庭の千草

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

庭の千草(にわのちぐさ)

  • 作詞: 里見義(1824 - 1886)
  • 作曲: 不詳
  • 掲載: 文部省音楽取調掛編纂『小学唱歌集 第三編』文部省、1884年(明治17年)6月

『小学唱歌集 第三編』(1884年)[編集]

第七十八菊(きく)

庭(には)の千草(ちぐさ)も。むしのねも。
かれてさびしく。なりにけり。
あゝしらぎく。嗚呼(あゝ)白菊(しらぎく)。
ひとりおくれて。さきにけり。

露(つゆ)にたわむや。菊(きく)の花。
しもにおごるや。きくの花。
あゝあはれ。あゝ白菊。
人のみさをも。かくてこそ。


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。