故参謀總長兼神宮祭主陸軍大将大勲位功二級熾仁親王國葬ノ件

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


朕茲ニ故参謀總長兼神宮祭主陸軍大将大勲位功二級熾仁親王國葬ノ件ヲ裁可ス
御名御璽
明治二十八年一月二十四日
內閣総理大臣  伯爵伊藤博文

勅令第十一號

参謀總長兼神宮祭主陸軍大将大勲位功二級熾仁親王薨去ニ付特ニ國葬ヲ行フ

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。