市制及町村制ニ係ル件 (公布時)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


內務省令第四號

第一條  市制及町村制實施ニ際シ新任市町村長ニ事務引繼結了ノ日ニ至ル迄ハ區長戶長區書記役場筆生等ニ於テ從前ノ通事務取扱ヲ爲スヘシ

第二條  前條事務取扱中地方稅支辨ニ係ル吏員ノ給料旅費並ニ區役所戶長役場ノ經費ハ總テ該年度ノ豫算ニ據リ地方稅又ハ町村費ヲ以テ之ヲ支辨スヘシ

第三條  市制及町村制施行ノ期日ヲ定メタルトキ前條ノ地方稅又ハ町村費ニ關シ未タ該年度ノ豫算ヲ議定セス又ハ議定シタル豫算ノ不足アルニ於テハ從前ノ通府縣知事區長戶長ニ於テ府縣會區町村會ノ議決ヲ取リ前條費目必要ノ豫算ヲ定ムヘシ

第四條  市制及町村制施行ノ日ヨリ市町村稅徵收ニ至ルマテ市町村必要ノ費用ハ第二條ノ費用ヲ除クノ外區長戶長ニ於テ其豫算ヲ設ケ區町村會ノ議決ヲ經テ假徵收ヲナスヘシ但新市町村ト舊區町村會區域ト符合セサル場合ニ於テハ各區町村會ニ於テ區々ノ豫算ヲ設ケサル爲メ府縣知事ニ於テ其標準ヲ示スコトヲ得

前項ノ費用ハ區町村會ノ議決ニ依リ現在セル區町村費又ハ共有金ヲ一時使用シ又ハ一時ノ尺入金ヲ以テ其費用ニ充ツルコトヲ得

第五條  區長戶長ニ於テ取扱タル一切ノ金穀並會計帳簿ハ其金穀ノ種類及ヒ所屬年度ヲ區別シタル明細書ヲ製シ之ヲ市町村長ニ引繼クヘシ但一ノ區町村ニシテ二箇以上ノ市町村ニ分屬シタルトキハ第四條ノ金額ハ事務引繼前ニ支拂タルモノヲ除クノ外人口段別ヲ標準トシテ適宜各部分ニ配付シ其他ハ人口段別ノ最多キ部分ノ分別シタル市町村長ヲ以テ主擔トシ其市町村長ニ引繼キ主坦市町村長ハ第七條但書ノ精算ヲ了シタル上其所屬外ノ部分ノ分屬シタル各市町村ニ屬スヘキモノハ更ニ之ヲ其市町村長ニ引繼クヘシ

前項但書ノ場合ニ於テ帳簿ノ類ニシテ分割スヘカラサルモノアルトキハ更ニ引繼クコトヲ要セス但閱覽ノ便ヲ妨クヘカラス

第六條  第四條第一項ニ依リ假徵收ヲナシタルモノハ追テ市町村會ニ於テ該年度ノ收支豫算ヲ議決シタル上市町村稅各納入ニ對シ差引徵收ヲ爲ス可シ

同條第二項ニ依リタルトキハ新ニ徵收シタル市町村稅ヲ以テ返償ヲ爲スヘシ但一ノ區町村ニシテ二箇以上ノ市町村ニ分屬シタルトキハ最初配付ヲ受ケタル割合ニ應シ各市町村長ニ於テ之ヲ徵收シ主坦市町村長ニ於テ全額ヲ取纏メテ其返償處分ヲ爲スヘシ

第七條  區長戶長ニ於テ未タ精算ヲ了セサル區町村費ハ其引繼ヲ受ケタル市町村長ニ於テ之カ生產ヲ作リ市町村會ニ報吿スヘシ但一ノ區町村ニシテ二箇以上ノ市町村ニ分屬シタルトキハ主坦市町村長ニ於テ精算ヲ作リ主坦市町村長ハ其市町村會ニ報吿シ其所屬外ノ部分ノ分屬シタル市町村ニ於テハ主坦市町村長ヨリ之ヲ其各市町村長ニ送付シテ其市町村會ニ報吿セシムヘシ

第八條  前條精算ノ場合ニ於テ殘餘金アルトキハ市町村長ニ於テ舊區町村ニ割戾ヲナス可シ但一ノ區町村ニシテ二箇以上ノ市町村ニ分屬シタルトキハ該年度區町村費實收入ノ割合ニ依リ主坦市町村長ニ於テ割戾ノ高ヲ定メ其所屬外ノ部分ノ分屬シタル市町村ノ分ハ其市町村長ニ配付シ各其割戾ヲナスヘシ

第九條  第七條精算ノ場合ニ於テ不足金ヲ生シタルトキハ市町村會ノ決議ヲ經テ舊區町村ヨリ追徵補充スヘシ但一ノ區町村ニシテ二箇以上ノ市町村ニ分屬シタルトキハ主坦市町村長ニ於テ該年度區町村費實收入ノ割合ニ依リ其補充豫算ヲ作リ其所屬外ノ部分ノ分屬シタル市町村ノ分ハ其市町村長ニ送付シ各市町村會ノ決議ヲ經テ其舊區町村ノ部分ヨリ追徵補充スヘシ

第十條  不納ニ屬シタル區町村費ニシテ精算報吿後ニ於テ追徵シタルモノハ各市町村ノ臨時收入トナスヘシ

第十一條  從前郡部ト經濟ヲ異ニセサル區若クハ郡部內ノ市街地ニ市制ヲ施行スルトキハ該市ハ地方稅費目中郡區廳舍建築修繕費並郡吏員給料旅費及廳中所費ノ負擔ニ任スヘカラサルヲ以テ該費ハ市制施行ノ後ハ市ニ賦課セサルモノトス但第二條ノ諸費ニ係ルモノハ此限ニアラス

明治二十一年八月十八日 內務大臣伯爵山縣有朋

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。