初等科國史/下/第十一 うつりゆく世

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

第十一 うつりゆく世[編集]

一 海防[編集]

幕府が國を鎖して、およそ百五十年の間に、海外の形勢が、すつかり變りました。まづ、オランダが盛んになり、一時は、世界中の貿易を獨占するのではないかと思はれるほどでしたが、あまりに利益をむさぼつて、各地の人々からきらはれ、かつ海軍が振るはないため、しだいに衰へてしまひました。これに代つて榮えたのが、イギリスであります。

イギリスは、東山天皇の御代、富士に寶永山ができた年に、本國が一だんと大きくなり、勢に乘じて、インドの侵略を進めました。また、北アメリカから、オランダやフランスの勢力を追ひ拂つて、その產物や貿易の利益を占め、やがて、世界でいちばんゆたかな國になりました。ところで、イギリスは、北アメリカへ渡つた移民に對し、いろいろむごい仕打ちをしましたので、それら移民は、つひに反旗をひるがへし、本國から獨立して、新たにアメリカ合衆國といふ國を建てました。光格天皇の天明年間、今から百六十年ばかり前のことであります。

一方ロシヤは、わが天正のころから、シベリヤの侵略を始めてゐました。どしどしと東へ手をのばし、やがて滿州の北境にせまりました。そこから更に南へくだつて、どこかに不凍港を得ようとするのです。そのころ、滿州や支那を治めてゐた淸は、兵を出してたびたびこれを退け、條約を結んで外興安嶺を國境と定めました。ロシヤは、仕方なく進路を東へ轉じて、カムチャッカ半島を占領しました。これもちやうど、わが國では、寶永山のできた年に當ります。ここを根城にして、なほ東の方、アリューシャン列島からアラスカを侵略し、更に南下して、千島列島をうかがひ、イルクーツクに日本語學校を設置するなど、わが國を侵略する準備を整へました。寛政四年、ロシヤの施設が根室へ來たのは、かうした野心の現れであります。

幕府は北方が危いと知つて、急いで海防の手配りをし、近藤重藏に蝦夷地を巡視させ、高田屋嘉兵衞に擇捉島で漁場を開かせ、また伊能忠敬に蝦夷地の測量を命じました。更に、箱館奉行を置き、南部・津輕の二藩にも、北方の警備を命じました。やがて文化元年、またもやロシヤの使節が長崎へ來て通商を求めましたが、千島・樺太に對するロシヤの壓迫は、このころ一だんと加りました。幕府は、沿海の諸藩に命じて、ますます海防をきびしくさせ、亂暴をはたらいた外國船の打ち拂ひを許すことにしました。また、箱館奉行を松前奉行と改め、仙臺・會津二藩の兵を警備に加へて、北方の守りを固めました。間宮林藏が、幕府の命を受けて、樺太や沿海州を探檢したのも、この時のことであります。 折も折、イギリスの軍艦が、長崎港をおそつて亂暴をはたらき、時
韮山の反射爐

韮山の反射爐

の長崎奉行松平康英が、責任を感じて切腹するさわぎが起りました。その後英艦は、しきりにわが近海に出沒し、仁孝天皇の文政元年に、シンガポールを占領してから、その亂暴は、いよいよ激しくなりました。國民は、大いにこれを憤り、攘夷の氣勢が、年とともに高まつて行きました。幕府も、つひに決心して、文政八年「わが近海に近よる船は、見つけしだい、これを打ち拂へ。」との命令をくだし、高島四郞太夫・江川太郞左衞門らを用ひて、新しい兵器や戰術を硏究させ、軍備の充實をはかりました。

諸大名の中でも、水戶の德川齊昭を始め、薩摩の島津齊彬、佐賀の鍋島直正、福井・宇和島・津の諸藩主など、盛んに攘夷をとなへ、かつ海防のことにつとめました。わけても齊昭は、光圀の志をついで、尊王の心に厚く、弘道館といふ學校を建てて、大いに文武の道をはげまし、盛んに大砲を造つて、攘夷の準備を整へました。

