明治元訳新約聖書(大正4年)/加拉太人書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 > 加拉太人書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアガラテヤ人への手紙のページがあります。

[千九百七十三] しんやくぜんしょしとパウロガラテヤびとおくれるふみ

  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

ひとよりにあらまたひとよらイエス キリストかれよりよみがへらしゝちゝなるかみよりたてられたるしとパウロ
およわれともあるすべてのきゃうだいガラテヤしょけうくわいふみおく
なんぢらねがはくはちゝなるかみおよびわれらしゅイエス キリストよりめぐみやすきうけ
キリストわれらちゝなるかみむねしたがいまあしきよよりわれらすくひいださんとてわれらつみためおのすてたまへり
ねがはくはさかえかれしてよゝいたれアメン


キリストめぐみをもてなんぢらめしたるものなんぢらかくすみやかにはなれてことなるふくいんうつりことわれあやしむ
これふくいんあらあるひとたゞなんぢらみだキリストふくいんかへんとするなり
われらにもせよてんよりのつかひにもせよもしわれらがかつなんぢらつたへところさからふくいんなんぢらつたふもののろはるべし
われらすでいひしがいままたわれそのごといはもしなんぢらがうけところさからふくいんなんぢらつたふもののろはるべし
いまわれひとしたしみんことをねがハゞキリストしもべあらざるべし


十一 きゃうだいわれなんぢらにしめわれかつなんぢらつたへところふくいんひとよりいづるにあら
十二
そはわれこれひとよりうけまたをしへられずたゞイエス キリストしめしよりうけたればなり
十三 わがさきユダヤけうありしときおこなひたることなんぢらきけすなははなはだしくかみけうくわいせめかつこれほろぼせり
十四 われまたこゝろひとよりもせんぞたちいひつたへあつくユダヤけうありてハくにびとのうちとしひとしきおほくのひとまさりたり
十五 しかれどもはゝたいいでときよりわれえらびおきめぐみをもてわれめしたまひしかみ
十六 そのいはうじんうちのべしめんがためこゝろよしとしてかれこゝろしめたまへるそのときわれたゞちけつにくはかることを
[千九百七十四]
せず
十七 またわれよりさきしとなりエルサレムあるところのものにもゆかアラビヤゆきまたダマスコかへれり
十八 さんねんのちペテロたずねためエルサレムのぼじゅうごにちかれともをりしが
十九 ほかしとたちにハしゅきゃうだいヤコブのぞきてハたれにもあはざりき
二十 いまわがなんぢらかきおくところかみまへいつ[は]れることなし
二一 そののちわれスリヤキリキヤいたれり
二二 しかれどもユダヤあるキリストしょけうくわいかほしらざりき
二三 たゞかれらハさきおのれらせめしものいまそのさきほろぼさんとしたるしんかうみちのべつたふときゝ
二四 わがことよりかみあがむることを


第二章[編集]

じふよねんのちわれバルナバともテトスともなひてまたエルサレムのぼ
わがのぼりしハしめししたがへるなりいはうじんなかおいのべところふくいんかれらつげまたひそかあるひとたちこれつげたりそはいまつとむところことむなしくならざらんがためなり
われともありテトスギリシャびとなるになほしひてハこれかつれいうけさせざりき
そハひそかいれられしいつはりきゃうだいあるによりてなりかれらひそかいりしハわれらイエス キリストありたもつところのじゆううかゞわれらどれいとせんがためなり
われらひとときこれふくすることをせずふくいんまことつねになんぢらともあらんことをのぞめバなり
かのあるものよりわれうけしことなしかれらいかなるひとなるにもせよわれおいあづかところなしかみかたよものあらあるものわれにをしへそへしことなきなり
かへっかれらペテロかつれいうけたるものふくいんつたふることをゆだねられしごとかつれいうけざるものふくいんつたふることをゆだねられしを
ペテロちからあたへかつれいうけたるひとしとなしものまたわれにもちからあたへいはうじんしとり)
またわれたまひところめぐみしりしによりはしらおもはるゝヤコブケパヨハ子そのみぎのてあたへわれ
[千九百七十五]
バルナバまじはりむすべりこれわれらハいはうじんいたかれらかつれいうけたるものいたらんためなり
かれらたゞねがふところわれらまづしきものかへりみんことなりわれらまたこのこともとよりすゝんでなさんとするところなり
十一 ペテロアンテオケいたりしときかれせむべきところありしによりわれまのあたりこれをいましめたり
十二 そはヤコブよりきたものいまいたらざるさきにハペテロいはうじんともしょくしたれどもかれらいたるにおよびかつれいうけたるものおそしりぞきていはうじんわかれたれバなり
十三 そのほかユダヤびとかれともいつはりおこなひをなしバルナバついそのいつはりおこなひさそはれたり
十四 われかれらがふくいんまことしたがたゞしおこなハざるをすべてのひとまへおいペテロいひけるハなんぢユダヤびとにしていはうじんごとおこなユダヤびとごとおこなハざるときはなんいはうじんしひユダヤびとならはししたがハせんとする
十五 それわれらはうまれつきユダヤびとにしていはうよりいでたるつみびとあら
十六 されひととせらるゝはおきておこなひよるあらたゞイエス キリストしんずるによるなるをしるこのゆゑわれらおきておこなひよらキリストしんずるによりとせられんがためイエス キリストしんそはおきておこなひよりとせらるゝものなければなり
十七 もしわれらキリストありとせられんことねがひなほつみびとならばキリストつみしもべなるかきはめしからず
十八 さきこぼちこのものをいまもしふたゝたてなばみづかそのつみびとなるをあらはすなり
十九 おきてによりおきてむかひてしねこれかみむかひていきためなり
二十 われキリストともじふじかつけられたりもはやわれいけるにあらキリストわれありいけるなりいまわれにくたいありいけるなりいまわれにくたいありいけるハわれあいしてためおのれすてものすなハちかみしんずるによりいけるなり
二一 われかみめぐみむなしくせずとせらるゝことおきてよらキリストいたずらなるわざなり


