作者:藤原定家

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
作者索引: ふ 藤原定家
(応保2(1162) - 仁治2(1241))
藤原 定家(ふじわら の さだいえ)は、鎌倉時代初期の公家・歌人。藤原北家御子左流で藤原俊成の二男。最終官位は正二位権中納言。歌人の寂蓮は従兄、太政大臣の西園寺公経は義弟にあたる。2つの勅撰集、『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』を撰進。ほかにも秀歌撰に『定家八代抄』がある。歌論書に『毎月抄』『近代秀歌』『詠歌大概』があり、本歌取りなどの技法や心と詞との関わりを論じている。家集に『拾遺愚草』がある。拾遺愚草は六家集のひとつに数えられる。宇都宮頼綱に依頼され『小倉百人一首』を撰じた。『源氏物語』『土佐日記』などの古典の書写・注釈にも携わった。また、『松浦宮物語』の作者は定家とする説が有力である。18歳から74歳までの56年にわたる克明な日記『明月記』を残した。— ウィキペディア日本語版藤原定家」より。
藤原定家

この著作者の著作物は1923年1月1日より前に発表され、かつ著作者の没年より100年以上経過しているので、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。