明治元訳新約聖書(大正4年)/帖撒羅尼迦人後書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 帖撒羅尼迦後書(元訳大正4年)
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

新約全書使徒しんやくぜんしょしとパウロテサロニケびとおくれる後書のちのふみ

第一章[編集]

パウロシルワノテモテ我儕われらちゝなるかみおよびしゅイエス キリストあるテサロニケびと教會けうくわいふみおく
ねがはくは我儕われらちゝなる神及かみおよしゅイエス キリストより爾曹なんぢら恩寵めぐみ平康やすきうけ



兄弟きゃうだい我儕われらなんぢらについつねかみ感謝かんしゃすべきなりこれかなうことなりそは爾曹なんぢら信仰爾曹なんぢらかつ爾曹なんぢらおのゝゝたがひあいすることあつなりたれバなり
是故このゆゑ我儕われらなんぢらのためかみ教會けうくわいなかほこそはなんぢら窘迫せめ患難なやみなかあり忍耐しのび信仰しんかうたもてばなり
これかみ義鞫たゞしきさばきしるしなり爾曹なんぢらをしてかみくにため患難なやみうく
そはなんぢらに患難なやみくはふものには患難なやみむくい
患難なやみうく爾曹なんぢらには我儕われらとも平安やすきうることをむくゆるはかみ公義たゞしきことなればなり此事このことしゅイエス火燄ほのほうちにて其能力そのちから諸使つかひたちともてんよりあらはれんときにあり


すなはかみしらざるものおよび我儕われらしゅイエス キリスト福音ふくいんしたがはざるものむくいあた
かれらしゅかほ其勢そのいきほひ榮光えいくわうよりはなれてかぎりなくほろぶばつうけ
其時そのときすなはしゅきたりて其聖徒そのせいとより榮光えいくわうをうけすべて信者しんじゃよりほまれ其日そのひなり爾曹なんぢら我儕われらあかししんずるものなり
十一 これつい我儕われらつねに爾曹なんぢらためいのるは我儕われら神爾曹かみなんぢらをしてめしうくべきものとなし又能力またちから爾曹なんぢらすべて善願よきねがひ信仰しんかうわざ成就じょうじゅせしめんことなり
十二 これわれらのかみしゅイエス キリストめぐみより我儕われらしゅイエスなんぢらのうちあがめられまたなんぢらかれありあがめられんためなり

第二章[編集]

兄弟きゃうだい我儕われらしゅイエス キリストきたたまふことおよ我儕われらかれもとあつまることについては我儕願われらねが
爾曹なんぢらあるひはれいによりあるひことばよりあるひはおくれるにたるふみよりしゅ
[二千十六]
すできたるとてこゝろうごかし且擾かつさわぐことなからんことを
たれなにのはふてするとも爾曹欺なんぢらあざむかるゝことなかそはさきにみちはなるゝことなく且罪かつつみ人即ひとすなは淪亡ほろび子現こあらはるゝことなくバ其日そのひきたらじ
かれすべかみとなふものまたひとをがところものてきこれよりすぎおのれたふとくしかみ殿みやしてみづかかみなりとするいた
われ爾曹なんぢらうちありしとき此事このことかたりしを爾曹なんぢら記憶きおくせざる
かれをして其時そのときいたりてあらはれしめんためいまかれをおさふもの爾曹なんぢらしる
それ不法ふはうかくれたるものすでにはたらけりいまこれをおさふるもののぞかるゝまでかくれをり
其時そのときいたりて不法ふはうものあらはるべししゅイエス其口そのくちいきかれほろぼさん其臨そのきたるときあらはところ榮光えいくわうかれはいせん
かれサタン行爲はたらきしたがひて各様さまゞゝいつはりなるちからしるし奇跡ふしぎなるわざ
かつ不義ふぎすべて詭譎まどはしあらはれかの淪亡者ほろぶるものうちあるなりそはかれら眞理まことあいするのあいうけずしてすくひざるものなればなり
十一 是故このゆゑかみかれらがいつはりしんぜんため迷惑まどひをして彼等かれらうちはたらかしむ
十二 これすべ眞理まことしんぜず不義ふぎこのものつみさだめんとてなり


