弘前大学教授夫人殺人事件刑事一審判決

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

判決[編集]

 本籍並びに住居 〔略〕
            無    職

那   須     隆      
大正十二年九月十一日生    

右の者に対する銃砲等所持禁止令違反並びに殺人被告事件について、当裁判所は検事沖中益太出席して審理を遂げ、次のように判決する。

主文[編集]

被告人を罰金五千円に処する。
被告人に於て右罰金を完納することができないときは金弐百円を壱日に換算した期間被告人を労役場に留置する。被告人に対する公訴事実中殺人の点については被告人は無罪

理由[編集]

 被告人は昭和二十四年八月二十二日頃法令に基く職務のためでなく且つ法定の許可を受けないで外国製六連発拳銃壱挺(証第一号)を肩書居宅に蔵置して之を所持したものである。
 右の事実は

一、押収に係る拳銃壱挺(証第一号)
一、被告人の当公廷に於ける供述
一、昭和二十四年十月十二日附青森県立弘前工業高等学校長阿部高治より弘前警察署長に宛てた鑑定嘱託に関する回答と題する書面
一、検事沖中益太に対する被告人の昭和二十四年十月十四日附第一回供述調書

を綜合して之を認める。
 法律に照すに被告人の判示所為は銃砲刀劍類等所持取締令附則第三項、銃砲等所持禁止令第一条第二条、同令施行規則第一条第一号、罰金等臨時措置法第二条第一項に該当するので、所定刑中罰金刑を選択しその金額範囲内に於て被告人を罰金五千円に処し、刑法第十八条に依り被告人に於て右罰金を完納することができないときは金弐百円を壱日に換算した期間被告人を労役場に留置する。
 なお被告人に対する公訴事実中殺人の点についてはその証明十分ならず結局犯罪の証明なきに帰するを以て刑事訴訟法第三百三十六条により無罪の言渡を為すべきものである。

 よつて主文のように判決する。

  昭和二十六年一月十二日

青森地方裁判所弘前支部          
裁判長裁判官 豊 川 博 雅    
裁判官 坪 谷 雄 平    
裁判官 中 田 早 苗    

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。