ところが、このころ、幕府も大名も、いつぱんに費用がとぼしく、十分な軍備を整へることができません。また、長い間の太平になれて、人々の心は、なかなか引きしまらず、一時あがつた攘夷の氣勢も、とかくにぶりがちです。その上、天保年間には、全國に飢饉があり、大鹽平八郞が亂を起し、老中水野忠邦の政治改革も評判がよくないといふ有樣です。しぜん、渡邊崋山や高野長英のやうに、開港をとなへるものも現れました。これらの人々は、洋學をまなんで、ひととほり海外の形勢を知つてゐましたので、しばらく攘夷をひかへて通商を許し、まづ國力を養ふことが大切であると考へたのです。幕府は、人々の心をまどはすものとして、これを罰しました。

やがて天保十一年、ちやうど紀元二千五百年に、淸と英國との間に阿片戰爭が起り、淸のやぶれたことが、わが國へ傳はりました。幕府は驚いて、天保十三年、前に出した外國船打ち拂ひの命令をゆるめました。英國は、淸と條約を結んで香港を取り、東亞を侵略する根城を、更に加へたのであります。この形勢を見て、佐久間象山や高島四郞太夫は、國防充實の必要をとなへ、佐藤信淵も、國力を養ひ、進んで南方に根城を構へ、淸と結んで西洋諸國の侵略を防がなければならないと說きました。それに、弘化元年には、オランダが使節を來朝させ、淸のやぶれたやうすをくはしく述べて、しきりに開國をすすめますし、米國も東亞へ手をのばし、淸と通商條約を結ぶ有樣です。幕府は、文化・文政から天保にかけての四十年の間に、すつかり衰へました。オランダの申し出をこばんで、海防につとめながらも、鎖國か開國かに迷ひ始めました。
孝明天皇

孝明天皇

しかもこの間に、御稜威のもと、攘夷の實行を說く尊王攘夷論が、水戶藩を中心に、猛然と起りました。幕府のあいまいな態度を責める聲が、日ごとに高まつて行きます。かうした中に、弘化三年、孝明天皇が、御年十六歲で、御位をおつぎになつたのであります。

二 尊皇攘夷[編集]

 孝明天皇御製
  あさゆふに民やすかれと思ふ身の
      こゝろにかかる異國のふね

かしこくも孝明天皇は、國初以來かつてない困難な時勢に際し、たじろぐ幕府をはげまし、ふみ迷ふ民草をみちびいて、ひたすら難局の打開に、おつとめになりました。特に、外交の事については、日
黑船の來航

黑船の來航

夜御心を用ひさせられ、わが國威を傷つけないやうにと、つねに幕府をおさとしになりました。

天皇が御位をおつぎになつたころ、わが港灣をうかがふ外夷には、新たにアメリカ合衆國が加りました。アメリカは、獨立後西方へ領土をひろめ、嘉永元年には、つひに太平洋岸に達しました。しかも、太平洋における活動の基地をわが國に求め、嘉永六年、ペリーを使節として、通商をせまつて來ました。

ペリーは、戰艦四隻を率ゐ、途中小笠原諸島や琉球列島の占領をもくろみながらも、ひとまづ浦賀に錨を投じ、盛んに空砲を放つて人々をおびやかし、幕府に國書をさし出しました。その夜、浦賀の山々、海岸一たいに、かがり火がもえさかり、夜通し警鐘が鳴り響いて、ものものしい光景を呈しました。幕府は、事重大と見て、返答を翌年に延し、やつとペリーをかへしたのち、ただちにこの事を朝廷に奏上しました。

一方幕府は、諸大名の意見をききましたが、攘夷論が盛んであるのにかんがみ、攘夷の方針を立て、ひたすら海防につとめ、鎖國以來堅く禁じてゐた大船の建造も、この際に許すことにしました。ペリーが來た翌月、ロシヤの使節もまた長崎へ來て、通商を求めましたが、これも後日を約して、引き取らせました。

早くも年が改つて、安政元年となり、ペリーは、ふたたび神奈川沖へ來て、返答を求めました。ところが幕府は、海防に自信がないので、攘夷の決心もくじけ、とりあへず和親條約を結び、下田・凾舘の二港を開いて、燃料や食料などの供給を約束しました。ついで、イギリス・ロシヤ・オランダとも、ほぼ同樣の條約を結び、ロシヤとの國境問題は、千島を分有、樺太を共有と定めました。