[千九百七十六]

第三章[編集]

おろかなるかなすでにイエス キリストじふじかつけられしことあきらかにそのめのまへあらはされたるガラテヤびとなんぢらたぶらかしゝ
われたゞこのことなんぢらみたまうけしはおきておこなふによるはたきゝてしんぜしによる
なんぢらかくおろかなるなんぢらみたまよりはじまいまにくよりまったうせらるゝ
なんぢらかくおほくのくるしみいたづらうけしやじついたづらにはあるまじ
それなんぢらみたまあたへかつふしぎなるわざおこなはしめたまものかくなすはなんぢらおきておこなふによりてなるまたはきゝしんぜしによりてなる
すなはアブラハムかみしんそのしんかうせられたるがごと
このゆゑしんかうによるものこれアブラハムなりとなんぢらしるべし
かつせいしょすでにしんかうよりかみいはうじんしたまふことをあらかじめさとりまづふくいんアブラハムちたへすべてのくにたみなんぢよりさいはひんといへ
このゆゑしんかうよるものはしんかうありしアブラハムともさいはひうく
おほよおきておこなひよるものはのろはるべしそはおきてふみのせたるすべてことつねおこなハざるもののろはるとしるされたればなり
十一 かつぎじんしんかうよりいくべしとあれおきてよりとせらるゝものなきことはあきらかなり
十二 それおきてしんかうよらすなはいふこれをおこなものこれよりいくべしと
十三 キリストすでわれらためのろハるゝものとなりてわれらあがなおきてのろひよりはなれしめたまへりそはすべてかゝもののろはれしものなりとしるされたればなり
十四 これアブラハムやくそくたまひしめぐみイエス キリストよりいはうじんにまでおよわれらにもしんかうよりやくそくみたまうけしめんためなり
十五 きょうだいわれいまひとことよりいはひとけいやくだにすでさだむれバこれけしまたくはふることなし
十六 それやくそくアブラハムそのすゑとにたてたまひしものにしておほくひとさしすゑゞゝいへるにあらたゞひとりさしなんぢすゑいへなりこれすなはキリストなり
十七 われこれをいはかみあらか
[千九百七十七]
さだめたまひしけいやくよんひゃくさんじゅうねんのちのおきてこれをすてそのやくそくことばむなしくすることをせざるなり
十八
よつぎなることおきてよらやくそくにハよらざるべしされかみやくそくよりこれアブラハムたまへり


十九 しからバおきてようなにぞややくそくうくべきすゑきたるまでつみためくはへしものにててんのつかひたちによりなかだちそなたまひしなり
二十 それなかだちひとりつけものあらかみすなはひとりなり
二一 しからバおきてかみやくそくもとるやきはめしからひといかしうるおきてたまはりしならバとせらるゝハかならおきてよるべし
二二 しかれどもせいしょかへっすべてのひとつみもととぢこめたりイエス キリストしんずるによれやくそくのものをもろゝゝしんじゃたまはらんがためなり
二三 しんかうきたらざるさきにはわれらおきてしたとぢこめられかつまもられてそのあらはれんとするしんかうまて
二四 かくおきてわれらをしてしんかうよりとせらるゝことしめんがためわれらキリストみちびしふとなれり
二五 しかれどもいましんかうすでにきたりたればわれらもハやしふしたにあらず
二六 なんぢらみなキリスト イエスしんずるによりかみとなれり
二七 そハおほよそバプテスマをうけキリストいれなんぢらキリストたるものなればなり
二八 かゝものうちにハユダヤびとまたギリシャびとあるひハどれいあるひハじしゅあるひハをとこあるひハをんなわかちなしそはなんぢらみなキリスト イエスありひとつなればなり
二九 もしなんぢらキリストぞくするものならバなんぢらアブラハムすゑすなハちやくそくしたがひてよつぎたるなり


