明治元訳新約聖書(大正4年)/約翰第三書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 明治元訳新約聖書 (大正4年) > 約翰第三書(大正4年)
Wikipedia
ウィキペディアヨハネ第三の手紙のページがあります。

[二千八十九]
新約全書しんやくぜんしょ使徒しとヨハ子第三書だいさんしょ

本文[編集]

長老愛ちゃうらうあいするガヨスすなはまことあいするところものふみおく
あいするものよなんぢが靈魂たましひさかんなるごとくなんぢすべてのことにつきてさかんに又康強またすこやかならんことをわれねがふ
兄弟來きゃうだいきたりてなんぢ眞理まことたもてることすなはなんぢ眞理まことあゆむことをあかししたれば我甚われはなはよろこべり
わが子等こたち眞理まことあゆむをきくまされるおほいなる喜樂よろこびわれになし
あいするものなんぢ賓旅たびゞとなる兄弟きゃうだいにまですべおこなふに忠信ちゅうしんをもておこなへり
かれら教会けうくわいまへありなんぢあいあかしせりなんぢもしかみかなふべく彼等かれら行路たびたすけ其行そのおこなふところぜんなり
彼等かれらしゅためいで異邦人いはうじんよりなにをもうけざればなり
是故このゆゑ我儕われらかくのごとひとたすくべしそはわれらも彼等かれらとも眞理まことはたらものとならんためなり
われさきふみ教會けうくわいおくりしが彼等かれらうちおいをさたらんことをこのデヲテレペスわれうけざりき
われもしゆか其行そのなせところこゝろ記置とめおかかれ惡言あしきことばをもてみだり我儕われらろんかつこれをたれりとせずみづか兄弟きゃうだいうけそれうけんとするものをもさまたげて教會けうくわいよりしりぞけたり
十一 あいするものあくならなかすなはぜんならぜんおこなものかみより出惡いであくおこなものいまかみざるなり
十二 デメテリヲ衆人ひとゞゝ眞理まこととにあかしをせらる我儕われらあかしをす我儕われらあかし眞實まことなるを爾知なんぢしれ
十三 われなほおほくことなんぢ書贈かきおくらんとすれどもふですみとをかきおくるをこのま
十四 すみやかになんぢくちむかかたらんことをのぞねがはくは爾安なんぢやすかれおほくともなんぢのやすきとへこふなんぢわれかはり諸友ともだちおのゝゝにやすきとへ