安政三年、和親條約に基づき、米人ハリスが、總領亊として着任し、やがて、將軍家定に謁して、丗界の形勢を說き、たくみに通商をすすめました。幕府もつひにこれを認め、通商條約の草案を作つて、安政五年、勅許を仰ぎました。ところで、諸藩の閒には、かねて攘夷の氣勢が强く、幕府が和親條約を結んだことさへ、非難の的になつてゐる際です。天皇は、國民の意見がまちまちであるのを、たいそう御心配になり、なほよく諸大名との評定をつくすやうにと、おさとしになりました。幕府は、進退きはまり、彥根藩主井伊直弼を大老に擧げて、この難局に當らせました。

このころ、英・佛の聯合軍が、淸を破つて、天津の砲臺をおとしいれ、勝ちに乘じて、わが國をおそふとのうはさが傳はりました。ハリスは、この形勢を說いて、條約の調印をせまります。直弼は、事を長引かせてはかへつて不利と思ひ、つひに勅許を待たずに「安政の假條約」に調印し、ついで、オランダ・ロシヤ・イギリス・フランスとも、ほぼ同樣の條約を結びました。しかも、この條約は、函館・神奈川・長崎・新潟・兵庫の五港を開いて貿易を許したことのほかに、わが國にとつて、ずゐぶん不利な點の少くないものでありました。

松下村塾の人々

松下村塾の人々

德川齊昭らの大名や、吉田松陰らの志士は、幕府が國威を傷つけたことをなげきもし、また憤りもしました。その上、將軍家の世嗣問題もからまつて、直弼を非難する聲は、いよいよ激しくなりました。そこで直弼は、幕府に反對する公家・大名や、松蔭を始め橋本左内・梅田雲濱らの志士數十人をきびしく罰して、このさわぎをしづめようとしました。

尊皇の心にもえる志士たちは、幕府の命によつて、次々にいたましい最期をとげました。

  身はたとひ武藏の野邊にくちぬとも
      とどめおかまし大和だましひ

松蔭は、かう歌つて、國家の前途をうれへながら、まだ三十歲といふ若さで、惜しくもたふれました。しかし、松下村塾で育つた人たちは、よく松蔭の志を受けつぎ、また水戸の弘道館からも、續々尊皇の志士が現れました。

かうして直弼は、攻擊の矢面に立ち、萬延元年三月三日、つひに水戸の浪士におそはれて、櫻田門外でたふれました。昨日は心ならずも志士を斬り、今日は思ひがけなく志士に刺される。わが國にとつてのよくよくの難局でありました。ともあれ、直弼の死によつて、幕府はその威嚴を失ひ、尊皇攘夷をとなへる人々は、やがて幕府を倒さうと考へるやうになりました。

幕府は、朝廷におすがりして、世の信用をとりもどさうとつとめましたが、これがかへつて志士たちを憤らせました。その上、諸外國の居留民は、わうへいにいばります。あれやこれやで、攘夷の氣勢は、わき立つばかりです。

萬延元年、水戸の齊昭がなくなると、尊皇攘夷の中心は、東から西へ移つて、薩摩・長門・土佐諸藩の志士が續々上洛し、京都は、急に活氣づいて來ました。文久二年には、薩摩の島津久光が、大兵を率ゐて入京します。やがて、長門・土佐を始め西國の諸藩主が、次々に上洛する有樣でした。

おそれ多くも孝明天皇は、何とかして幕府に政治を改めさせ、國民の心を一つにしたいものとお考へになり、西國の諸藩も、幕府が
實美が勅を家茂に傳へる

實美が勅を家茂に傳へる

人材を用ひて、失政をつぐなふやうにと望みました。そこで天皇は、まづ勅使大原重德を江戸へおくだしになつて、政治の立て直しをお命じになり、更に勅使三條實美を以て、攘夷の決行を仰せつけになりました。將軍家茂は、つつしんで仰せに從ひ、德川齊昭の子一橋慶喜らを幕府に入れて政治を改め、松平容保に京都の守護を命じ、文久三年、みづから上洛して、攘夷の日どりなどを奏上しました。

ところが、このころ長州藩と薩摩・會Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/104Page:Textbook of Japanese History for Elementary School on 1943 vol 2.pdf/105