大塚徹・あき詩集/日本の忿怒

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


日本の忿怒[編集]

霧は雲と凝りつつ 薔薇色の黎明を粧い
低く 高く 次第に湧き昇るあの由々しい響
 を聞いたか。

前夜を徹して 一睡のまばたきもしなかった。
忿怒のために あの光箭と降濯ぐ瞳の血気を

 見たか。

あけひの尚それよりもあかく 千古の富士をあば
 というか
若きニッポンインテリセンス群よ!
されど 祖国の このちぬられたる恍惚の麓
 で
いつの頃よりか 淫邪の神々の飽くなき侵略
 の播種がはじまり
ああ いつの世までか 搾取の収穫が たみおみ
 の口惜しい
祝祭が続けられるのだ。

妻は 愛しみの泪盡くるなき夜の葬列を――
子は 憎しみの焰消ゆるなき日の復讐を――

おお 敵よ! 汝ユダヤ的世界の屠殺者よ!
累々たる同志の屍に口なしというなかれ。
その炎々だる忿怒のために 黎明なんと見事
 な血雲が飛ぶことか。

〈昭和十三年、日本詩壇〉