作者:大橋訥庵

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: お 大橋訥庵
(文化13(1816) - 文久2(1862))
大橋 訥庵(おおはし とつあん)は、江戸時代後期の儒学者、尊王論者。諱は正順、通称は順蔵、字は周道、訥庵は号。坂下門外の変を計画した人物であり、幕末の尊王攘夷運動に大きな影響を及ぼした。 — ウィキペディア日本語版大橋訥庵」より。
大橋訥庵

この作者の作品は、1927年1月1日より前に公表され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。後に出版された翻訳や版にも著作権が発生する場合があります。死後の作品は、特定の国や地域で出版された期間に応じて著作権が発生する場合があります。