作者:月性

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: け 月性
(文化14(1817) - 安政5(1858))
月性(げっしょう)は、江戸時代末期(幕末期)の尊皇攘夷派の僧。周防国大島郡遠崎村(現在の山口県柳井市遠崎)、妙円寺(本願寺派)の住職。「・・・人間到る処青山有り・・・」という言葉で有名な漢詩『将東遊題壁』の作者としても名高い。 — ウィキペディア日本語版月性」より。
月性

この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。