地底の鉄管から朝は手を上げる

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

地底の鉄管から朝は手を上げる
萩原恭次郎

地底の鉄管から朝は両手を上げる!
地球だつてパクリと食へるだらう!
都会だつて固りもつれた電線脳髄さ!
石をめくるとその下に白い裸体はこつちを向いてゐる!
お嬢さん!
———セルロイドのリボンよ!
<<<義眼に掛けた金縁眼鏡!
▲▲▲蒼ざめた瓦斯入りの眼球!
---私生児のキリストは生れる!
●●●赤い病んだ病菌が部屋中をころがる!
をぎやあ!
———「芸術のレツテルよ!
   禿頭の紳士に似合ふ芸術!ヴエルアーラン!
おつ母さん!
十字架!
日記と出納帳!
馬は喘ぐ————————進む!
ロボツトを計算しやう!
金銭の計算程 性慾的なものはない!
肉屋にぶらさげられたるスタンプ付きの馬肉よ!

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。