坂本龍馬の手紙/慶応2年12月4日付坂本権平宛

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア坂本権平のページがあります。

一筆啓上仕候。寒気節益御安養可被成御座、奉大賀候。降而私儀無異議相暮申候。御安慮可被遣候。扨別紙ニ認候事ども御直ニ御聞被成候得バ、自然近年中御出軍の時も、よ程御心当ニも相成申べく、何卒たれか長崎の方ニ御遣可被成や奉伺候。此頃願上度事ハ古人も在云、国家難ニのぞむの際ニハ必、家宝の甲を分チ、又ハ宝刀をわかちなど致し候事。
何卒御ぼしめしニ相叶あいかない候品、何なり共被遣候得バ、死候時も猶御側ニ在之候思在之候。何卒御願申上候。
御遣しニ相成候時別紙の通の当所に御達可被遣奉願。猶後日之時を期候。恐惶謹言。
 寅極月四日         龍馬
   尊兄
     膝下