第四章[編集]

われいハんよつぎたるものぜんげふしゅなれどもそのわらべときしもべことなることなし
ちゝさだめときいたるまでうしろみおよびいへづかさしたあり
かくごとわれらわらべうちこのよせうがくしたありしもべたるなり
しかれどもときすでにいたるにおよびてかみそのつかはたまへりかれをんなよりうまおきてした
[千九百七十八]
うまれたり
これおきてしたにあるものあがなわれらをしてたることをしめんがためなり
かつなんぢらすでたることをしがゆゑかみそのみたまなんぢらこゝろおくりアバちゝよばしむ
このゆゑなんぢはもはやしもべあらなりすでならバまたかみよりよつぎたるなり
しかれどもなんぢらかみしきざりしときそのじつかみあらざるものつかへしもべたりき
しかれどもなんぢらいまかみしれかえっかみしられたりといふべしなんよわいやしせうがくかへりてふたゝこれしもべたらんことをねがふや
なんぢらつつしみつきせつとしとをまも
十一 われなんぢらついあやぶおそらくハなんぢらためつとめしことむなしくならんことを


十二 きゃうだいねがわくハなんぢらわがごとくなれそはわれなんぢらごとくなりたれバなりなんぢらハわれがいせしことなし
十三 さきわれよわきにしてなんぢらふくいんつたへしことハなんぢらしるところなり
十四 なんぢらこゝろむものありしをなんぢらいやしめずまたいとはかへってんのつかひごとキリスト イエスごとくにわれあつかひたり
十五 なんぢらそのときさいはひいかにありしわれなんぢらあかしなしうべくばなんぢらみづからのとりわれあたへんとてまでねがひたり
十六 しかるにわれなんぢらにしんりかたりしによりわれなんぢらのあたとなりし
十七 かれらなんぢらねっしんなるハよきこゝろあらなんぢらおのれねっしんならしめんとてなんぢらはなれしめんとするなり
十八 されたゞわがなんぢらともなるときのみならずよきことためつねねっしんなるはよろしきなり
十九 をさなごわれなんぢらのこゝろキリストかたちなるまでハふたゝなんぢらためうみくるしみをなす
二十 われいまなんぢらともありこゑあらためんことをねがそはわれなんぢらついまどへバなり


二一 なんぢらおきてしたあらんことをねがものわれかたなんぢらおきてきかざる
二二 しるしてアブラハムふたりありひとりしもめよりひとりじしゅをんなよりうまれたりとある
二三 そのしもめよりうまれしものにくしたがじしゅをんなよりうまれしものやくそくよりうまれたるなり
二四
[千九百七十九]
ことたとへにしてすなはこのをんなふたつけいやくなぞらふべしひとつシナイやまよりいでどれいうむこれすなはハガルなり
二五 このハガルアラビアシナイやまいまエルサレムあたれるなりそはかれそのこどもともどれいたれバなり
二六 されうへあるところのエルサレムじしゅにしてこれわれらのはゝなり
二七 そハしるしてはらまうまざるものよろこうみくるしみせざるものこゑあげよばはひとりすめものおっとあるものよりもおほきゆゑなりとあれバなり
二八 きゃうだいわれらイサクごとやくそくなり
二九 しかれどもむかしにくしたがひてうまれしものみたましたがひてうまれしものせめごといままたしか
三十 されせいしょなにいへるやしもめおよびそのこおへそはしもめじしゅをんなともよつぎとなるべからざればなりいへ
三一 きゃうだいかくごとくなれバわれらしもめあらこのじしゅをんななり


第五章[編集]

