坂本龍馬の手紙/慶応3年11月7日付陸奥宗光宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア陸奥宗光のページがあります。
「才谷楳太郎」の署名

  追白、御手もとの品いかゞ相成候か、
  御見きりなくてハ又ふのと相成。
  世界の咄しも相成可申か、此儀
  も白峯より
  与三郎より少〻うけたまハり
  申候。此頃おもしろき御咄しも
  おかしき御咄しも
  実に/\山〻ニて
  候。かしこ。
拝啓。
然ニ先生此頃御上京のよし、
諸事御尽力御察申上候。
今朝与三郎参、咄聞候所、
先生の御周旋ニて長崎へ
参り候よし、同人の事は元ト
大郎が船の引もつれより、
我々共〻御案内の通の
セ話相かけ候人ニて、ことに
海援隊外の者ニも在之候。
先生御一人御引うけなれバ
よろしく候得ども、隊中
人を見付ケ且、長崎ニ於、此度
取入候屋鋪ニて養なふなど
少〻御用心無之候得バ、近
立行カザルの御セ話がかゝ
り候と存候。小野生らが
一条にかゝる事ハ小弟ラ多
少の儀論有之候。先承り候
ニ付、早〻一筆さしあげ候。
  十一月七日     謹言
   〆
          後ト丙丁中
 四条通室町上ル西側沢屋御旅宿
 陸奥源二郎様       才谷楳太郎
       御直披
   内用ナリ御独見