坂本龍馬の手紙/慶応3年5月中下旬頃高柳楠之助宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

一翰致敬呈候。然ハ先夜御別後、広く世
界之数例を推し候処、御船を以再度衝突
被成候ニ依而致沈没候事故、何分貴方より
其条理御立被下候事、必然之道理ト
相聞へ申候。去ル四月鞆津御談判之節、
世界之公法ニより処置可致御定約
仕候通、於当地早〻御決着可被遣候筈
之処、先夜之御議論ニ世界之公法トハ
幕府之御処置相願い候上の事ト被
仰聞候。其儀なら、当時大樹公ニも御出京ニ
相成居候事故、鞆津直様御上坂
可被成筈ニ候。将御出発後ハ唯貴方の御
用のミ御達し被成、私共困難の事
件者時日を御延し被成候。是不解の
第一ニ候。
且於当方所ニハ未御談
判ニても明白ニ御座候。此条私共江冤
罪を御被セ被成候御手段ニ相当り候。
是不解之第二候。於私も御存之通、
船并公物多沈没、不計も箱主
用候得者、徒ニ移時日候てハ
寡君申し訳難相立候。因テ早〻貴方より
敝藩官長江御引合可被
成遣候。若其儀も遅延被成候時ハ、
最早乗組一同貴藩之御手ニ
倒レ申より外無之候。御病中
乍御気毒此条申上置候。
宜御如意も可成下候。謹言
   月日          才谷梅太郎
  高柳楠之助様