公正取引委員会の犯則事件の調査に関する規則

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号)第七十六条第一項の規定に基づき、公正取引委員会の犯則事件の調査に関する規則を次のように定める。

平成十七年十月十九日 公正取引委員会委員長  竹島  一彦

公正取引委員会の犯則事件の調査に関する規則

(この規則の趣旨)

第一条  私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「法」という。)第百一条第一項に規定する公正取引委員会(以下「委員会」という。)の指定を受けた職員(以下「犯則事件調査職員」という。)が行う犯則事件(法第八十九条から第九十一条までの罪に係る事件をいう。以下同じ。)の調査の手続については、法に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(犯則事件調査職員の指定)

第二条  法第百一条第一項に規定する委員会の指定は、事務総局審査局犯則審査部の職員に限り、行うものとする。

(身分証)

第三条  法第百六条の身分を示す証票の様式は、別記様式のとおりとする。

(犯則事件の調査開始)

第四条  事務総局審査局長は、犯則事件の端緒となる事実に接したときは、委員会に報告しなければならない。

2  前項の報告には、次の事項をできる限り明らかにしなければならない。

  端緒

  事実の概要

  関係法条

  委員会は、第一項の場合において、必要があると認めた事件については、犯則事件調査職員をして当該事件の調査に当たらせるものとする。

  法第四十七条第二項の規定に基づいて同条第一項に規定する処分をした事件において接した事実が犯則事件の端緒となると思料される場合には、審査官は、直ちに事務総局審査局長に報告し、その指示を受けるものとし、当該事実を直接犯則事件調査職員に報告してはならない。

(調査終了後の報告事項)

第五条  法第百十五条の規定による報告をする場合においては、次の事項を明らかにしなければならない。

  端緒

  調査の経過

  事実の概要

  関係法条

  犯則事件調査職員の意見

この規則は、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律(平成十七年法律第三十五号)の施行の日(平成十八年一月四日)から施行する。

様式

(第1葉)

Heisei0017 koseitorihikiiinkaikisoku0006 yoshiki dai1yo.png

(第2葉)

Heisei0017 koseitorihikiiinkaikisoku0006 yoshiki dai2yo.png

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。