我は海の子

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


『尋常小学読本唱歌』(1910年)[編集]

われうみ (卷十一、第六課)
  1. われうみ白浪しらなみ
    さわぐいそべの松原まつばら
    けむりたなびくとまやこそ
    がなつかしき住家すみかなれ。

  2. まれてしほにゆあみして
    なみ子守こもりうた
    千里せんりせくるうみ
    ひてわらべとなりにけり。

  3. たかはなつくいその
    不斷ふだんはなのかをりあり。
    なぎさのまつかぜ
    いみじきがくわれく。

  4. 丈餘ぢやうよのろかいあやつりて
    行手ゆくてさだめぬなみまくら
    百尋ももひろ千尋ちひろうみそこ
    あそびなれたるにはひろし。

  5. 幾年いくとせこゝにきたへたる
    てつよりかたきかひなあり。
    鹽風しほかぜくろみたる
    はだは赤銅しやくどうさながらに。

  6. なみにたゞよふ氷山ひようざん
    きたらばきたおそれんや。
    うみまきぐるたつまきも
    おこらばおこおどろかじ。

  7. いで大船おほぶねのりして
    われひろはんうみとみ
    いで軍艦ぐんかんのりみて
    われまもらんうみくに

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1928年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。