利用者:みぃにゃん

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wiktionary中心に活動中

みぃにゃん[編集]

みぃにゃんは、初心者です。よろしくお願いします。初期登録は2010年5月 Wikiでは、利用者として、誤りに気が付いた時に訂正を依頼したり、link切れを訂正したり、しています。

この利用者はマイクロソフトウィンドウズ使っています。
この利用者はが好きです。

jaこの利用者は日本語母語としています。



Projects: Meta | Wikipedia | wiktionary | Wikibooks | Wikiquote | Wikinews | Commons | Wikisource | WikiversityWikispecies |Wikidata:

検証可能で、著作権を侵さない記述には苦労します[編集]

Wikisouce(日本語版)における問題(認識)[編集]

漢文原典掲載問題[編集]

日本も、朝鮮(韓国)と並ぶ、漢字文化圏であること自体は、疑いの余地は無い。 (Wikipediaにおける、根拠・典拠と、引用禁止問題とは別の次元で)

  1. 漢文原典整備問題。
  2. 日本古書問題、
  • 丁寧に、絶版を探す事は良いことだと思われる。但し下記の問題点がある。
    1. 和書では、訓点・助字が振られていて、尚且つ、現代の文法・用例に沿わない場合もあること。
    2. 和書も、古書・とりわけ、近世以前においては、通俗用語としての変体漢文が、かなりある。
      • 元々は、インテリ~識字人士の教科書が、漢文を採ることが多く、お家流・家元制が普通であった時代には、当然、宗家・家元の手による教科書も、かなりの確率で漢文であった事に由来し、日本文化らしい、謙遜が、この変体漢文を常用語として許容させ、更に、和習・和臭と言う表現を、自ら、使わしめた。典型例:吾妻鏡調など。
    3. 上記二点が、著作権切れ原典を、和書類から見つけても、維基文庫から、TRANCEWikiするより、寧ろ難しくなる。
      • 維基辞典・維基百科・維基文庫からのTRANCEWikiの問題点は、下記のようなことも感じたので、以下に項目を挙げて書きます。
Wikisouceにおける国際性の限界[編集]

中国語版は、同じく、余り言葉が喋れない韓国語(朝鮮語)版と異なり、かの国の人に知る人がおらず、問い尋ねる事が出来ず難儀がありそうな事は実感しました。 韓国市民の友人との会話では、互いに反日・反韓の国にあっても、互いを知り合いながら、事を運べるところがあったが、 人無くば、道標も、助言もないわけで・・・場合に拠っては、一部に存在する転載自由の漢文を原本に、単に照合用として維基文庫を用いる事になる矢も知れません。

WikiProject全体での、WikiSauceの役割[編集]

Wikipediaが、ネット検索でトップに表示され、当てにして閲覧する人々が多く、ある種、ガリバーに成ってしまっていますが。 法令本文や、過去事例など、リダイレクト化する事で、このWikiSauceの価値が上がって行くと思います。

タグ・検証の場所[編集]

マークアップ: {{}} | [] [[]] [[Category:]] #REDIRECT [[]]

みぃにゃんのこと。[1] 
  1. みぃにゃんは、猫です。

[[[:テンプレート:Fullurl:]] ]

記号: – (n-dash) — (m-dash) ··· “” ‘’ ’ ~ | ° ¿ ¡ «» <> ↗ ↘ テンプレート:母音無声化

母音: ɨ ʉ ɯ ɪ ʏ ʊ ø ɘ ɵ ɤ ə ɛ œ ɜ ɞ ʌ ɔ æ ɐ ɶ ɑ ɒ ɚ ɝ ··· ĩ ẽ ɛ̃ ɑ̃ ɔ̃ õ ũ œ̃ ɐ̃ 子音: ʈ ɖ ɟ ɢ ʔ ɱ ɳ ɲ ŋ ɴ ʙ ʀ ɾ ɽ ɸ β θ ð ʃ ʒ ʂ ʐ ʝ ɣ χ ʁ ħ ʕ ɦ ɬ ɮ ʋ ɹ ɻ ɰ ɭ ʎ ʟ ʍ ɥ ʜ ʢ ʡ ɕ ʑ ɺ ɧ ɡ ɫ ··· j̃ w̃ 音声補助記号と超分節記号: ʼ -̥ -̊ -̬ ʰ -̤ -̰ -̼ -̪ -̺ -̻ -̹ -̜ -̟ -̠ -̈ -̽ -̘ -̙ ˞ ʷ ʲ ˠ ˤ -̃ ⁿ ˡ ̚ -̴ -̝ ˔ -̞ ˕ -̩ -̯ -͡- 超分節要素: ˈ ˌ ː ˑ -̆ ‖ ‿ ↗ ↘ ··· 声調と語アクセント: -̋ -́ -̄ -̀ -̏ ↓ ↑ ˥ ˦ ˧ ˨ ˩ -̌ -̂ -̑ ā ă ä â ē ĕ ī ĭ î ō ŏ ô ŭ o͞o (“food”) o͝o (“foot”) û ə ʹ ' ···

Á á Ć ć É é Í í Ó ó Ś ś Ú ú Ý ý Ǿ ǿ ··· À à È è Ì ì Ò ò Ù ù ···  â Ĉ ĉ Ê ê Ĝ ĝ Ĥ ĥ Î î Ĵ ĵ Ô ô Ŝ ŝ Û û ··· Ä ä Ë ë Ï ï Ö ö Ü ü Ÿ ÿ ··· à ã Ñ ñ Õ õ ··· Å å Ů ů ··· Ç ç ··· Ą ą Ę ę Į į Ǫ ǫ Ų ų ··· Č č Š š Ž ž ··· Ŭ ŭ ··· Ł ł ··· Ő ő Ű ű ··· Ø ø ··· Ā ā Ē ē Ī ī Ō ō Ū ū ··· ß ··· Æ æ Œ œ ··· Ð ð Þ þ |

Α Ά Β Γ Δ Ε Έ Ζ Η Ή Θ Ι Ί Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Ό Π Ρ Σ Τ Υ Ύ Φ Χ Ψ Ω Ώ ··· α ά β γ δ ε έ ζ η ή θ ι ί ϊ ΐ κ λ μ ν ξ ο ό π ρ σ ς τ υ ύ ϋ ΰ φ χ ψ ω ώ

А Б В Г Д Ђ Е Ё Ж З Ѕ И Й Ј К Л Љ М Н Њ О П Р С Т Ћ У Ф Х Ц Ч Џ Ш Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я — а́ э́ ы́ о́ у́ я́ е́ и́ ю́ ... а б в г д ђ е ё ж з ѕ и й ј к л љ м н њ о п р с т ћ у ф х ц ч џ ш щ ъ ы ь э ю я