明治元訳新約聖書(大正4年)/約翰第二書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 約翰第二書(元訳大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアヨハネ第二の手紙のページがあります。

[二千八十七]
新約全書しんやくぜんしょ使徒しとヨハ子第二書だいにしょ

本文[編集]

長老選ちゃうらうえらびかうむれるクリア其子等そのこたちふみおく我誠われまことになんぢらをあいたゞわれのみならずおほよ眞理まことしれものまたみな爾曹なんぢらあいせり
爾曹なんぢらあいするはこれわれらのうちありつねはなれざる眞理まことよりてなり
爾曹なんぢらまことあいとにをりかみすなはちちゝおよびちゝイエス キリストより恩寵めぐみ慈悲じひ平康やすきとをうくべし


われなんぢ子等こたちうちわがうけところちゝめいごと眞理まことしたがひてあゆものあるはなはよろこべり
クリアわれいまなんぢすゝたがひ相愛あひあいすべしあたらしきいましめ書贈かくおくるにあらすなははじめより我儕われらもてところものなり
われらかれいましめしたがひてあゆむはこれすなはちあいなり爾曹なんぢらはじめよりきゝごとあいあゆむは是乃これすなはいましめなり
そはまどひさそものおほくいでイエス キリスト肉體にくたいなりきたたまへることをいひあらはさず此惑このまどひさそものすなはキリストてきなればなり
なんぢら我儕われら勤勞はたらきところことむなしくせずまったむくひんがためみづかつゝしむべし
おほよキリストをしへをらずしてひとみちびものかみもたキリストをしへにをるものちゝおよびもて
ひともし此教このをしへもたずして爾曹なんぢらきたらばこれいへいるることなかかれやすかれといふなかれ
十一 かれやすかれといふものとも其惡行そのあしきわざくみするなり


十二 われなほ多端おほくのことあれどかみすみとを爾曹なんぢらかきおくるをこのま我儕われら喜樂よろこび充滿じゅうまんせんため爾曹なんぢらいたくちむかへかたらんことをのぞ
十三 なんぢ姉妹しまいすなはちえらびかうむれるもの兒女こどもなんぢにやすきとへりアメン