじつけいけんとくすつなんぢかくごとものさくべし
ひといへいりおろかなるをんなとりこにするハかくごとものなりをんなつみかささまゞゝよくさそハれ
つねまなべどもまことしるいたることあたハず
かのひとヤン子ヤンブレモーセさからひしごとまたまことさからふなりかれらこゝろくされたるものしんかうみちとりてハすてられたるものなり
されなほこのうへすゝむことあらじそはかのふたりごとかれらおろかなることもすべてひとあらはるべけれバなり
なんぢ
[二千三十]
をしへおこなひこゝろざししんかうくわんようあいしのび
十一 およわがアンテオケイコニオムルステラにてあひせめくるしみまたうけせめいかなるかをしりしゅことゞゝそのうちよりわれすくひたまへり
十二 すべキリスト イエスありかみうやまひつゝわたらんとこゝろざものせめうくべし
十三 あしきひとひとあざむひとますゝゝあくすゝひとまどはまたひとまどはさる
十四 なんぢまなびしんずるところことまもるべしそはなんぢたれよりこれまな
十五 かついとけなきときよりせいしょしることをしれバなりせいしょなんぢをしてキリスト イエスしんずるによりすくひしめんためちえあたふるものなり
十六 せいしょハみなかみもくしにしてをしへいましめまたひとをしてみちせしめまたたゞしきまなびしむるにえきあり
十七 これかみひとまったきもろゝゝよきことおこなふにかけなからんためなり

第四章[edit]

われかみまへおよびあらはるゝときそのくにおいいけものしねものさばきするキリスト イエスまへにてなんぢもと
なんぢみちのべつたふべしときうるときざるもはげみてこれつとさまゞゝしのびをしへひとたゞいましすゝむべし
それひとまことをしへいれみゝよろこバしむることこのそのしよくしたがひておのためましくわふとききたらん
かれらみゝまことよりそむあやしはなしむかふべし
されなんぢすべてのことつゝしくるしみしのびてでんどうしゃわざをなしなんぢしょくつく
われいまそなへものとならんとすをさるときちかづけり
われすでよきたゝかひをたゝかひすではしるべきみちのりつくすでしんかうみちまもれり
いまよりのちぎかんむりわがためそなへありしゅすなハちたゞしさばきをなすものそのいたりてこれわれあたたゞわれにあたふるのみならずすべかれあらはるゝしたものにもあたふべし


なんぢつとめすみやかにわれきた
デマスこのあいしてわれすてテサロニケゆけクレスケンスガラテヤテトスダルマテヤ
[二千三十一]
ゆけたゞルカのみわれともにあり
十一 なんぢマコつれともきたそはかれのつとめわれにえきあれバなり
十二 われテキコエペソつかはせり
十三 なんぢきたるときわがトロアスにてカルポもとのこしゝうはぎたづさきたれまたしょもつたづさきたそのかはなるものもっともかんえうなり
十四 かぢやなるアレキサンデルおほわれなやませりしゅかれがおこなひしところしたがひてむくいなさ
十五 なんぢまたかれをふせぐべしかれはなはだしくわれらことばさからひたり
十六 はじめさばきびとことわけのべしときたれわれともにせずみなわれをはなれたりねがはくハかれらつみせざらんことを
十七 されしゅわれともありわれちからあたたまへりこれわれによりみちことゞゝくつたはいはうじんをしてみなこれをきかしめんためなりわれすくはれてしゝくちよりいでたり
十八 しゅまたわれすくひてもろゝゝあくじよりはなれしめかつわれをすくひてそのてんくにいれねがはくハさかえよゝかぎりなくかれせんことをアメン
十九 こふなんぢプリスキラアクラオ子シポロいへやすきとへ
二十 エラストコリントとゞまれりトロピモやまひあれバわれかれをミレトスとゞめたり
二一 なんぢふゆよりまへいそわれきたユブルプデスリノスクラウデアきゃうだいみななんぢやすきとふ
二二 ねがはくハしゅイエス キリストなんぢたましひともにあれねがはくハめぐみなんぢらあらんことをアメン




新約全書提摩太後書 終