イエス キリストわれらときじゆうさせたりこのゆゑなんぢらかたくたちふたゝどれいくびきつながるゝなか
われパウロなんぢらにいふなんぢらもしかつれいうけなバキリストさらなんぢらえきなし
われまたかつれいうけたるおのゝゝひとついあかしそのひとまったおきておこなふべきものなり
なんぢらおきてよりとせらるゝものキリストかゝはりなくめぐみよりおちたるものなり
われらのぞところのものすなはしんかうとせらるゝことをみたまよりまつなり
それキリスト イエスありてハかつれいうくるもうけざるもえきなくたゞあいよっはたらところしんかうのみえきあり
なんぢらさきにハよくはしりたりなんぢらまことしたがはざるやうさゝふることをしや
そのすゝめなんぢらめすものよりいづるにあら
すこしぱんだねかたまりをみなふくれしむ
なんぢらついてハわれなんぢらがすこしもことなるおもひいだかざることをしゅよりしんたれにてもなんぢらなんぢらをわづらはすものそのさばきうくべし
十一 きゃうだいわれもしいまなほかつれいのべなんせめらるゝことあらんもししかせば
[千九百八十]
もはじふじかつまづくことやむべし
十二 なんぢらみだものみづかなんぢらよりはなれんことをねが
十三 そはきゃうだいなんぢらめしかうむりてじゆうたるものなればなりされどそのじゆうをりとしてにくしたがなかたゞあいたがひつかふることを
十四 それおのれごとなんぢとなりあいすべしといへこのひとつのことばすべてのおきてまったうするなり
十五 なんぢらつゝしめもしたがひにかみくらはゞおそらくハたがひほろぼされん


十六 われいふなんぢらみたまよりあゆむべしさらにくよくなすことなからん
十七 そハにくねがひみたまさからみたまねがひにくさからこのふたつのものたがひあひもとこのゆゑなんぢらこのところことをなすを
十八 されなんぢらもしみたまみちびかるゝときハおきてしたあらざるべし
十九 それにくおこなひあらはなりすなはこうがふ[う]をくわいかうしょく
二十 ぐうざうつかふること、ふじゅつきうこんさうとうときふんどぶんそうけったういたん
二一 ばうしつきょうさつすゐしゅはうとう、などのごとこれらことにつきわれかつなんぢらかゝことをなすものかみのくにつぐべからずとつげしそのごといままたあらかじめこれつぐ
二二 みたまむすところじんあいきらくへいわにんたいじひりょうぜんちゅうしん
二三 おんじうそんせつかくのごとたぐひきんずるおきてハあることなし
二四 それキリストぞくするものにくそのじょうおよびよくとをじふじかつけたり
二五 もしわれらみたまよりいきなバまたみたまよりあゆむべし
二六 たがひいかりたがひにねたむことをなしむなしきほまれもとむなか


第六章[編集]

きゃうだいもしはからずもあやまちおちいものあらばなんぢらのうちみたまかんじたるものにうわなるこゝろをもてこれたゞすべしまたみづからをもかへりみよおそらくハなんぢさそはるゝことあら
なんぢらたがひらうかくしてキリストおきてまったうすべし
ひともしあることなくしてみづかありとせバこれみづからあざむくなり
おのゝゝそのなすところをかんがかくせバほこもとゐハたゞおのれありひとあら
そハひとおのゝゝおふべけれバなり
されみちをしへらるゝものみちおしふものすべいうえきなるものわけあたふべし
みづかあざむなか
[千九百八十一]
かみあなどるべきものあらそはひとまくところのものまたそのかるところとなるなり
おのにくのためにまくものハにくよりくづるものをかりとりみたまのためにまくものハみたまよりかぎりなきいのちかりとるべし
ぜんおこなふにおくするなかそはもしうむことなくバわれらときいたりてかりとるべければなり
このゆゑをりあらバすべてひとぜんなすべししんかうともがらにハわけこれなすべし


十一 なんぢらわがてづからなんぢらにかきおくもじいかおほいなるかを
十二 およにくについてうるはしからんことをねがものなんぢらかつれいこれたゞおのれキリストじふじかためせめらるゝことをまぬかれんがためなり
十三 そハかつれいをうけたるかれらなほみづかおきてまもることをせずかれらなんぢらかつれいうけさせんとするハなんぢらにくおいほこらんとおもふなり
十四 されわれにはたゞわれらのしゅイエス キリストじふじかほかほこところなからんことをねがこのキリストよりわれよむかへバじふじかつけられわれむかふもまたしか
十五 それイエス キリストおいてはかつれいうくるもうけざるもえきなくたゞあらたつくられしもののみえきあり
十六 およこののりしたがひてあゆものねがはくハやすきめぐみとあれかみイスラエルにもまたしか
十七 いまよりのちたれわれわづらハすなかそはわれイエスしるしおびたれバなり
十八 きゃうだいねがはくはわれらしゅイエス キリストめぐみなんぢらのれいともならんことをアメン


新約全書加拉太書 終