作者:梶川頼照

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: か 梶川頼照
(正保4(1647) - 享保8(1723))
梶川 頼照(かじかわ よりてる)は、江戸時代前期の旗本。赤穂事件の際に現場に居合わせ、事件の仔細を日記に残した。— ウィキペディア日本語版梶川頼照」より。

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。