坂本龍馬の手紙/慶応3年9月20日付木戸孝允宛

From Wikisource
Jump to navigation Jump to search
Wikipedia
ウィキペディア木戸孝允のページがあります。

一筆啓上仕候。
然ニ先日の御書中
大芝居の一件、
兼而存居候所と
や、実におもしろく
能相わかり申候間、
弥憤発可仕奉存候。
其後於長崎も、
上国の事種々
心にかゝり候内、少〻
存付候旨も在之候
より、私し一身の存付ニ而
手銃一千廷買求、
芸州蒸気船を
かり入、本国ニつみ廻
さんと今日下の関
まで参候所、不計も
伊藤兄上国より
御かへり被成、御目かゝり
候て、薩土及云云、且
大久保が使者ニ来り
し事迄承り申候
より、急々本国を
すくわん事を欲
し、此所ニ止り拝顔
を希ふにひまな
く、残念出帆仕候
小弟思ふに是より
かへり乾退助ニ
引合置キ、夫より
上国に出候て、後藤
庄次郎を国に
かへすか、又は長崎
へ出すかに可仕と
存申候」先生の方
ニハ御やくし申上候時勢
云云の認もの御出来
に相成居申候ハんと
奉存候。其上此頃
の上国の論は先生
に御直ニうかゞい候得バ、
はたして小弟の
愚論と同一かとも
奉存候得ども、
何共筆には
尽かね申候。彼是
の所を以、心中
御察可被遣候。猶
後日の時を期し
候。誠恐謹言。
   九月廿日
                龍馬
 木圭先生
     左右