十三 しゅあいせらるる兄弟きゃうだい爾曹なんぢらため我儕常われらつねかみ感謝かんしゃすべきなりそは神始かみはじめより爾曹なんぢらえら眞理まことしんずることゝれいきよめかうむることによりすくひしめたまへバなり
十四 かみわれらの福音ふくいん爾曹なんぢら此福このさいはひまねたまへり爾曹なんぢらをして我儕われらしゅイエス キリスト榮光えいくわうしめんためなり
十五 是故このゆゑ兄弟きゃうだい爾曹堅なんぢらかたたちかつあるひ我儕われらことばあるひは我儕われらふみよりをしへうけたるつたへかたまもるべし
十六 ねがはくは我儕われらしゅイエス キリストおよ我儕われらちゝかみすなはち我儕われらあい且恩かつめぐみより永遠かぎりなき安慰なぐさめ善望よきのぞみあたふもの
十七 爾曹なんぢらこゝろなぐさすべて善行よきわざ善言よきことば爾曹なんぢら堅固かたくせんことを


第三章[編集]

をはりわれこれを言兄弟いふきゃうだい爾曹なんぢらわれらのためいのしゅことばをしてとくひろまりさかえうくること爾曹なんぢらうちごとくならしめ
又我儕またわれらをしてよこしまなる惡人あくにんよりすくはるゝことそハひとみなしんずるものといふにあらざればなり
されしゅ信實まことなるものなりかれなんぢらをかたくし爾曹なんぢらまもりてかの惡人あしきひとよりすくは
爾曹なんぢらわれらのめいずることいますでにおこなのちまたこれおこなのちまたこれおこなはんことをしゅよりしんずるなり

ねがはくハしゅなんぢらのこゝろかみあいキリスト忍耐しのびみちびたまはんことを


兄弟きゃうだい我儕主われらしゅイエス キリストより爾曹なんぢらめい我儕われらよりうけたるつたへしたがはずしてみだりあゆすべて兄弟きゃうだいとほざかるべし
爾曹なんぢらみづから如何いかにして我儕われらならふべきをしるそれ我儕われらなんぢらのうちありみだりなることなさ
またひとのパンをあたひなしにしょくすることなく唯人たゞひとわづらはせざらんためらうくるしみをして晝夜工ひるよるわざなせ
これわれら權威けんゐなきがゆゑあらずたゞ自己みづから模楷かたとし爾曹なんぢらをしてならはしめんためなり
われら爾曹なんぢらうちありしときひともしわざなすことをこのまずバしょくすべからずと爾曹なんぢらめいじたり
十一 それ爾曹なんぢらうちわざなさずしてもっぱ餘事よじつとみだりなることおこなものありと我儕聞われらきゝたり
十二 われらかくごとものしづかわざなしおのれのパンをしょくせんことを我儕われらしゅイエス キリストよりめい且勸かつすゝ
十三 兄弟きゃうだいぜんおこなひてうむことなか
十四 もしこのふみいへ我儕われらことばしたがはざるものあらばこれはずかしめんため其人そのひとしるして相交あひまじはることなか
十五 されかれてきとせず兄弟きゃうだいごとこれいさむべし
十六 ねがはくは平安へいあんしゅつねに何事なにごとよら爾曹なんぢら平安へいあんたまはんことをねがはくは主爾曹しゅなんぢらともあらんことを
十七 われパウロづからふでとりやすきをとふふみごとにこれしるしとすかけるはかくごと
十八 ねがはくは我儕われらしゅイエス キリストめぐみすべて爾曹なんぢらともあらんことをアメン

新約全書帖撒羅尼迦後書 終