国立国語院特殊資料取扱規定/別表1

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

特殊資料室安全持出・破棄計画[編集]

1. 目的[編集]

この計画は,戦時事変,暴動,天変地異,火災又はこれに準ずる非常事態発生時に特殊資料室において保管・管理する特殊資料の安全持出又は緊急破棄を通じた資料の安全な保護を目的とする。

2. 根拠[編集]

特殊資料取扱指針(国家情報院) 第13条

3. 適用範囲[編集]

国立国語院特殊資料室において保管・管理中の特殊資料

4. 持出又は破棄の時機(状況)[編集]

イ. 戦争,事変又は暴動の勃発,火災等により特殊資料を保管場所に安全に保管することができず,又は損失する恐れのあるとき

ロ. その他現保管場所に保管し続けることの出来ない不可避な,又は緊迫した状況の発生したとき

5. 安全持出又は破棄計画の施行責任[編集]

イ. 日課中の場合の同計画の施行責任は,院長の命により特殊資料責任者が行う。

ロ. 日課後・祝日の場合の同計画の施行責任は当日の当直責任者が行うが,特殊資料責任者の命を受けて施行し得るときは,特殊資料責任者の命による。

6. 安全持出又は緊急破棄の手続及び場所[編集]

[安全持出][編集]

イ. 日課中である場合の持出手続[編集]

(1) 状況把握及び持出命令[編集]

特殊資料責任者は,右4項による持出時機であることを把握したときは,直ちに院長の持出命令を受けて持出を命ずる。

(2) 特殊資料責任者の持出措置[編集]
(イ) 特殊資料持出要員の召集及び引出指示[編集]

特殊資料責任者は,院長の命を受けて持出要員を召集し,引出指示を行う。

(ロ) 特殊資料室の解放及び引出作業[編集]

特殊資料責任者の監督の下に特殊資料室を開放し,持出作業を行わなければならない。

(ハ) 搬出[編集]

持出要員は,昇降機又は非常階段を利用して特殊資料搬出場所まで最迅速かつ安全な方法で搬出する。

ロ. 日課後及び祝日である場合の持出手続[編集]

(1) 状況把握及び持出命令[編集]

当直責任者は,上記4項による持出時機であることが把握されたときは,直ちに特殊資料責任者に報告した後,特殊資料責任者の命により(余裕のないときは当直責任者の職権で)特殊資料の持出を命ずる。

(2) 持出措置[編集]
(イ) 安全持出・破棄函開放[編集]

当直責任者は,当直室に保管されている安全持出・破棄函を開き(又は破壊)特殊資料室の開放方法を確認する。

(나) 引出班の編成及び引出指示[編集]

当直責任者は破壊当直勤務者に,当該保管容器の鍵を引き継ぎ,搬出するよう指示する。

(ハ) 引出班の搬出作業[編集]

特殊資料室を開放し引き出した後,非常搬出袋に入れ,搬出準備を完了する。

(ニ)[編集]

非常階段等を通じ,保管中の特殊資料を持出場所まで最も迅速かつ安全な方法によって搬出する。

ハ. 持出場所[編集]

非常時安全持出場所は,隣接の傍花3洞事務所地下に迅速に移すが,状況に従い特殊資料責任者は,安全持出場所を変更することができる。

[緊急破棄][編集]

가. 破棄상황 및 手続[編集]

(1) 적, 무장공비, 폭도, 기타 불순분자의 포위 공격 또는 침투로 인하여 특수자료의 安全持出이 도저히 불가능할 경우에는 緊急破棄할 수 있다.

(2) 破棄手続는 위 “安全持出”에 준하여 시행한다.

나. 破棄장소[編集]

(1) 특수자료 책임자는 긴급 破棄장소가 외부에 노출되지 않도록 봉함, 봉인하여 安全持出․ 破棄函 안에 비치한다.

(2) 특수자료 책임자 또는 당직책임자는 상황판단에 따라 긴급 破棄장소를 직권으로 변경 할 수 있다.

7. 持出 또는 破棄 결과 보고[編集]

가. 일과 중인 때[編集]

ㅇ 특수자료 책임자는 安全持出 및 緊急破棄 결과를 장관에게 보고하여야 한다.

나. 일과 후 및 공휴일인 때[編集]

ㅇ 반출요원은 특수자료의 반출결과를 당직책임자에게 즉시 보고하고, 당직책임자는 보고결과를 최종 확인한 후 이를 특수자료 책임자(상황에 따라 장관)에게 보고하여야 한다.

8. 安全持出․破棄函 비치 및 활용[編集]

가. 특수자료 책임자는 “국립국어원 安全持出 및 破棄 규정”(이하 “破棄규정”이라 한다) 제6조의 安全운반破棄函 내부에 특수자료실 개방방법을 비치한다.

나. 安全持出・破棄函의 활용은 “破棄규정” 제6조를 준용하여 수행한다.