作者:幸田露伴

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: こ 幸田露伴
(1867–1947)
小説家。 『五重塔』『運命』などの文語体作品で文壇での地位を確立し、尾崎紅葉とともに紅露時代と呼ばれる時代を築いた。 — ウィキペディア日本語版幸田露伴」より。
幸田露伴


著作

五重塔』、『血紅星』 - 尾花集』 青木嵩山堂、東京、1892年

二次文献


この作者の作品は、1926年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。