古今和歌集/巻二十

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

巻二十:大歌所歌


01069

[詞書]大歌所御歌:おほなほひのうた/日本紀には、つかへまつらめよろつよまてに

無記

あたらしき年の始にかくしこそちとせをかねてたのしきをつめ

あたらしき-としのはしめに-かくしこそ-ちとせをかねて-たのしきをつめ


01070

[詞書]大歌所御歌:ふるきやまとまひのうた

無記

しもとゆふかつらき山にふる雪のまなく時なくおもほゆるかな

しもとゆふ-かつらきやまに-ふるゆきの-まなくときなく-おもほゆるかな


01071

[詞書]大歌所御歌:あふみふり

無記

近江よりあさたちくれはうねののにたつそなくなるあけぬこのよは

あふみより-あさたちくれは-うねののに-たつそなくなる-あけぬこのよは


01072

[詞書]大歌所御歌:みつくきふり

無記

水くきのをかのやかたにいもとあれとねてのあさけのしものふりはも

みつくきの-をかのやかたに-いもとあれと-ねてのあさけの-しものふりはも


01073

[詞書]大歌所御歌:しはつ山ふり

無記

しはつ山うちいてて見れはかさゆひのしまこきかくるたななしをふね

しはつやま-うちいててみれは-かさゆひの-しまこきかくる-たななしをふね


01074

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

神かきのみむろの山のさかきはは神のみまへにしけりあひにけり

かみかきの-みむろのやまの-さかきはは-かみのみまへに-しけりあひにけり


01075

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

しもやたひおけとかれせぬさかきはのたちさかゆへき神のきねかも

しもやたひ-おけとかれせぬ-さかきはの-たちさかゆへき-かみのきねかも


01076

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

まきもくのあなしの山の山人と人も見るかに山かつらせよ

まきもくの-あなしのやまの-やまひとと-ひともみるかに-やまかつらせよ


01077

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

み山にはあられふるらしとやまなるまさきのかつらいろつきにけり

みやまには-あられふるらし-とやまなる-まさきのかつら-いろつきにけり


01078

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

みちのくのあたちのまゆみわかひかはすゑさへよりこしのひしのひに

みちのくの-あたちのまゆみ-わかひかは-すゑさへよりこ-しのひしのひに


01079

[詞書]神あそひのうた:とりもののうた

無記

わかかとのいたゐのし水さととほみ人しくまねはみくさおひにけり

わかかとの-いたゐのしみつ-さととほみ-ひとしくまねは-みくさおひにけり


01080

[詞書]神あそひのうた:ひるめのうた

無記

ささのくまひのくま河にこまとめてしはし水かへかけをたに見む

ささのくま-ひのくまかはに-こまとめて-しはしみつかへ-かけをたにみむ


01081

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた

無記

あをやきをかたいとによりて鶯のぬふてふ笠は梅の花かさ

あをやきを-かたいとによりて-うくひすの-ぬふてふかさは-うめのはなかさ


01082

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた/この歌は、承和の御へのきひのくにの歌

無記

まかねふくきひの中山おひにせるほそたに河のおとのさやけさ

まかねふく-きひのなかやま-おひにせる-ほそたにかはの-おとのさやけさ


01083

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた/これは、みつのをの御へのみまさかのくにのうた

無記

美作やくめのさら山さらさらにわかなはたてしよろつよまてに

みまさかや-くめのさらやま-さらさらに-わかなはたてし-よろつよまてに


01084

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた/これは、元慶の御へのみののうた

無記

みののくに関のふち河たえすして君につかへむよろつよまてに

みののくに-せきのふちかは-たえすして-きみにつかへむ-よろつよまてに


01085

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた/これは、仁和の御へのいせのくにの歌

無記

きみか世は限もあらしなかはまのまさこのかすはよみつくすとも

きみかよは-かきりもあらし-なかはまの-まさこのかすは-よみつくすとも


01086

[詞書]神あそひのうた:かへしもののうた/これは、今上の御へのあふみのうた

大伴くろぬし

近江のやかかみの山をたてたれはかねてそ見ゆる君かちとせは

あふみのや-かかみのやまを-たてたれは-かねてそみゆる-きみかちとせは


01087

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

あふくまに霧立ちくもりあけぬとも君をはやらしまてはすへなし

あふくまに-きりたちくもり-あけぬとも-きみをはやらし-まてはすへなし


01088

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

みちのくはいつくはあれとしほかまの浦こく舟のつなてかなしも

みちのくは-いつくはあれと-しほかまの-うらこくふねの-つなてかなしも


01089

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

わかせこを宮こにやりてしほかまのまかきのしまの松そこひしき

わかせこを-みやこにやりて-しほかまの-まかきのしまの-まつそこひしき


01090

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

をくろさきみつのこしまの人ならは宮このつとにいさといはましを

をくろさき-みつのこしまの-ひとならは-みやこのつとに-いさといはましを


01091

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

みさふらひみかさと申せ宮木ののこのしたつゆはあめにまされり

みさふらひ-みかさとまうせ-みやきのの-このしたつゆは-あめにまされり


01092

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

もかみ河のほれはくたるいな舟のいなにはあらすこの月はかり

もかみかは-のほれはくたる-いなふねの-いなにはあらす-このつきはかり


01093

[詞書]東歌:みちのくうた

無記

君をおきてあたし心をわかもたはすゑの松山浪もこえなむ

きみをおきて-あたしこころを-わかもたは-すゑのまつやま-なみもこえなむ


01094

[詞書]東歌:さかみうた

無記

こよろきのいそたちならしいそなつむめさしぬらすなおきにをれ浪

こよろきの-いそたちならし-いそなつむ-めさしぬらすな-おきにをれなみ


01095

[詞書]東歌:ひたちうた

無記

つくはねのこのもかのもに影はあれと君かみかけにますかけはなし

つくはねの-このもかのもに-かけはあれと-きみかみかけに-ますかけはなし


01096

[詞書]東歌:ひたちうた

無記

つくはねの峰のもみちはおちつもりしるもしらぬもなへてかなしも

つくはねの-みねのもみちは-おちつもり-しるもしらぬも-なへてかなしも


01097

[詞書]東歌:かひうた

無記

かひかねをさやにも見しかけけれなくよこほりふせるさやの中山

かひかねを-さやにもみしか-けけれなく-よこほりふせる-さやのなかやま


01098

[詞書]東歌:かひうた

無記

かひかねをねこし山こし吹く風を人にもかもや事つてやらむ

かひかねを-ねこしやまこし-ふくかせを-ひとにもかもや-ことつてやらむ


01099

[詞書]東歌:伊勢うた

無記

をふのうらにかたえさしおほひなるなしのなりもならすもねてかたらはむ

をふのうらに-かたえさしおほひ-なるなしの-なりもならすも-ねてかたらはむ


01100

[詞書]東歌:冬の賀茂のまつりのうた

藤原敏行朝臣

ちはやふるかものやしろのひめこまつよろつ世ふともいろはかはらし

ちはやふる-かものやしろの-ひめこまつ-よろつよふとも-いろはかはらし