岳陽楼記

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報不足: この文書には原典や著作権者、ライセンス等の必要な情報が不足しています。必要な情報が提供されない場合、即時削除の基準により、削除される可能性があります。ノートも参照してください。

必要な情報: 日本語訳の出典


慶曆四年春、滕子とうしたくセラレテタリ巴陵郡。越エテ明年、まつりごと人和、百廢具、乃重修岳陽樓、增舊制、刻唐賢今人詩賦。屬シテリテセシム

予觀ルニ巴陵勝狀、在洞庭一湖ふく遠山、呑長江浩浩湯湯こうこうしょうしょう、橫際涯朝暉夕陰ちょうきせきいん、氣象萬千;此岳陽樓之大觀也、前人之述備ハル矣。然ラバ巫峽、南瀟湘、遷客騷人、多、覽之情、得キヲ乎?

いん霏霏ひひ、連月不陰風怒號いんぷうどごう濁浪だくろう;日星隱ひかり、山岳潛;商旅不ほばしらかぢくだはく冥冥めいめい、虎うそぶ。登レバ、則ラン、憂ざんそしり滿目蕭然まんもくそうぜん、感極ツテ而悲シム者矣!

リテキニ春和景明カニ、波瀾不上下天光じょうかてんこう一碧萬頃いっぺきばんけい;沙鷗翔集、錦鱗游泳、岸芷汀蘭がんしていらん、郁郁青青。而シテ長煙一空、皓月千里、浮光躍ラシ、靜影沉;漁歌互フルガ、此シミラン。登レバ、則ランひろよろこ寵辱ちょうじょく皆忘、把リテ、其洋洋タル者矣。

嗟夫ああ!予嘗ムルニ仁人之心、或ナルハ二者之為、何哉?不、不シマ。居レバ廟堂之高キニ、則;處レバ江湖之遠キニ、則。是ムモ、退クモ;然ラバレノニシテ而樂マン?其ハン:「先ンジテ天下之憂ヒニ而憂、後レテ天下之樂シミニ而樂シムトああカリセバ人、吾誰カニセン

六年九月十五日。