坂本龍馬の手紙/慶応3年11月11日付林謙三宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

十日御認の御書、十一日ニ相
達拝見仕候。段〻の御思召
能相わかり申候。そが中ニも
蝦夷の一条は別して
兼而存込の事故、元より
御同意仕候。別紙二通此
度愛進ニさし送り申候間、
内〻御一覧の上、其上を封じ
御送り可被成、然レバ愛進
より何ぞ申出候べしと奉存候。
其上御考可被成、私儀も
ひまを得候へバ下坂可仕、
外に用向も在之候。
○扨、今朝永井玄蕃方
ニ参り色〻談じ候所、天下
の事ハ危共、御気の毒とも
言葉に尽し不被申候。
大兄御事も今しバらく
命を御大事ニ被成度、
実ハ可為の時ハ今ニて
御座候。やがて方向を
定め、シユラか極楽か
に御供可申奉存候。謹言。
 十一月十一日
             龍馬
  追白、彼玄蕃ヿハヒタ同心
  ニて候、再拝〻。