原爆詩集/炎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 <『原爆詩集

Wikipedia
ウィキペディア峠三吉のページがあります。

『炎』は『原爆詩集』の中に収められた詩人峠三吉の詩。1952年6月、青木書店発行。

原文[編集]

衝き当った天蓋の
まくれ拡がった死被の衝き当った天蓋の
まくれ拡がった死被の
垂れこめた雲の
薄闇の地上から
煙をはねのけ
歯がみし
おどりあがり
合体して
黒い あかい 蒼い炎は
煌く火の粉を吹き散らしながら
いまや全市のうえに
立ちあがった。
藻のように ゆれゆれ
つきすすむ炎の群列。
屠殺場へ曳かれていた牛の群は
河岸をなだれ墜ち
灰いろの鳩が一羽
羽根をちぢめて橋のうえにころがる。
ぴょこ ぴょこ
噴煙のしたから這い出て
火にのまれゆくのは
四足の
無数の人間。
噴き崩れた余燼のかさなりに
髪をかきむしったまま
硬直した
呪いが燻る
濃縮され
爆発した時間のあと
灼熱の憎悪だけが
ばくばくと拡がって。
空間に堆積する
無韻の沈黙
太陽をおしのけた
ウラニューム熱線は
処女の背肉に
羅衣の花模様を焼きつけ
司祭の黒衣を
瞬間 燃えあがらせ
1945, Aug. 6
まひるの中の真夜
人間が神に加えた
たしかな火刑。
この一夜
ひろしまの火光は
人類の寝床に映り
歴史はやがて
すべての神に似るものを
待ち伏せる。