我は海の子

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

『尋常小学読本唱歌』(1910年)[編集]

我(われ)は海(うみ)の子(こ) (卷十一、第六課)
  1. 我(われ)は海(うみ)の子(こ)白浪(しらなみ)の
    さわぐいそべの松原(まつばら)に
    煙(けむり)たなびくとまやこそ
    我(わ)がなつかしき住家(すみか)なれ。

  2. 生(うま)まれてしほに浴(ゆあみ)して
    浪(なみ)を子守(こもり)の歌(うた)と聞(き)き
    千里(せんり)寄(よ)せくる海(うみ)の氣(き)を
    吸(す)ひてわらべとなりにけり。

  3. 高(たか)く鼻(はな)つくいその香(か)に
    不斷(ふだん)の花(はな)のかをりあり。
    なぎさの松(まつ)に吹(ふ)く風(かぜ)を
    いみじき樂(がく)と我(われ)は聞(き)く。

  4. 丈餘(ぢやうよ)のろかい操(あやつ)りて
    行手(ゆくて)定(さだ)めぬ浪(なみ)まくら
    百尋(ももひろ)千尋(ちひろ)海(うみ)の底(そこ)
    遊(あそ)びなれたる庭(には)廣(ひろ)し。

  5. 幾年(いくとせ)こゝにきたへたる
    鐵(てつ)より堅(かた)きかひなあり。
    吹(ふ)く鹽風(しほかぜ)に黑(くろ)みたる
    はだは赤銅(しやくどう)さながらに。

  6. 浪(なみ)にたゞよふ氷山(ひようざん)も
    來(きた)らば來(きた)れ恐(おそ)れんや。
    海(うみ)まき上(あ)ぐるたつまきも
    起(おこ)らば起(おこ)れ驚(おどろ)かじ。

  7. いで大船(おほぶね)を乘(のり)出(だ)して
    我(われ)は拾(ひろ)はん海(うみ)の富(とみ)。
    いで軍艦(ぐんかん)に乘(のり)組(く)みて
    我(われ)は護(まも)らん海(うみ)の國(くに)。

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。