大警視川路利良誕生之地

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


薩南ニ偉才アリ、大警視川路君ト爲ス、君諱ハ利良、幼名正之、進竜泉ト号ス、父諱ハ利愛、母川路氏、天保五年五月十二日鹿兒島郡伊敷村比志島ニ生ル、此処其宅址ナリ、君夙ニ慧敏文武ヲ兼修シ、業大ニ進ム、戊辰役ニ加ハリ転戦功アリ、明治四年東京府大屬ニ任セラレ、五年九月警保助ヲ以テ歐洲視察ノ命ヲ拝ス、翌年九月帰朝シテ疏ヲ上ル、七年一月警視廰ノ置カルルヤ、乃チ大警視ニ任セラル時更始庶政未タ全ク整ハス、都下恟々タリ、君内外ノ事宜ヲ酌ミテ、警政ノ創定ニ力メ、傍ラ消防ヲ理メ獄則ヲ革メ、下僚ヲ訓錬シテ怠ラス、佐賀山口ノ乱亦勲績多シ、十年ノ変陸軍少将ヲ以テ別働旅団ヲ率ヰ巨功アリ、勲二等ニ叙セラル、十二年再渡欧、巴里客中病ヲ獲テ帰朝シ、十月十三日薨ス、年四十六、性沈毅恪勤、只職事ノ修挙ヲ庶ヒ謹直自ラ持シ、温雅衆ヲ待ツ、警制ノ整備斉シク、草創ノ功ヲ推ス、警察手眼竜泉遺稿ノ著アリ、卅三年従三位ヲ贈ラル、大正元年警視庁前庭ニ銅像ヲ建ツルアリ、又茲ニ同志相謀リ、邸址ヲ修メ、碑ヲ樹テテ遺徳ヲ不朽ニ銘シ、感奮仰慕ノ範トナスト云爾

昭和六年九月三日

内大臣正二位勲一等 伯爵牧野伸顕撰
元警視総監従四位勲二等貴族院議員   
川上親晴謹書

この著作物は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権法上パブリックドメインの状態にあるか、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合したライセンスのもとに公表されていることを示すテンプレートを追加してください。